« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

中身が問題と眞鍋さんのサンカクなきもち

 

お、眞鍋かをりさんのかをりんドーター、

しっかりお喋りするのにまだ卒乳してないのか。

年下のミカリンルドルフの方が早かった訳だけど、

だからどうしたゆっくりでいいさ。

てことで眞鍋さんの「サンカクなきもち」最新版

http://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111157/012300006/

 

眞鍋さんの気持ちも大分落ち着いてきたようで

お仕事と子育ての両立に

眞鍋さんなりの折り合いがついたらしい。

そうそう、ペースなんてゆっくりでいいさ。

どっちか放り出してがむしゃらにって、

どっかで心に風穴空きそう。

 

でも、放り出すことはできないけど

がむしゃらに働かなくてはいけない人もいる。

母子家庭の8割が貧困ってデータもあるしね。

「女性が輝く社会」って、そんなん気にせんでよろしい。

どうせ広告代理店に考えてもらったその場限りのスローガン。

山ほどスローガンを考えてもらって、

その都度カッコよくアピールしてたけど、

で、どうなったのと振り返ればな~んにもないんだから。

 

多様性を認め合って結果的に輝ける社会ってのは理想だし、

西欧先進国は明白にそれに近づいている。

日本が逆に遠ざかっているのは、多様性を認め合うには

多様な選択肢が可能な豊かさが必要だから。

 

データとかやり出したらきりがないので

取り敢えずこれでも出しとくか。

 

Bfzkhshcmaaekve_2


  

|

2018年1月29日 (月)

偽物と本物と本物以上の本物もおまっせと金曜報道スペシャル

 

003


「二人並ぶと夜のお店みたいですけど~」

と眞鍋かをりさん。

見えへん見えへん。

 

004_2


「どっちが本物でしょう」って、

そら眞鍋さんが着てる方でしょ。

ってことで大正解の金曜報道SP。

 

でも毛皮には詳しいと豪語する

ゲストのくらたまさんは不正解。

詳しいったって自分では持ってないらしいから

まぁしゃ~ない。

 

全国8カ所の税関の中でも大阪税関は

偽物の4割がこぞって集結する大人気なのだとか。

なので街中にも偽物が、と取材していると

「お前警察だろ」と執拗に尾行してくる…

お前の方がよっぽど怪しいだろってオッサンも現れた。

 

009


くらたまさんも眞鍋さんも通販で

偽物っぽいのをつかまされたそうな。

「届いたの見たらちょっとこの縫製怪しいなぁ」

なんて眞鍋さんだけど、こと毛皮に関しては

動物の毛皮は使わないのが一流ブランドにも広がっている。

 

世界のブランドから注文殺到なのが何と和歌山の町工場。

技術とアイデアで動物のそれと遜色ない商品を創り出している。

 

008


「もう全然エコファーでいいですね」と眞鍋さん。

「それが関西の町工場からというのが嬉しいですね」

元々「高いブランド品持ってるんだぞ」と

どや顔するタイプじゃない眞鍋さんだから

当然の選択だね。

 

|

頑張り過ぎるな巫女ナース

 

「こないだインコの餌を買いに行こうと思って」

「商店街にでも行ったか」

「万博公園に行ったんですよ」

「なんでそこまで行くねん」

「せっかく行ったのに休館日だったんですっ!」

「運の悪いこっちゃな」

「なんで終点まで行っちゃいましたよ」

「なんでやねん!」

「いやぁ~賑やかで色々ありましたよ」

「立ち止まることのできん巫女さんや」

 

「昨日もちょっと時間できたんで」

「今度はどこや」

「関西国際空港」

「ちょっと時間ができて行く近所とちゃうやろ」

「でも、やりたいことができちゃいましたよ」

「また何を言い出すやら…」

「飛行機の誘導員ってカッコ良くないですか?」

「巫女さんがかいっ!?」

「ええやないですか、巫女の誘導員って」

「まぁ国際空港やから海外の人には受けるかも知らんけど」

「でしょ?」

「目ぇ廻してコケたら轢かれるぞ」

「ギャーッ!」

「まだ轢かれてへんがな」

 

