« 思い出すぜ7年前のこと | トップページ | 当たることもあれば当たらないこともある眞鍋さんの金曜報道スペシャル »

2017年8月 3日 (木)

いよいよ来ました的たこ焼き篇だった行きたい人応援団

 

いよいよ来ましたかそこにってのが続いている

「ニッポン行きたい人応援団」

前回はたこ焼き。

本物を食ったことないのにこの情熱は何故?

ってくらいのドイツ在住メキシカンヒメナさん。

たこ焼き器が手に入らないので

苦闘すること2年、また2年・・・

 

010

 

ご招待となって遂に元祖、会津屋に来たら

喋ること喋ること。

スペイン語なので店の人はさっぱりだったろうけど。

 

ラヂオ焼きの店だったけど

「なんや大阪ではタコ入ってへんのか」

と明石のオッサンに言われ

ほな入れたろと始まったのがタコ入りラヂオ焼き

って話を知ってから、当家でも

牛すじ入りたこ焼き(牛筋焼き)を作るようになったのは

眞鍋かをりさんのデビューよりずっと昔。 

 

「おいしそー」と眞鍋さん。

柔らかく煮込んだ牛筋は大阪おでんには欠かせない。

なのでタコ焼きに入れるにも

作り方が分からず途方に暮れることはない。

 

014

 

行きたい店をノート一冊分リストアップしていただけあって、

廻るわ廻るは食うは食うはのヒメナさん。 

焼き方を教えてもらったりもしたけど、

たこ焼き器がなかったらどないもならへんがな。

 

てことで銅板たたき出しの工程を見学に行ったら、

案の定と言いますか

 

023

 

もらってしまったよ念願のたこ焼き器。

 

だが、家庭に行けば一家に一台どころか二台三台…

「二台もあるの?」と眞鍋さんだが、

そらおまんがな。ガス用に電熱プレートに・・・

あ、共同作業所のバザーに出してしもたな。

 

024

 

てことで家庭のたこ焼きパーティーにお邪魔。

13種類も作っていたが、

ヒメナさんはぴ-ナッツ入りがお気に召したようだ。 

 

029

 

「あんなにバリエーションあるんですねぇ」と眞鍋さん。

だがそれだけではない。

サバンナの高橋さん知ってまっせ

と名店・甲賀流のオッサンが言えば、

なんとロケで甲賀流にいた時、

織田信成リーダーが安藤美姫さんと連れ立って

普通にお客でやってきたとな。 

 

030

 

「エーッ!」と腰を浮かせる眞鍋さん。

まぁミキティーの子の謎の父親が信成はん

って訳じゃないだろうから、よろしいやおまへんか。

 

てことで今夜のとうとう来ました続編は蒲鉾の巻。

漁港のある所には何かしら

御当地名物的竹輪や蒲鉾があるのが日本。

場所を選ぶのも結構大変だろうなぁ・・・

 

|

« 思い出すぜ7年前のこと | トップページ | 当たることもあれば当たらないこともある眞鍋さんの金曜報道スペシャル »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)」カテゴリの記事