« 当たっているけど当てない不思議と競馬BEAT | トップページ | 偽物と本物と本物以上の本物もおまっせと金曜報道スペシャル »

2018年1月29日 (月)

頑張り過ぎるな巫女ナース

 

「こないだインコの餌を買いに行こうと思って」

「商店街にでも行ったか」

「万博公園に行ったんですよ」

「なんでそこまで行くねん」

「せっかく行ったのに休館日だったんですっ!」

「運の悪いこっちゃな」

「なんで終点まで行っちゃいましたよ」

「なんでやねん!」

「いやぁ~賑やかで色々ありましたよ」

「立ち止まることのできん巫女さんや」

 

「昨日もちょっと時間できたんで」

「今度はどこや」

「関西国際空港」

「ちょっと時間ができて行く近所とちゃうやろ」

「でも、やりたいことができちゃいましたよ」

「また何を言い出すやら…」

「飛行機の誘導員ってカッコ良くないですか?」

「巫女さんがかいっ!?」

「ええやないですか、巫女の誘導員って」

「まぁ国際空港やから海外の人には受けるかも知らんけど」

「でしょ?」

「目ぇ廻してコケたら轢かれるぞ」

「ギャーッ!」

「まだ轢かれてへんがな」

 

「でも英語ができないとダメなんですよね~」

「それだけちゃうやろ」

「そう、あれって整備士さんなんですよ」

「看護学校で工学の授業なんてなかったんちゃうか?」

「3年くらい頑張って・・・」

「3年でなれると思うな航空整備士」

「なんですかその標語みたいなの」

「看護師になるのに何年かかった?」

「5年」

「ねじ1本で大事故につながる仕事やぞ」

「言われてみれば・・・」

 

「命にかかわるという点では看護師と一緒やけど」

「繫がりあるやないですか」

「だからこそ立ち止まることも必要やろう」

「いいこと言うてるような騙されてるような」

「まぁ出来んこともあるがな」

「あっ!そういえばこないだ・・・」

「帰るわワシ」

「エーッ!」

 

|

« 当たっているけど当てない不思議と競馬BEAT | トップページ | 偽物と本物と本物以上の本物もおまっせと金曜報道スペシャル »

巫女さん」カテゴリの記事