「でも英語ができないとダメなんですよね~」

「それだけちゃうやろ」

「そう、あれって整備士さんなんですよ」

「看護学校で工学の授業なんてなかったんちゃうか?」

「3年くらい頑張って・・・」

「3年でなれると思うな航空整備士」

「なんですかその標語みたいなの」

「看護師になるのに何年かかった?」

「5年」

「ねじ1本で大事故につながる仕事やぞ」

「言われてみれば・・・」

 

「命にかかわるという点では看護師と一緒やけど」

「繫がりあるやないですか」

「だからこそ立ち止まることも必要やろう」

「いいこと言うてるような騙されてるような」

「まぁ出来んこともあるがな」

「あっ!そういえばこないだ・・・」

「帰るわワシ」

「エーッ!」

 

|

2018年1月28日 (日)

当たっているけど当てない不思議と競馬BEAT

 

001


「日本は寒いねぇ、雪がちらついてるわ」

「そういえば姐さん、バリ島に行ってきたそうで」

「バリバリに暖かったよ」

「まぁそうでっしゃろな」

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12347667503.html

 

002


「ゲスト席に知らんオッサンいるねぇ」

「姐さん、ショージ師匠でっせ」

「ドゥーンッ!」

「タテガミさんは今日もスタジオで」

「いい加減に覚えてくださいよ、竹上アナでっせ」

「竹上ですが、ショージさん、本命はお決まりですか?」

「はい、ダイアナヘイローです」

 

003


「師匠、まだ言うたらあきませんがな」

「幾つになっても美人さんには口軽いんやねぇ」

 

010


「で、シルクロードS,、モアイさんの本命は?」

「人気薄ですけどキングハートで」

「気になるのは虚無僧・高橋さんやねぇ」

「調教で良く見えた馬1位がファインニードルで...」

「本命は違うと」

「前もありましたな、このパターン」

「ということはファインニードルが勝つんやろねぇ」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

予感的中というか、シルクロードSでは

3番手のインにつけたファインニードルが

そつないレース運びで突き抜け、文句なしの圧勝であった。

 

015


「僕、当たってるのに何で当たらん二人が前なんですか」

「あ、後ろに誰かいてるわ、気付かんかった」

「映ってないやないですか」

「そら気付かんわねぇ」

 

008

 

「さぁ来週はきさらぎ賞」

「ダノンマジェスティーが来まっせ」

「ダノンプレミアムもいるしダノン旋風」

「吹くんでっしゃろか」

「また来週ーっ!」

 

|

2018年1月27日 (土)

修行よりネックウォーマーの眞鍋さん

 

さて最強寒波がやってきたという事で大阪も昨日は雪。

東京では水道管凍結や

湯沸かし器からお湯が出ないなどがあったそうな。

 

004


「お皿洗う時にお湯が出なかったら修行ですよね」

と「ビビット」の眞鍋かをりさん。

滝修行か

「油汚れとか水では落ちませんし」

 

当方もダウンジャケットで外出したが、

中はセーターよりTシャツみたいな薄いものの方が暖かい

ってホンマかい。

あまり試してみたくないのだが、

羽毛は体温で膨らむからだとか・・・ってことは

 

006


「一番は裸の上に着るってことですか」

と眞鍋さん。

ホントにやってたら「変態ですけどね」

まぁ吸湿性を考えたらTシャツってことのようだ。

 

008


ちなみに眞鍋さんの防寒対策はネックウォーマー

ってなんだ?

ただのマフラーではなくカイロが入れられるらしい。

これはいいことを聞いた早速、皆の衆に伝えよう。

 

|

2018年1月25日 (木)

眞鍋さんが「さくらひめ大使」イベントは27日

 

なに眞鍋かをりさんがさくらひめ大使!?

働く女性の代表という事だそうだが・・・

「さくらひめ」とは何ぞや?

