« 決して古くはない日本での旧正月、と金曜報道スペシャル | トップページ | 乗ったことあるけど遭遇しなかった安心眞鍋さん »

2018年2月27日 (火)

愛と正義は飛びまくり

 

「出たなミコリンナース」

「さっきからいますけど、何か?」

「ふっふっふ・・・思い出したぞ」

「何を?」

「認知の徘徊老人を保護したことあったやろ」

「あぁ、服装がちょっと変だなと思ったんで」

「ロックオンしたと」

「なんですかそれ」

「アレ?と思いつつ素通りする人がほとんどやろうに」

「実習で認知症の患者さんを看た経験がありますし」

「立ち止まることができないミコリンナース」

 

「お家どこか分かりますかって訊いたら」

「『わ、分からん』ってか」

「じゃあ一緒に交番行きましょうねって」

「でも2時間くらいかかったんやろ?」

「途中、自販機で何か買おうとされたりしたんで」

「金持っとったんかい」

「それが・・・ポケットから出したのがお薬で」

「その様子では初めてやないな」

「交番のお巡りさんもご存知でした」

「『やっ、爺さんまたか』って感じやな」

「捜索願も出てたようです」

 

「変身はせなんだか?」

「夜中に騒いだらウルサイやないですか」

「『はぁっ!』とは言わずに静かに飛ぶとか」

「なんで飛ばなあきませんのん」

「そうかぁ・・・やっぱりテーマミュージックが要るな」

「・・・いやな予感が・・・」

「ちょいと出ましたミコリンがぁ~あぁ~」

「だから、何で河内音頭になるんですかっ!」

「どや、変身したくなったやろ?」

「『出たよっ!』って…なりませんっ!」

「愛と正義のミコリンナース、夜中でも出る時は出る」

「お化けですか私は」

 

「昼間に出たこともあったやないか」

「なんの話ですか」

「交通事故の現場に飛び込んで救護したやろ」

「看護師ですから」

「救急救命士でもないのに」

「まだ到着してませんでしたし」

「『そんな勇気ない』って他のナースは言うとったで」

「????????????」

「飛んどるな」

 

「実は、飛んでもいないのに落ちちゃいましたよ」

「何に?」

「仮免に」

「珍しいやっちゃ」

「鉛筆と消しゴム持っていったらパソコンだったんですよ」

「パソコンくらい使えるやろ」

「パスワードとか知らないし」

「当日に気付くって・・・」

「生年月日だっていうから入れたら何度やってもエラーで」

「他の受験者は?」

「チャカチャカやってるんですよ」

「知らんかったんはミコリンだけかい」

「で、時間切れですわ」

 

「なぁ巫女凛」

「なんですか改まって」

「立ち止まれん性分は仕方ないとしてもや」

「はぁ」

「歩きながらでいいからちゃんと前を見とけよ」

「前方確認ですね?」

 

「私も仇名付けたことありますよ」

「話だけは飛ぶな」

「『仇名付けて』って言うから」

「・・・嫌な予感が・・・」

「なまはげって」

「な、なまはげぇっ!?」

「なまはげって可愛くないですか?」

「どこがやねん。ただのハゲやないぞ、生のハゲやど」

「悪い子はいねーかぁー」

「それのどこが可愛いんじゃ」

「『じゃあ私も付けて』って子がいたから・・・」

「今度はなんや」

「じゃあ『つくね!』」

「焼き鳥やないかい!」

「『それいいや』って言われちゃいましたよ」

「発想が飛び過ぎや」

 

「ところで岐阜の阜っていう字」

「飛びまくりやな」

「他に使うことあります?」

「あれは信長がやな・・・」

「ふ、フ、府・・・不二子ちゃ~ん!」

「飛び過ぎやっ!!」

 

|

« 決して古くはない日本での旧正月、と金曜報道スペシャル | トップページ | 乗ったことあるけど遭遇しなかった安心眞鍋さん »

巫女さん」カテゴリの記事