« 新鍋に眞鍋さんのテンション上がる「ビビット」 | トップページ | GOLJOにWOMAN EXPOにと眞鍋さん »

2017年8月15日 (火)

こけし巫女、子供に説教する

 

「オッ花火大会で暴れた巫女さん」

「自転車専用レーンを走ってただけなんですけどね」

「そんなとこでマラソンするなや」

「そうですねぇ、やっぱり・・・いや自転車でですよ」

「普通やないか」

「なのに原付のオッサンが『自転車は車道を走れっ!』って」

「ハゲのオッサン?」

「メットかぶってたんで・・・」

 

「で、花火は見れたんかい」

「それが、隣で見てた家族の子が石投げてきて」

「何さらしとんじゃこの糞ガキッ!」

「まぁ背中やったんで『止めてねっ』て」

「何でゆうたれへんねん『親呼んでこいっ!!』って」

「隣にいますがな」

「だったら安心」

「ところが、今度は顔めがけて投げてきたんですよ」

「花火と一緒に打ち上げたれ」

「ボーンッ!・・・って、あかんでしょさすがに」

 

「親は注意せぇへんのかい」

「『お姉ちゃんのせいで花火見れなくなったでしょ』って」

「おるおるそーゆー親」

「私が子供の頃は怒られましたけどねぇ」

「親が人のせいにしとるから反省せぇへんわ、そのガキ」

「謝りませんでしたし」

「叩かれるの我慢するより謝る方が度胸要るしな」

「上から目線で見てた相手には特に」

「ガキに上から見られとったんかい」

「そうそうコケシなんで・・・なんでやねん!」

「まぁ悪いことしたとは思うてへんやろな」

 

「かといって花火と一緒に打ち上げるのは行き過ぎや」

「やってませんって」

「行き過ぎた体罰は被害者意識が加害者意識を押しのける」

「なんで分かるんですか」

「ワシを誰やと思うとんねん」

「オッサン」

「ただのオッサンちゃうぞ」

「ハゲやないから・・・あ、足の短いオッサン」

「ふっふっふ・・・それだけと思うなよ」

「前向きですね」

「こう見えて昔は子供やったんや」

「エーッ!生まれつきのオッサンやなかったんですか!!」

「そんな奴おらんやろ」

 

「で、親に打ち上げられましたか?」

「親やない。中学の担任にやけど全治三カ月や」

「着地に失敗したんですね?」

「花火になんの初めてやったしな」

「否定しませんねぇ」

「で、校長が担任連れて謝りに来て、すっかり被害者気取り」

「オッサンが原因作ったんでしょ?」

「友達に殴る蹴るの暴行」

「ワルですねぇ」

「そやねん」

「札付きの悪ガキやないですか」

「札は付けてへん。邪魔やし」

「そこは否定するんや」

「突然やし何で花火にされんのか分からんかった」

「えっいきなり打ち上げですか」

「反省する間もなかったな」

「ちょっとは反省した方がええですよ」

「せやな」

 

|

« 新鍋に眞鍋さんのテンション上がる「ビビット」 | トップページ | GOLJOにWOMAN EXPOにと眞鍋さん »

巫女さん」カテゴリの記事