 

Ll_img_146231_1_2


そうか眞鍋さんの出身地、愛媛県の企画だったか

http://www.sankeibiz.jp/business/news/180124/prl1801241003015-n1.htm

プロモーションイベントが1月27日

これに眞鍋さんも参加、トークセッションなどするらしい。

前日は金曜報道スペシャルで大阪だから、

大阪泊まりで愛媛に行くのかな?

 

取り敢えず詳細は上記サイトにアクセスを

 

Duxjcyuvmaafiid

 

|

2018年1月22日 (月)

伝統を守るのも大変な「行きたい人応援団」

 

025


眞鍋かをりさん出演中の「ニッポン行きたい人応援団」

今夜は合掌造りと、ふむ、そこに来ましたかがテーマらしい。

先週も和装が好き、まではあり勝ちだったのだが

雪山で着物ってどういうシチュエーション?

しかし、それだけじゃないぞ、足袋作りを見学したいのだ。

と、これまたそこですかな話だった。

 

014


てなことで米国からアマンダさん来日。

ストレッチ素材なんてない時代に考えられたものなので

足にフィットさせる工夫あれこれ。

採寸の細かさに驚くアマンダさん。

 

010


伝統の職人芸に感嘆していたのだが

自分で作っていて一番難しかった爪先部分の縫製

「これが見たかった」と身を乗り出したら

 

018


何とミシンは100年前の米国シンガー製。

それを日本で改良したものだった。

勿論、足袋の歴史はシンガーミシンよりずっと古いんだけど

匠はこのミシンが壊れたら廃業するそうな。

そら困った。

 

そういえば・・・

 

015


篠山のこはぜ製造企業、ここの機械も年代物だが

自社設計の一点ものなので替えがきかない。

これまた困った話だ。

気が付かないうちに消えてしまって

取り返しがつかない伝統って、意外にあるものだしね。

 

026


ゲストの名取裕子さん、

採寸はしてもらったことがあるけど、

これほどの労力と技巧が凝らされていたことにびっくり。

 

ドラマの撮影現場に履いていかはりますか

ってなんでやねんな質問に

 

023


「刑事ドラマだから」と突っ込む眞鍋さん。

平成の銭形平次ってのもオモロイかもよ。

 

|

2018年1月21日 (日)

ルーラーJr.は強かったとAJCCの競馬BEAT

 

001


「姐さん、ミカリンルドルフが元気になったそうで」

「もう昨日も一昨日も走り回ってたよ」

「新馬戦も近いですからね」

「そやし、私も髪切ったの」

「なるほど…ってなんの関係があるんですか」

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12346135702.html

 

004


「今日はスタジオが賑やかやねぇ」

「ゲストは初登場のほのかさんと・・・」

「タテガミさんも今日はスタジオなんや」

「あ、あの姐さん・・・」

「スタジオやといつものサービスショットはなしやねぇ」

「タテやなくて竹ですよ姐さん」

「楽しみにしてはる人もいてるやろにねぇ」

 

009


「ほのかさんの隣は何やろねぇ」

「新聞の音がうるさいでんな」

「後ろにもオッサンおるわ」

「こんにちは」

「挨拶されたわ、どないしよう」

「姐さん、二人でかまいたち言いまんねん」

「僕ら二回目ですよ?」

「レーススタートでーす」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATは

GⅡアメリカジョッキークラブC。

瞬発力のミッキースワローが人気だが、

ルーラー卿の御子息、ダンビュライトにデムーロはん騎乗

これってほぼ勝ったも同然ちゃう?

 

案の定、二番手につけながら後続を引き離すと、

まぁ80%は勝ち確定。

よーいドンではスワローに分があるが、

加速がついてしまえばルーラー卿譲りの豪脚だ。

これはイカンとスワローも距離を詰めにかかるが、

その時ダンビュライトは加速を開始している。

勝負あり。

 

005


「騒がしい一日でしたな」

「タテガミさんのサービスショットもなかったし」

「竹ですって姐さん」

「竹には見えへんわぁ」

「そうやなくて・・・」

「また来週ーっ!」

 

|

2018年1月20日 (土)

