« 大阪でもやりますゴルゴ展とGOLJO会長眞鍋さん | トップページ | キャラご飯は食べないけどお受験は迫る?眞鍋さんのサンカクなきもち »

2017年9月28日 (木)

見逃せない今夜の「行きたい人応援団」とキセキつながりの話題もう一つ

 

さて、何はさておき今夜の「ニッポン行きたい人応援団」

ヤクルトの元エース、岡林スカウトが

パラグアイに里帰りするという。

 

少年野球時代にバッテリーを組んでいた

元相方が日本を訪問したあの回は、

番組史上最も哀感と切なさの漂う忘れ難いものだった。

http://vq12bb31kn29.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-304b.html

 

046_2

 

再会した二人の34年振りのキャッチボールは

記憶に残る名場面。

 

この時、日系移民の関さんが

岡林さんに里帰りを勧めていたが

それが実現したことにちょっと感動。

まだ放送してないんだけどね。

番組がなければ実現しなかっただろう奇跡再び・・・

スタジオの眞鍋かをりさん、泣かないようにね。

 

 

キセキといえば、と半ば強引なこじつけで話題を転じると

そーか杉崎美香りん姐さんはキセキを応援してたのか、

と野球から競馬の話。

https://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12313579922.html

 

言われてみたらキセキはルーラーシップ、そう、

最強の騎士、ルーラー卿の御子息なのである。

最強なれど騎士なるがゆえに王の前には出られない。

32.7secという超高速タイムでラストを駆け抜けながら

女帝と帝王、ジェンティルドンナとオルフェーブルを

抜かすことはしなかった礼儀正しき騎士であった。

 

しかし、先日の神戸新聞杯での2位は、

まさか父に習った訳ではあるまい。

今の競馬界には女帝も帝王も不在。

なんの遠慮があるものか。

父譲りの怒涛のスパート力で父が

果たせなかった国内GⅠ勝利を期待しておこう。

 

でも美香りん姐さん、虚無僧さんが

オールカマーの馬券買ってなかったと分かった時、

「私は買うてたけどね」と

一言かましたったらよかったのに。

 

|

« 大阪でもやりますゴルゴ展とGOLJO会長眞鍋さん | トップページ | キャラご飯は食べないけどお受験は迫る?眞鍋さんのサンカクなきもち »

競馬」カテゴリの記事

眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)」カテゴリの記事