« 師匠になった巫女 | トップページ | 台風でもキセキは起こると菊花賞の競馬BEAT »

2017年10月21日 (土)

成長すれど不変もあるか眞鍋さんの「ビビット」

 

誰という訳ではないが某有名二世俳優が二度目の離婚公表。

原因として取り沙汰されているのが妻に課した掟とやら。

そんなんオノレでせんかい的中身なのだが・・・

 

008

 

「意外に大丈夫ですね」と眞鍋かをりさん。

毎日だっせ眞鍋はん、と言われても

「喜んでくれるんだったら」

某二世俳優が聞いたら泣いて喜びそうな言葉だが

こーゆーとこは眞鍋さん、変わってないんだね

なんて感じた昨日の「ビビット」。

 

尽くすことにしか喜びを感じられない

的なことを言っていたのは10数年前だったと思うけど、

そのせいでえらい目にも遭っているので

そのまんまではないはず。

「『ありがとう』って言ってくれたら」

「切れられたらちょっと・・・」 って

但し書きも付けていたのは大人の証かな?

 

まぁ自分でできることは自分でやろうぜ御同輩。

 

009

 

 

「特に決めた訳ではないけど自然にそうなった」

ルールはあるそうなのだけど・・・

「ホントにちっちゃいしょうもないこと」

ってなんだ何だと聞いてみたら

電子レンジで温める時は上に張ったラップが

内側に湾曲するぐらい熱くする・・・みたいなことだとさ。

 

001
  

何もなくても高速道路が恐いという眞鍋さん。

そこに落下物なんてあった日にはもう

「普通に走っててもビクビクしてるのに

急にあれが出てきたらどうするか、自信ないですね」

 

どうしたらいいのか頭を抱える眞鍋さんだが、

避けられないものは避けられない。

事後対策としては三角の表示器を置いて発煙筒。

前ではなく後方に避難して♯9910に通報。

ハザード点灯は当然だが、可能なら

トランクのドアを上げておくのも古来より伝承された合図だ。

 

007

 

 

発煙筒ってどこにありましたっけと眞鍋さん。

乗車したら足元を確認しましょう。

 

ガキ・・・お子様の脱毛が流行ってるらしいが

「大人になっても要らないものですよね」

と眞鍋さん。

 

013

 

「あ、はやしとけば良かったって思ったことないし」

ホンマだっせ、勝手にはえてくる髭が邪魔で邪魔で

・・・いやオッサンの話ではなかったか。

 

台風接近中により雨たけなわだが、

漢字でも同じ意味になる

「ラン」て名前の台風があったそうな。

「分かった」と眞鍋さん、嵐=ラン

御名答。

 

|

« 師匠になった巫女 | トップページ | 台風でもキセキは起こると菊花賞の競馬BEAT »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報4)」カテゴリの記事