協力しよう未解決事件捜査と金曜報道スペシャル

 

001


さて女性だけでお届けする金曜報道スペシャル。

何故井上でなく井下なのか、謎を秘めた育美アナと

これはお馴染み「真」ではなく「眞」の眞鍋かをりさんだが

これではむさ苦しさが足りないと須田慎一郎氏も出演。

 

というのも畿内の未解決事件特集だから。

事件のニュースに眞鍋さんも衝撃を受けたという

精華大学生刺殺事件。

 

006_2


目撃証言による似顔絵(クリックで拡大可)。

同じく目撃証言によると

 

004_2

上体を左右に振り、つまりチンピラの振りをして

威圧しようとする奴だったらしい。

この手の外道は結構いるからなぁ・・・

 

目撃証言はあるのに犯人を追跡する手掛かりがない

こんな事件は多いらしい。

引掻くとかして爪に皮膚や血液などを残した方がいいのか。

 

009

こちらは熊取小4女児行方不明事件。

もう23歳になっているはず。

多分、こんな感じというこれは想像図(拡大可)。

 

003


「改めて取り上げることで

事件解決につながったらいいですね」

と眞鍋さんだ。

 

話変わって『週刊眞鍋』は小室哲哉氏の引退。

安室奈美恵さんといい「私の青春は終わりました」

 

010


そりゃまぁママ鍋さんだからね

ってことでまた来週。

 

|

2018年1月18日 (木)

葉酸をようさん摂りなはれとガッテン眞鍋さん

 

002

 

さて、いきなり出てきた脳のスキャン画像。

あるものを摂取すると萎縮が予防できることが分かった、

それは何でっしゃろと「ガッテン!」

 

007


妊娠していた頃を思い返して推理する眞鍋かをりさん。

最初に出てきたのは・・・

 

009


当たらずとも遠からず、いいとこ行ってる眞鍋さん。

正体はホニャララ酸だと聞いて閃いた。

 

012


分かってしまいましたよ、

妊娠中、摂れと言われて摂取してたし

 

013


大正解眞鍋さん。

 

葉酸は細胞分裂を促進するので子供の成長を促す

・・・だけじゃない。

それだけなら爺さん婆さんの脳萎縮を予防できない。

葉酸は活性酸素の発生を抑制するのだ。

 

021


こんなのにようけ(たくさん)含まれているそうな。

おっと反応した眞鍋さん、そういえば

 

023


「イチゴと納豆にはまる人が多いんですよ」

と妊婦あるある。

胎児の為とばかり思っていたけど

「自分の為にいいとは聞いたことがなかった」

 

ちなみに一日に必要な量として推奨されているのは

 

030


こんなもん。

なんだ大した量ではないではないか、

なのだが、

これは貧血予防を基準に決められたもので

アルツハイマー予防とかだともっとようさん(たくさん)

倍ほど摂った方がいいらしい。

 

038

 
「お年寄りこそたくさん撮った方がいいんですね」

と眞鍋さん。

知識も実行力もある眞鍋さんなら問題なくクリアするでしょう。

 

問題はド貧血で目を回している巫女ナースだが、

「葉野菜?葉野菜!?葉野菜っ!!」

「なんで三回訊くねんっ!」

ってほど葉物野菜を食べない。

だが、番組情報によると

 

037


焼き海苔4枚で貧血予防できる計算だ。

さよかと食うかどうかは知らんけど。

 

|

2018年1月16日 (火)

ドンマイ眞鍋さんの「ぷっすま」

 

「ぷっすま」の眞鍋かをりさんは前回の続きクイズ大会。

早押し苦手の眞鍋さんだけど、

ここで何故か高橋克典さん乱入。

なんだかんだ言いつつ番宣だったのだけど、

高橋さん問題がなんでやねんなアレやこれで

統一感なしときた。

 

003

   

そのイチが世界遺産。

「世界遺産の人たちと仲良くなる」って

どーゆーこっちゃそれと眞鍋さん。

 

取り敢えず問題、これはどこだ?!

