« 出るとこ引くとこ選択色々と「ビビット」眞鍋さん | トップページ | 柳の下に奇跡はあるかと「競馬BEAT」 »

2017年9月23日 (土)

牛もライオンも船に乗ります、眞鍋さんの金曜報道スペシャル

 

001

 

さて、自由人くらたまさんが今回は

「雌ライオン」と称して登場の「金曜報道SP」。

眞鍋かをりさんも肉好きだけど、ん?ブランド和牛の地図

但馬牛、近江牛、松阪牛がないやないか・・・

と思ったらそれが問題だった。

 

三大和牛を知ってますか?

正解は但馬牛ではなく神戸牛。

神戸港から出荷したから神戸牛っていうだけなのにな

と思ったら、その辺も

女子アナさんが縷々説明していたのだが・・・ 

 

005

 

聞いてへんがな。

スタジオに運ばれたのは近江牛。

井伊家の殿様が将軍には献上した近江牛、

水戸藩にはくれなかったので激怒のあまり

桜田門外の変を起こした・・・なんて、

んなアホな噂が流れたとか。 

 

当時の近江牛はどんなのだったのか・・・

黒毛和牛は但馬のたった一頭の種牛がルーツ

と言われ、銅像まで立ってる。

今は精子、子牛、成牛と

ビックリするほど分業化されているので

誰の子かなんて分からないけどね。

 

008

 

それは兎も角、例によって一口でパクリの眞鍋さん

「赤身派なんですけど、この脂はさらっとしてて

いくらでもいけますね」 

白煙の中で語る眞鍋さん。

 

010
  

でも、えぇとね、ちょっと邪魔かなこの煙。

 

でもってフェリー業界に復活の動き。

車で旅する時はフェリーを利用しない手はない。

渋滞区間をのんびり通過し、車旅なのに酒が飲める。

ぐっすり寝て目が覚めたら目的地。

車があるから電車やバスの時間を気にする必要もない。

何が悲しくて渋滞に突撃しなければならないのか。

 

最近のフェリーは随分客室も綺麗。

カプセルホテルみたいな映像に「え?」と眞鍋さん。

二段ベッドが並ぶかつての姿が映ると「そうそうこれよ」

以前はフェリーで瀬戸内を横断していたからね。

 

012

 

「動き回れるから子供のいる家族は楽かもしれませんね」

とママ鍋さん。

「時間がかかるかなと思ってた」くらたまさんだけど、

せやから夜の便に乗って

星空を眺めながら一杯やったらいいのですよ。 

 

来週は色々訳アリ物件の見分け方だそうな

ってことでまた来週。

 

|

« 出るとこ引くとこ選択色々と「ビビット」眞鍋さん | トップページ | 柳の下に奇跡はあるかと「競馬BEAT」 »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報4)」カテゴリの記事