« 偽物と本物と本物以上の本物もおまっせと金曜報道スペシャル | トップページ | オモロイもんおまっせと海外からの旅行客向け大阪土産あれこれと金曜報道スペシャル »

2018年1月30日 (火)

中身が問題と眞鍋さんのサンカクなきもち

 

お、眞鍋かをりさんのかをりんドーター、

しっかりお喋りするのにまだ卒乳してないのか。

年下のミカリンルドルフの方が早かった訳だけど、

だからどうしたゆっくりでいいさ。

てことで眞鍋さんの「サンカクなきもち」最新版

http://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111157/012300006/

 

眞鍋さんの気持ちも大分落ち着いてきたようで

お仕事と子育ての両立に

眞鍋さんなりの折り合いがついたらしい。

そうそう、ペースなんてゆっくりでいいさ。

どっちか放り出してがむしゃらにって、

どっかで心に風穴空きそう。

 

でも、放り出すことはできないけど

がむしゃらに働かなくてはいけない人もいる。

母子家庭の8割が貧困ってデータもあるしね。

「女性が輝く社会」って、そんなん気にせんでよろしい。

どうせ広告代理店に考えてもらったその場限りのスローガン。

山ほどスローガンを考えてもらって、

その都度カッコよくアピールしてたけど、

で、どうなったのと振り返ればな~んにもないんだから。

 

多様性を認め合って結果的に輝ける社会ってのは理想だし、

西欧先進国は明白にそれに近づいている。

日本が逆に遠ざかっているのは、多様性を認め合うには

多様な選択肢が可能な豊かさが必要だから。

 

データとかやり出したらきりがないので

取り敢えずこれでも出しとくか。

 

Bfzkhshcmaaekve_2


  

|

« 偽物と本物と本物以上の本物もおまっせと金曜報道スペシャル | トップページ | オモロイもんおまっせと海外からの旅行客向け大阪土産あれこれと金曜報道スペシャル »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事