 

005


おっと眞鍋さん、引き締まった表情で見事、横取り正解。

だったんだけどね・・・

 

006


やっぱりの早押し負け。

 

世界遺産、豪華客船と来て次はクラシックの高橋問題。

ベートーヴェンの第五交響曲、

冒頭のジャジャジャジャーンは何の音だ。

 

008


「へぇ~っ!ノックの音だったんだ」と眞鍋さん。

「運命はこのように扉を叩くのだ」

ベートーヴェンがそう言ったとか。

 

009


てなことで「最初から出てるのに~」

高橋さんに抜かれてしまった眞鍋さん。

 

でも見せ場は作るぞ。

「全然分からない」豪華客船の問題だったけど

 

010

  

ちょっとふてくされ気味に言ったらありゃまの正解。

まだ船の姿も出てきてなかったからこれは早押し勝ち。

 

012


いや豪華客船といえば

飛鳥Ⅱしか知らなかったんだけどねと眞鍋さん。

こーゆーこともある・・・ってことはやられることもある。

 

014


再び横取り正解して追い上げたものの

正解を知らない草彅さんに

ゴルゴ問題を当てずっぽうで横取り正解されてしまったよ。

 

016

 

悔しい眞鍋さんに男だけど聖母マリアが

「押すのが遅い」「そうなんだよなぁ~」

ドンマイです眞鍋さん。

 

|

2018年1月15日 (月)

震災の記憶を忘れるなと金曜報道スペシャル

 

002


阪神淡路大震災の記念日まであとわずか

という事であの震災を考える金曜報道SP。

眞鍋かをりさんの語りでスタートした。

 

だが、慰霊碑に落書きしたりする奴がいるそうな。

事実は記憶され、記録されることで歴史となる。

それが都合悪いという悪人は記録を破棄する。

落書きしたり塗りつぶしたりする精神構造は

弱者叩きに嬉々として浮かれてる連中と共通する。

 

006


震災の日に被災地で生まれたという方、

よくぞ無事にお生まれになったものである。

「身近な人から話を聞くことが大切」という眞鍋さん、

我が子を顧みると

「あぁこの子は東日本の震災を知らないんだ」

「あの時お母さんはどこにいてどんな状況だったのか、

語り継いでいかないといけないな」

 

言葉を裏付ける遺構と正確な記録があればもっと良い。

戦争体験の聞き取りを10年続けた経験でいうと、

記憶には勘違いがつきものだ。

慣れてくると、何をどう、何故勘違いしたか

概ね分かるので裏取りも楽だが

そうでない生半可な知識の人は

事実と違う→嘘だ→デマだ

と話を飛躍させてしまうこともあり失礼千万である。

 

010


『週刊眞鍋』はやはりトンズラかました

着物レンタル会社のオッサン。

ゲストの大桃美代子さんも育美アナも振袖の柄を覚えている。

水着だった眞鍋さん、柄は覚えているかな?

 

|

2018年1月14日 (日)

今年は大吉予想か競馬BEAT

 

002


「さぁモアイのオッサン、今日は5レースお届けするよ」

「おぉぉ…」

「どしたん?顔が重いん?」

「大きい上に石・・・な訳おまへんがな」

「皆さんで3着以内予想バトルしてもらうし」

 

017


「シャンプーハットの変態さん、自信の方は?」

「あるといえば嘘になります」

「いつもと一緒やねぇ」

  
てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT

大波乱だった中京を除き、出演者の皆さん次々と的中させ

日経新春杯までに約一名を除き全員がポイント獲得。

 

005


「皆さん好調やねぇ」

「自信のない一人が例外でんな」

「有言実行やねぇ」

「・・・そうゆうことでっか?」

「なかなかできることやないわぁ」

「見習いたくは・・・」

「ないねぇ」

 

で、日経新春杯、この日絶好調のデムーロはん

スタートよく出るとするっと内に入れたパフォーマプロミス

3~4番手でじっと機をうかがう展開で

こりゃデムーロはん、また勝つんちゃう?

