« 眞鍋さんがいれば大丈夫な金曜報道スペシャル | トップページ | 明快眞鍋さんと長髪時代~眞鍋さんのサンカクなきもち »

2017年12月24日 (日)

失敗はなかった競馬BEATとラストラン

 

001


「さぁ有馬記念の日が来てしもたねぇ」

「これで今年も終わりかと思うと情緒不安定になりまんな」

「そうなん?私はそこまで・・・」

「いや、ものの例えで・・・それより姐さん」

「なに?」

 

002


「その頭どないしはったんですか」

「誰がサザエさんやねん」

「いや、そんなん言うてまへんけど・・・」

「昨日、馬券当たったしね」

「あぁナルホド・・・ってなんの関係がおまんねん」

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12338540205.html

 

007


「中山のタテガミさんも中途半端にサザエさんやねぇ」

「姐さん、竹上さんでっせ」

「それ誰やろねぇ」

「姐さんも情緒不安定ちゃいます?」

 

008


「モアイのオッサンにはサンタになってもらうよ?」

「馬券プレゼントでんな」

「自信の方は?」

「自信というより悔いはおまへん」

 

009


「そんなん、巻き添えはかなんわ、ねぇ横山ルリカさん」

「妻は夫を支えつつ、みたいな?」

「いや、妻とちゃうでしょ」

「妻でも厭やわ、失敗するなら一人でして」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEATだが

有馬記念はキタサンブラック注文通りのレースとなった。

自分のペースで先頭を行くキタサンに対し、

揃って外枠を引いた有力ライバル達は

馬群が固まってしまい内に入れない。

余裕のラストランだった。

 

それにしてもラストイヤーにGⅠ4勝、

1年で歴史的名馬の仲間入りをするとは珍しい。

ついでに2着のクイーンズリングもこれが引退レース。

1,2着がラストランというのも珍しいのではないかな?

ちなみに姐さんはクイーンズリングも当てた。

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12338843996.html

 

012


「えっへん!」

「威張ってはるねぇ」

「当てましたし」

「本命一点買いやん」

「ですけど、ハッピーエンドでよろしいやん」

 

015


「という事で来年は1月7日スタートでーす」

「藤田菜七子騎手と対談させてもらいま」

「そーゆーたら七草粥の日やな」

 

|

« 眞鍋さんがいれば大丈夫な金曜報道スペシャル | トップページ | 明快眞鍋さんと長髪時代~眞鍋さんのサンカクなきもち »

競馬」カテゴリの記事