« けがあるのかないのかハゲなのかと「ビビット」 | トップページ | 紅葉に映える眞鍋さんだったけど…金曜報道スペシャル »

2017年11月19日 (日)

あっと驚くデムーロはんと競馬BEAT

 

009

 

「デムーロさん流石やねぇ、オッサン」

「え、えっ?わてのことでっか?」

「他におれへんやん」

「いや、いつもはもっと丁寧に・・・」

「南海の石仏とかモアイさんとか?」

「それもどうかと・・・」

 

004

 

「今日はデムーロはんやわぁ」 

「確かに可愛くないくらいの巧さと強さ」

「デムーロマジックやね」

「馬がペルシアンナイトだけに」

「それを言うならアラビアンナイトやん」

 

てな感じで杉崎美香りん姐さんの「競馬BEAT」は

マイルチャンピオンシップ。

昨年来、今一歩の戦いを続けてきたエアスピネルに

気持ち的に肩入れしたくなってしまうのだが、

GⅠ年間最多勝記録がかかるミルコ・デムーロ騎手にも

こんな思い出が・・・

 

Jravan12112804

 

2010年の朝日杯と2012年、秋の天皇賞と

確か二度、眞鍋かをりさんが花束贈呈をしていたと思う。 

 

とはいえ、今回ばかりは如何にデムーロはんといえども

1着はあるまいと踏んでいたのだが・・・それがどーよ

スタートは良かったがするすると後ろに下がった

デムーロはん騎乗のペルシアンナイト、

内に入れたと思ったら、

先行集団が横に広がるや外に移動、

気付いたらエアスピネルの後ろにいた。

 

絶好のタイミングで抜け出したエアスピネル、

完璧な勝ちパターンだ、我勝てり

と思っただろうなぁ・・・

しかし、並んだデムーロはんが僅差で差し切った。

GⅠ6勝を全て違う馬で達成ってのが凄いや。

3勝、4勝もする飛び抜けた馬に

たまたま騎乗してた訳じゃないんだから。

 

007

 

「虚無僧・高橋さんが的中予想してはったねぇ」

「根拠はデムーロはんやしってだけやったような・・・」

「そんなんでも当たってしまうんやから」

「デムーロはん恐るべしでんな」 

 

002

 

「さぁ来週はジャパンカップやけど」

「デムーロはん、怖いでんな」 

「ほい来たクロちゃんも出るしね」

「え、えっ?ひょっとしてキタサンブラック…」

「また来週ーっ!」

 

|

« けがあるのかないのかハゲなのかと「ビビット」 | トップページ | 紅葉に映える眞鍋さんだったけど…金曜報道スペシャル »

競馬」カテゴリの記事