と思った通りの結果となった。

 

016


「ということで3ポイントのモアイさん優勝」

「やりましたっ皆さん」

「接戦に強い顔の大きさやねぇ」

「ハハハ・・・関係ないでしょ」

 

007


「変態さんは結局零点」

「おみくじは大キャッ・・・あら」

「噛んでどうすんねん」

 

010


「視聴者の皆さんは大吉でありますように」

「さすが姐さん」

「また来週ーっ!」

 

|

2018年1月13日 (土)

オッサンの真似もしてみるもんだと「ビビット」眞鍋さん

 

001


  

さて本年本格始動の眞鍋かをりさん。

金曜朝は「ビビット」だ。

 

「成人式の日はグラビア撮影で

晴れ着姿の写真は撮ってない、というより

「水着着てました」

 

だったら着物レンタル会社のオッサンも

逃げたり隠れたりせずに済んだのに

という話ではなく

 

002


  

タワーマンションに住んだり

電車通勤止めて外車買ったりとか

「見ての通り、俺成功者」って見栄張る連中はたくさんいるけど

「お客さんに皺寄せしたらダメですね」

何処におんねんオッサン!

 

さて寒い冬、血圧が急激に上がる危険は至る所にある。

起きる前に布団の中でもぞもぞはよくあるが、

寒い廊下に出る前にくねくね?

 

009


  

「オジサンみたいでやだなぁと思ってた」

と眞鍋さんが言う

湯船に浸かった時の「あ~」と

出る時の「どっこいしょ」もいいんだとか。

 

うぅむ・・・オッサンだけど当方は言ったことない。

自力で湯船に出入りできないってのもあるが

巫女ナースが細心の注意を払ってくれてるので

安全安心である。

 

しかしく、ねくね体操とか周りの人に

「ほな血圧上昇予防の為に体操しまっせ」

とか何とか言っておかないと

 

010


 

「あれ?どうしたの?って思われますね」

まぁその時は迷わず

「さぁ皆さんもご一緒に」と呼びかけましょう。

 

|

2018年1月11日 (木)

巫女ナース活躍する

 

「久しぶりにドーパミン湧きましたよ、オッサン」

「またカンチョーされたんか」

「違いますよ、交通事故に遭遇して・・・」

「ん?ケガしてへんやないか」

「じゃなくて目の前で事故があったんです」

「巻き添え食いそうになったか」

「すんでのとこで・・・いや50mほど離れてましたよ」

「それは『目の前』とは言わんなぁ」

「そうですねぇハハハ、やなくて人が飛ばされたんで」

「はぁっ!と跳躍して・・・」

「いや自転車で駆けつけて」

「変身っ!」

「なんですかそれ」

「愛と正義のミコリン戦士」

「空を指差しミコリ~ン!ってやってる場合ちゃうでしょ」

 

「けが人に近づこうとしたら『触ったらダメっ』って」

「野次馬のオッサンか」

「いやオバハンでした」

「オバハンは黙っとれと」

「言いません!でも看護師ですっ!って」

「国家試験に合格してまだ1年未満」

「でも皆さんすっと引くんですよ」

「ミコリンナース現る」

「そんなに引かんといてって心の中では・・・」

「ひるむなミコリン」

「けが人も『看護師です』って言ったら声が出るようになって」

「注射うったことありませんけど」

「言いません!」

 

「バイクと乗用車の事故で・・・」

「バイクのオッサンが飛ばされた」

「いえ若い女性でした」

「私も22歳」

「関係ないでしょ。『でも恥ずかしいから起き上がる』って」

「何ゆうとんじゃワレ、死にたいんか」

「・・・言い方は違いますけどそーゆーことです」

「で、救急車が到着したと」

「あとはお任せしました」

 

「『お名前をお聞かせください』って言われたか」

「ええ、でも名乗るほどの者ではございませんと」

「くるりと背を向けて立ち去るのであった」

「自転車ですけど」

「後ろ姿にひゅうっと風が吹き、枯葉が舞う」

「枯葉というかホコリですね」

「ハッハッハッ八・・・・」

「なんで笑わなあきませんのん」

「ギャグと笑いのミコリンポテチ」

「ミコリ~ン・・・いやポテチはやめときましょうよ」

「せやな、パッとせんし」

 

|

2018年1月 7日 (日)

