« 親の心を知る眞鍋さんの金曜報道スペシャル | トップページ | 師匠になった巫女 »

2017年10月15日 (日)

さすがノースリーブ(?)と秋華賞の競馬BEAT

 

001

 

「さぁモアイのオッサン、雨の秋華賞やねぇ」

「京都競馬場にも傘の花が咲いとりま」 

「スタジオも花が咲いてるしねぇ」

「ゲストの橋本マナミさんでんな」

「あら、もう一輪咲いてるよ?」

 

005

 

「姐さん、もしかして子持ちの花でっか」

「ハハハハ・・・」

「姐さん、もしかしたらですけど、母にかけてます?」

 

004

 

「紅白は縁起がええねぇ」

「なんの話でんねん」

 

003

 

「アエロリットが一番人気やねぇ」

「いやいやイスグラシューも只者やおまへんで」

「モアイさんも只者やないしねぇ」

「いやいや僕なんか顔が長いだけで・・・なんでやねん!」

「レーススタートでーす」

 

てな感じで杉崎美香りん姐さんの「競馬BEAT」。

一番人気だけどアエロはないだろうと根拠なく思いつつ、

ラビットランはどうかと思ったもののエライ入れ込みよう。

どないなんねん的秋華賞だったが

後方にいたディアドラ、内を通ってじわじわ前へ、

気が付いたら先頭集団を捉えている。 

200の標識手前で脱兎のごとく外に飛び出したのは

兎ではなくディアドラ。

鞍上のルメールはんしてやったりの勝利であった。

 

008

 

「スタジオでの的中は橋本マナミはん一人でんな」

「さすがノースリーブやねぇ」

「肌寒くなってきましたが・・・いや関係ないでしょ」

「また来週ーっ!」 

 

|

« 親の心を知る眞鍋さんの金曜報道スペシャル | トップページ | 師匠になった巫女 »

競馬」カテゴリの記事