« 最近はあれもこれもやってない眞鍋さんの金曜報道スペシャル | トップページ | 色々熱い上に猛暑らしいと眞鍋さんの「ビビット」 »

2017年6月25日 (日)

何故か笑いが止まらない宝塚記念の競馬BEAT

 

001

 

「さぁ今日は春の締め括り、宝塚記念やね」

「そうですわ姐さん」

「やっぱりモアイ像は屋外が似合うねぇ」

「そうですわ姐さん、長年外に立って・・・ちゃいまんがな」

 

004

 

「ゲストの橋本マナミさん、何時もに増してノースリーブやねぇ」

「キタサンブラックの勝利の女神です」

「ダントツの一番人気でんな」

 

ふっふっふ、そうは行くか。大物食いの里の冠がおるぞ。

 

「モアイさん、何をぶつぶつゆうてんのん」

「え、僕は何も・・・空耳ちゃいます?」

「空に耳はないわぁ~、雲はおるけど」

「いや、そーですけどぉ・・・」

「次いこか」

 

009

 

 

「キタサンブラック勝利の確率を聞いてみましょう、えっ!」

「80、90、95%と出ました。もう確定でんな」

「スタジオ予想は全員キタサンやねぇ」

「もう大きい字で一つ書いといたらええんちゃうかと」

 

てなことでの宝塚記念、『競馬BEAT』のスタジオは

キタサンブラック一色に。

そらまぁ里の宝石が出てないしね。

しかし、ふっふっふ、サトノクラウンを侮ってはいかんぞ皆の衆

 

そしていざスタートしてみると、

特に行きたがる馬はいないのにキタサン先行せず。

後ろにいた冠がオラオラと横に並んでつつきにかかる。

こういうことされると奴は弱い、と知ってのちょっかいか

里の冠鞍上のデムーロはん。

 

これが効いたのかどうかは定かではないが、

直線に出るや一気にキタサンを抜き去った里の冠、

先頭のゴールドアクターに襲いかかる。

こうなると強い冠、

香港の再現とばかりぐいぐいと前に出て、

あらまホンマにやってもたがな大物食い再び。

 

010

 

「ぐっふっふっふ・・・」

「当たったの2着のゴールドアクターだけやん」

「まぁそうなんですけど」

「北島オーナーに勝利の女神扱いされてたタテガミさん」

「竹上ですけど」

「それで今日はタテガミなびいてへんかったんやね」

 

よく分からないがこの春は、ありゃまホレマと

当方予想が的中することが多かった。

レースが終わってからアップする記事なので

誰の役にもたってないけどね。

 

005

 

それは兎も角、お疲れ様でしたの

杉崎美香りん姐さんと南海の石仏モアイ像。

秋になったらまたお会いしまひょ。

 

|

« 最近はあれもこれもやってない眞鍋さんの金曜報道スペシャル | トップページ | 色々熱い上に猛暑らしいと眞鍋さんの「ビビット」 »

競馬」カテゴリの記事