そんなこんなで競馬BEATスタート

 

002

 

「さぁオッサン、2018年の競馬が始めるねぇ」

「昨年は馬券プレゼントで成功しましたし」

「そんなこともあったかねぇ」

「今年も頑張りたいと」

「獲らぬモアイの皮算用にならんかったらええねぇ」

「なんでんねんそれ」

 

「ゲストの橋本マナミさん、今年の抱負は?」

 

015

 

「キタサンブラックの後釜の男を見つけたいです」

「さすがはノースリーブやねぇ」

「姐さん、それ関係ないですよ」

「オッサンではあかんのやろねぇ」

「そんなこと言うてはりませんやん」

 

てなことで新年一発目の競馬BEAT。

年始のおみくじは大吉だった杉崎美香りん姐さんだけど

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12342263995.html

牝馬のアーモンドアイが注目されている

シンザン記念は残念ながら明日。

今日はフェアリーSだ。

 

006


「出走馬の名前がお洒落過ぎませんか?」

「みんな女の子やしねぇ」

「舌嚙みそうでんな」

「それよりスタートまで時間あるんやけどオモロイ話ない?」

「えっ・・・」

 

014


 

「ね、姐さんこそなんかおまへんの」

「そやねぇカワシマ像が何故巨大化したのか・・・」

「はぁっ!?」

「3mくらいやったんが5m、10m、最後は21mやてぇ」

「姐さん、それ・・・」

「謎やわぁ」

「モアイ像の話ちゃいまんのん」

「昨日BSでやってたんよ」

「他局やし、カワシマ像やなくて・・・」

「あら一緒やん」

「まぁそうでんな・・・エーッ!」

 

004


 

「藤田菜七子さん、馬には優しい顔しはるねぇ」

「根っからの馬好きというか・・・いや僕でんがな手前は」

「女性騎手年間最多勝記録を更新しただけのことあるねぇ」

「それだけに馬を見る目は確か・・・ちゃいまんがな!」

 

013


「これが菜七子はん、今年の抱負ですわ」

「人事部長を目指したはんのやね」

「そらまぁ組織は人・・・何言わせまんねん」

 

016

 

「そんなこんなでまた来週ーっ!」

「何者なんですか僕は」

「謎やねぇ」

 

|

2018年1月 6日 (土)

するっと眞鍋さんの今年これ来るかもスペシャルな金曜報道スペシャル

 

003

 

「明けましておめでとうございまーす」

でも収録は12月27日な金曜報道SP。

「育美アナ、何で井上じゃなくて井下なの?」

「知らんがな」

てな会話はなかったけど(ないんかい!)

2018これ来るかもSPだ。

 

MBS「ちちんぷいぷい」ロケに乱入したりしながら

色々街角調査の結果、世間の関心トップはAIらしい。

 

006

  

てことで眞鍋かをりさんが体験したのはAIハウス。

朝の用意をせよと命じると、

窓のカーテンはするすると開くわのあれやこれや。

いつも頼むことを言い忘れた時も

「オッサン、あれはええんか?」と警告してくれたら有難い。

 

ノリのいい会話もできまっせという事なので

「テンション上げていきましょう!」と眞鍋さん。

なのに・・・

 

010


「すんまへん、分かりませんなぁ」って、オイッ!

