« 肌が粟立つ衝撃の桜花賞、と競馬BEAT | トップページ | 落ち込むなかれおいでませと「行きたい人応援団」 »

2018年4月15日 (日)

こーゆーこともある皐月賞、と競馬BEAT

 

002

「さぁオッサン、今日の皐月賞は大混戦やね」

「大本命のダノンプレミアムが回避しましたし」

「プレミーのおらんとこで負けてる場合やないと」

「そうなんでっけど・・・」

「どしたん?なんか気になることでも?」

「いや、さっきから田んぼのチェックをしとるオッサンが・・・」

 

009


「ホンマやわ、土に生きる人の気迫がこもってるね」

「吉原田吾作アナに似てまんな」

「最近は背広で農作業しはるんやねぇ」

「あの・・・」

 

005


「横山ルリカちゃん、どしたん?」

「田吾作さんは馬場のチェックをしてるんだと思います」

「なに田吾作が?」

「田んぼの方が似合うねぇ」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATは皐月賞。

気になるやや重の馬場状態が何をもたらすのか

なんてことは事前には考えなかったけど、

結果を見るとあれまぁ

 

先行馬三頭がえらいペースで飛ばす中、

さてどこで仕掛けるか、

有力馬のジョッキーも迷ったらしい。

 

結果的に三頭の後ろ、

馬群本隊の先頭をキープしたエポカドーロが

してやったりの勝利。

ワグネリアン、ステルヴィオは位置が後ろ過ぎたことと

差し馬に不利な馬場状態もあって届かなかった。

 

013


「虚無僧・高橋さんが予想的中、あら?」

「ステルヴィオとの二頭軸だったので・・・」

「ポーカーフェイスかと思ったら」

「そんな余裕はないやろ」

 

010


「ルリカちゃんは?」

「よく分からないです。帰って10回くらい見なきゃ」

「ダービーでは馬場状態が気になりそうでんな」

「また来週ーっ!」

 

|

« 肌が粟立つ衝撃の桜花賞、と競馬BEAT | トップページ | 落ち込むなかれおいでませと「行きたい人応援団」 »

競馬」カテゴリの記事