テンション下がる眞鍋さんなのだった。

 

気を取り直してゴルゴ13との写真と

ゴルゴケースに入ったフルーツミントで

思い出を蘇らせる香り選び。

百合の花束だって。

「見事に再現してます」

 

013


育美はんもロボットアナと勝負してみなはれ、

と眞鍋さんの勧めで対決。

早口言葉は互角だったのだが・・・

 

018


大阪の地名が読めないってどーよ。

ハナテン中古車センターのオッサン、怒りまっせ。

まぁロボットも「ホウシュツ」と読んだけど。

 

逆に「人でないと」が受けてる分野もあるぞ

ってことなのだが・・・

 

021


すっぴんカフェって・・・・そんなん個人の自由じゃ放っとけ

って言われるぞオッサン達。

 

他方、双方向からリアルタイムでやり取りできる

ネットショッピングが注目されている。

てなことでスタジオにお邪魔した眞鍋さん

 

023


 

その場でスマホを駆使し、番組に参加。

「こんにちは、テレビ大阪です」

いや自己紹介は要らんやろ、それにちょっと硬いな

てことで方向転換などしつつ、

「その服、素材は何?着心地はどないだ?」

にぎやかにやり取りしたのだった。

 

ということで新しいことをお届けできるよう頑張りますので

今年もよろしくお願いしますと眞鍋さん。

いつの間にかメインにって、

これまでもあったねこのパターン。

例によってするっとこなしてしまうでしょう。

 

|

2018年1月 3日 (水)

明けまして眞鍋スマイルと「ぷっすま」

 

やっぱり眞鍋スマイルがないと年は明けないね。

ってことで

 

003


記事にできてなかった「ぷっすま」の眞鍋かをりさん。

 

005


「ファミコン企画」って言ってるのは

これも記事に出来てなかった回。

 

022


こんな感じだった眞鍋さん・・・って

いつもと同じみたいだけど、

いざファミコンを手にすると

 

023


真剣過ぎる眞鍋さん。

 

024_2


でもクリアしたぜ。

 

しかし、今回はクイズ企画。

 

006


「ロッチが解散したという事で一緒に」

「いやしてへんがな」

オッサンなのに聖母マリアを名乗る

ユースケさんの無責任ギャグに便乗しての天丼ギャグ。

 

008


そして眞鍋さん問題第一問はチーズ、という事で

チーズプロフェッショナル眞鍋さん、負けられない戦い。

なのに早押し負け。

でも早押しした草彅さんがミスったので

 

010


ここはクリア。

でも、眞鍋さん、相変わらず早押しに弱い。

 

さて、韓流化け物映画の次の展開を予想する問題。

解散してないロッチの人、

オッサンの代わりに主役が食われるってあ~た

「そんな雑魚キャラ扱いなの?」と眞鍋さん。

いやいや主役だっせ。

 

013


オッサンの身体が割れて中から怪物が出てくると

眞鍋さん、ハリウッド的展開予想。

不正解だけど、これはこれでオモロいかも。

 

011


でも、早押しには全然勝てない眞鍋さん。

GOLJOとしては間違えられないゴルゴ13問題でも

あららと足元すくわれて

 

019


悔しがることしきりなのでありました。

 

|

2018年1月 1日 (月)

年が明けた

 

お、新年早々面白い画像が・・・

 

Z_irtc87_2


  

ダイヤモンド富士というらしい。

眞鍋かをりさんとかをりんドーターもこの一年、

クリスタルな光芒に包まれますように。

杉崎美香りん姐さんは大分に帰省しているらしい。

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12340137896.html

ミカリンルドルフも今年、いよいよ緒戦・・・・

アレ?人だったっけ?

まぁいいや。

皆幸多かれ。

 

元日というのに当方の世話をしてくれている

最強ナースKさんと愛娘Nちゃんもまた然り。

Nちゃんももう3歳だけど、この3年間に

眞鍋さん、美香りん姐さんをはじめ6人が出産。

さらに2人が妊娠中ときたもんだ。

皆安産だったし、これからの2人もそうに違いない。

ワシのお守りは効くのじゃ。

 

お守りといえば巫女ナースは今頃、神社で大忙しのはず。

ミコリンシスターズ全員出動の上、師匠の巫女ナースは

インカムで差配するとか言っていた。

多忙と貧血で目を回してなければいいのだが・・・

ひと段落ついた5日には様子を見に行くつもり。

 

当方自身は今年一年、生きられるかどうか分からないので

これといった抱負はない。

ただ、これからも生きてゆく素晴らしき人々の為に

微力を尽くすのみである。

 

|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »