« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月22日 (木)

百鬼夜行?いや百花繚乱か「行きたい人応援団」

 

005

 

「本人は兵隊さんだからルール破らずきっちりしてる」

「ニッポン行きたい人応援団」で眞鍋かをりさんが言うのは

なんと日本の暴走族に憧れるスペイン海軍の水兵さん。

 

特攻服なんぞを作ってバイクを乗り回してはいるものの

一時停止は勿論交通法規順守。 

日本に来て現役暴走族と交流って訳にもいかないしなぁ。

オラオラ、赤信号突破せんかいとか言われても

軍規に反するし・・・。

 

004

 

フランスでは三線を爪弾く沖縄音楽フリークが。

後ろで合の手を入れる彼氏の方はといえば

四国八十八カ所巡りを八回という驚きのオッサ・・・

いや、髭を蓄えているだけでオッサンにはまだ早い青年。

 

「マスターしてる」と驚きの愛媛出身、眞鍋さん

「相当なマニアだな」

 

008

 

でも、取り敢えず今回ご招待したのは

アメリカの素麵愛好家ミランダさん。 

迎えるは超極細の白髪素麺の達人、御年82歳!

しかしお元気である。

口も手も達者で衰え知らず。

熟練の技に目を回していると「ハハハ」と笑い声が響く。

 

012

 

ミランダさんも教えてもらうのだが、

好きこそものの上手なれ、これが結構上手い。

名人もふむと頷く。

 

013

 

てなこと言ってるうちに極細白髪素麺の完成。

のそのそしている暇はない、素早い作業が必要なのだ。

 

ちなみに名人、素麺は食べ飽きて

今はうどんの方がいいそうだ。

当方、遠い昔に白髪素麺を食した記憶はあるのだが、

何でも太麺が好きだったせいか食感までは思い出せない。

名人とは逆に、食うなら今かも。

 

てなこと言ってるうちにスタジオにも

名人の10年もの白髪素麺が登場。

 

020

 

「嘘だ嘘だ」と言ってた眞鍋さんも

いやホンマだっせと実物登場すると驚きの声。

う~ん・・・思い出せないのが悔しいなぁ・・・

 

てなことで今週はお休みの「行きたい人応援団」

来週は2時間SP、アルゼンチン特集?らしい。

 

|

2017年6月18日 (日)

当たりが的中とは限らないと競馬BEAT

 

006

 

「さぁ姐さん、いよいよでんな」

「いよいよ水茄子の季節やねぇ」

「は?」

「この季節はやっぱり水茄子食べんとね」

「大分に水茄子おまんの?」

「うん、別府温泉にね」

「へ~」

「ある訳ないやん」

「あのね」

 

001

 

「さぁ気を取り直して函館競馬のスタートやね」

「気分は夏競馬でんな」

「宝塚記念の資金貯めときたいねぇ、シャンプー変態さん」

 

002

 

「資金を貯める資金がない・・・何でやねんっ!」

「いや、まだ誰も突っ込んでへんで」

 

てなことで杉崎美香りん姐さんの競馬BEAT。

まずは函館のスプリントS、当方の本命は・・・

ウッ!モアイ像とかぶっとるがな。

嫌な予感と思ったら、勝ったのはジューヌエコール。

なんだこいつ的な脚でみるみる他馬を引き離す圧勝だ。

 

009

 

「変態の本命が2着に入ったような・・・」

「黙ってはるねぇ」

「エッ!外した?どんな買い方してるの?」

「これも人生やねぇ」

「どんな人生やねん」 

 

てことで再び気を取り直して東京はユニコーンS。

南海の石仏モアイ像の買い目はサンライズノヴァ。

どーかなーと思っていたら、

中段後方から一クラス上のスピードで

みるみるうちに馬群をごぼう抜き、

最後は独走状態の圧勝だ。

 

019

 

「ワッ!」

「モアイさんの本命来たねぇ・・・どしたん?」 

「そ、それが・・・」

 

015

 

「ウワッ!あいつ本命来とんのに馬券外したぁる」

「お前が言うな」

「目糞鼻糞やねぇ」

「ちなみにどっちが目糞でどっちが・・・」

「知らんがな」 

 

017

 

「さぁ来週は宝塚記念・・・どしたん?」

「ワイは黙想しま」

「次回までに起きてね」

「・・・・・・・・・・」

「また来週ーっ!」 

 

「あ、そや、私、危うく父の日忘れるとこやったわ」

http://ameblo.jp/mikasugisaki/page-1.html#main

「思い出して良かったでんな」

「そやな」

 

|

2017年6月17日 (土)

言いたいことは今の内・・・じゃないけど「ビビット!」

 

さて、昨日の「ビビット!」は野際陽子さんの訃報から。

キイハンターって人気ドラマだったことは知っているのだが

視てないのは残念だった。

 

002

 

キイハンターの主題歌は知っていたけど

歌っているのが野際さんだったとは知らなかった眞鍋かをりさん。

「変わらずお綺麗で、改めて年齢を見てビックリしました」

いつの間にか81歳になっておられたんだね。

 

付け加えておくと野際さんは吉永小百合さんらと共に

平和主義者として知られていた。

安保法制に反対しておられたのはその為だが、

2年前のテレビインタビューで

「今の日本は昭和17年頃の感じ」と危惧しておられた。

 

その時と変わらぬ安倍政権は加計疑惑に強引な幕引きを図る。

 

004

 

「いろんな人が出てきて複雑になり過ぎて

『もういいや』ってなるのを狙ってるのかな」と眞鍋さん。

 

内閣府が「やりました」って自分から認める訳ないが、

直筆の訂正箇所は萩生田さんではないかの声も。

ハギウダ?あぁこの右側に立ってる人ね。

御自身のブログにアップされてる写真。

 

Dccf4i1uiaa71ff_2

真ん中の小さいのがカケさんで左の人は・・・・誰だろう?

カケさんとこの監査だった人らしい。

荻生田さんは客員教授。

そら仲いいわ。

 

あれもこれもうやむやっておかしくないかの指摘だが、

そりゃ国会なんてどうでもいいと思ってる政権だからね。

カケ問題がめんどくさいからと

委員会審議を途中で素っ飛ばして本会議採決、

国会終了って訳。

 

国会決議を覆す「閣議決定」

なんてのもやってるくらいだから、

国権の最高機関は国会ではなく閣議決定

というのが官邸の立場。

だから国会に呼ばれても質問には答えず

関係ない話をダラダラやって時間を潰し、

着席したらへらへら笑いながらヤジを飛ばしている。

 

立法の場で行政府の人間がヤジを飛ばすとは前代未聞だが、

内閣の下部組織か何かと思っているのだろう。

 

少女淫行疑惑の俳優に対し、「擁護しない」と所属事務所だが

政府の方は裁判所が発行した準強姦罪での逮捕状を

容疑者が官邸子飼いの自称・ジャーナリストだからと

一行政官が握り潰すという信じられないことをする。

立法だけではなく司法よりエライ政府って・・・

「朕は国家なり」だね(何時の時代だ)。

 

だが森友の元理事長にせよ辞めた事務次官にせよ、

気に入らないこと言いやがってと関係ない悪口を言い立てるのは

ガキじゃあるまいしみっともない。

あんな奴の言うことは信用できないと言いたいのなら

ドロボーの自白調書も全て無意味ってことになる。 

 

ま、こんなことを書けるのも今の内。

この政権が続いたらやがては逮捕され獄中死

ってことになりかねん。

どうせもうすぐ死ぬのだからそれもいいが、

ファシストとそれに同調した連中は

いずれ歴史の法廷で厳しく裁かれることになるだろう。

 

 

お遍路にでも行きたいものだが、歩けないのでそれは無理。

だが高幡不動では

1時間半で四国八十八カ所巡りができるそうな。

だがしかし

 

008

 

「四国の人間としては」と眞鍋さん。

「全く一緒っていうのはやだ」

「七割くらいにしてくれないと」

1時間半で七割ってのもサービスし過ぎな気がするけど

何もしないよりはいいかもね。 

 

|

2017年6月16日 (金)

声は出ずとも眞鍋さんの金曜報道スペシャル

 

001

 

あらら、金曜報道SPの眞鍋かをりさん、ハスキーボイス。

朝の「ビビット!」では気づかないくらいだったのに・・・

声が出なくなるというのは2007年の確か10月頃以来かな?

え、すると10年前?

そーかー10年も経つかぁ。

このブログを始めるきっかけになった事件だったなぁ・・・

 

なんてことはどうでもいい訳で

 

002

 

「流行ってますから気を付けてください」と眞鍋さん。

ってことは風邪か。

 

追跡するのは盗聴調査の続きと副業。

ダイエットしてしぼんだ森永卓郎さんがいるのは後者の為。

空いている自宅駐車スペースをネット登録して貸し出す

不労所得的お気軽副業から特技を生かしたものまで色々。

オーダーメイドの服を作って月15万円稼いでる方は、

本業もアパレルの下請けなので特技というよりプロ。

目標は年収1千万円ってのは副業というより独立宣言か。

 

003

 

「自分の裁量で働けるのは子育て中の人にもいい」

という眞鍋さん。

 

盛永氏によると成果主義と個人主義の米国に対し

企業主義と平等主義の日本。 

副業を禁止している企業はまだ多いが、

他方では成果主義も取り入れるようになっている。

自由はないのに責任だけ求められるのはおかしいので

副業を推進すべきと語った。

オランダは副業解禁で急成長したとか。

 

017

 

声は出なかったけどその分は

ボディーリアクションで補った(?)眞鍋さん。

とにもかくにも早く治そうね。

 

|

2017年6月14日 (水)

土はなくともスズメバチ

 

「おっ巫女さん、どこ行っとってん」

「土を買いにちょっとね」

「おぉ、とうとう土に生きる決意をしたか」

「この辺の園芸ショップに売ってないんですよねぇ」

「そんなとこに行くからや。不動産屋に行かんかい」

「え?ベランダ菜園なんですけど」

「なんじゃそら」

 

「でもキノコは許せないんですよねぇ」

「なんでやねん」

「私が育ててたトマトにしめじみたいのが」

「ええやんシメジ育てたら」

「ダメです」

「しめじ旨いやんか」

「おいしいですねぇ・・・いやっ!許しません、キノコは」

「自分もエノキに似てるくせに」

「エノキ!?もやしとか牛蒡とかは言われたことありますけど」

「頭がないやん、もやしや牛蒡って」

「エノキは束ですやん」

「一本エノキ」

「鍋の残り物やないですか」

「榎田独歩」

「国木田独歩でしょう」

「元気ですかーっ!」

「それイノキ」

 

「ところがベランダに蜂が巣を作ろうと企んでるみたいで」

「陰謀や、けしからんやないか」

「ほしたらこの間、雀が飛んできたんですよ」

「雀?何しに?」

「それがですねぇ」

「ほうっ!」

「パクっと蜂を食べたんです」

「ヘーッ!」

「これがホントのスズメバチ」

「なんじゃそら」

 

|

2017年6月11日 (日)

肩は出さない美香りん姐さんの競馬BEAT

 

001

 

「さぁっ・・・モアイさん、始まってるよ」

「・・・・・・」

 

002

 

「始まってるゆうてんのに、寝てるん?」

「いえ、黙想です」

「さすが孤島の大地蔵、南海の石仏…ゆうてる場合ちゃうし」

 

003  

「ええっと、そういえば姐さん」

「あら起きたん?」

「起きてまんがな」

「何かあったん?」

「いやゲストの渡辺舞さん」

 

004

 

「100万円馬券当てたことあるらしいでっせ」

「それで肩出してはるんやね」

「そうですなぁ・・・いや関係ないでしょ」

「隣に色の黒いオッサンおるねぇ」

「オッサンおるって、師匠でんがな、一応」

「ドゥーンッ!!」

「なんか言うてはるわ」

 

005

 

「せっかくやし多摩川ステークスの本命理由訊いてみましょ」

「それはですねぇ、つまり、ひょっとすると・・・」

「レーススタートでーす」

「師匠、ベテランなんやから時計見といてくださいよ」

「ドゥーンッ!!」

 

007

 

「姐さん、舞さんの本命来ましたよ」

「やっぱり肩出してるだけのことあるねぇ」

「そうでんなぁ・・・いや、ちゃいますって」

「それよりマーメイドステークスやね」

 

てなことで「競馬BEAT」

マーメイドSはマキシマムドパリが来そう

と思ったんだけどスタジオでの評価はイマイチ。

でも、3~4番手につけると早めに仕掛け、

最終コーナー出口で早くも先頭。

内から外から猛追してくるので捕まるか、

と思いきやの粘り腰で

あらまと押し切ってしもたがなしかし。 

 

エプソムカップは浜中俊騎手が

あのダッシングブレイズで勝利。

2年前、戦慄の落馬事故で

杉崎美香りん姐さんを凍りつかせた時と同じコンビ。

当方だったら同じ馬には乗りたくないが

よく手中に入れたもんである。

 

014

 

「舞さん、エプソムカップでも軸は来てたんやねぇ」

「やっぱり肩出さなあきませんなぁ」

「そんなことないやろ」

「エーッ!」

「また来週ーっ!」

 

|

2017年6月10日 (土)

そらビックリしまっせ最近の冷凍食品、と金曜報道スペシャル

 

テレビ大阪の楽屋に入るなりテレビをつけると

無意識のうちに「いないいないばあ」に

チャンネルを合わせていた眞鍋かをりさん

http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/archives/55616822.html

でも出演するのは、おっと金曜報道SPだった。

 

001_2

それがあってかなくってか、

若干フライング気味に御挨拶。

「気持ちが前へ前へ行ってます」 

 

それは兎も角

冷凍の唐揚げ、炒飯、どれが美味いのか、

味にうるさそうな人を集めて食べ比べ。

だが、眞鍋さんも「お世話になってます」らしい

中華調味料・味覇んとこの会長、

何やら初めての冷凍唐揚げに浮かぬ顔。

「パリッと感がない」

 

ふっふっふ・・・電子レンジなんぞに頼るからいかんのだ。

あらかじめ冷蔵庫に移し、ある程度自然解凍してから

オーブントースターで温めるとカリッとするぜ。

 

だが冷凍しない冷凍技術ってのもあるんだぜ

と女子アナのお姉さんが説明を始めたと思ったら

スタジオの電子レンジがチン

 

003

 

「あっ、今鳴りましたよ」

立ち上がって電子レンジに歩み寄る眞鍋さん。

まぁまぁ説明を聞きなはれと女子アナ姉さん。

 

何でも秘密の液に漬け込んでから冷凍すると

内部の水分が膨張せず細胞が壊れないのだとか。

 

005

 

説明が済んだらさぁ実食だと眞鍋さん、

かなり大きいんだけど一口でパクリ。 

「ジューシーでおいしい」はイイんだけど

ほらやっぱり

 

006

 

コーナーが終わっても左のほっぺが膨らんでます。

 

さて、ムショを出たらどこへ行くの追跡。

現役組員の皆さんはお迎えが。

幹部ともなると高級車ズラリ。

 

だが、一人とぼとぼと刑務所を後にするオッサンは

今はかたぎの元組員。 

58歳病気持ち。金なし身寄り無し仕事なし・・・

こんな人、ただ放り出すだけでいいのかね。

 

007

 

出所の日が近づいてくると嬉しいどころか

どうやって暮らしていったらいいのか不安が募る

って話に愕然とする眞鍋さん。

 

ムショの方が三食ついて楽だというなら

戻ろうかってなるよな。

更生支援に尽力しているゲストの方も

「再犯の可能性が高い」と指摘する。 

 

明らかに歯車が一つか二つ欠けている気がするが、

民間と行政双方からのアプローチが必要な気がする。

 

009

 

てなこって眞鍋さん、

冷凍食品は塩分強めだから

愛(まな)ベイビーにはまだ早いと思いまっせ。 

 

|

2017年6月 9日 (金)

眞鍋さんもモノマネ披露の「水曜ダウンタウン」

 

さてさて「水曜日のダウンタウン」の眞鍋かをりさん。

モノマネのプロが学校の先生の物真似したら

死ぬほど受けるって?

 

004_2

 

そういえばと眞鍋さん、「ずっと半目で喋る先生がいた」

半目で喋る?どんなんやねん。

ほらこんな感じと眞鍋さん

 

003_2

 

で、出たっ!眞鍋さん必殺の顔真似。

ホンマかいっ!そんな先生おるかぁ?

との問いにも動じない。

 

005_2

 

おぉ、そうなのか。

 

引きの強い眞鍋さんだけど、プロたちだって負けてないぞ。

何しろ仕込みには入念に時間と手間をかけたのだ。 

確かに生徒たちにはバカ受けしていたけれど

 

006_2

 

ウッ!そ、それを言われたら実も蓋もございません。

眞鍋さん、そりゃそうだの突込みだった。

 

ツッコミといえば

ど突きツッコミは強ければ強いほど受ける説。

検証するのはこの人、と現れたその姿を見るや

「あーっ!」と息を飲む眞鍋さん。

そう、眞鍋さん大ファンのプロレスラー飯伏幸太選手。

相方はスーパー・ササダンゴ・マシンって

なんちゅうリングネームやねん。

 

009_2

 

そして繰り出すツッコミは・・・エエッ!これが突っ込み!?

華麗なる空中殺法も披露した飯伏選手。

 

010_2

 

眞鍋さんも大喜び。 

しかし、このお二人、

喋りも結構上手かった。

思わぬところで拾い物・・・と言っては失礼か、

とにかくよかったね眞鍋さん。

 

|

2017年6月 7日 (水)

タケムシほどではないけど各国料理店巡りと眞鍋さん

 

003_2

 

旅好き眞鍋かをりさん、

いろんな国の料理食べるの「好きです」。

あれをもう一度と日本に帰ってから探すこともある

・・・ってのは「雨上がりのナニモノ?」。

 

5月27日に放送されたのだけど

何らかのトラブルで視聴できなかったもの。

早々に再放送してくれて助かったぜ。

それは兎も角

 

006_2

 

よく行ってたのはミャンマー料理だと眞鍋さん。 

お茶の葉を使ったものとかタケムシ

ん?タケムシ?

竹の中に生息する虫ってそのまんまな、でも虫は虫。

「おいしいの?」

いやそれがあ~た、これが結構いけるんですわ

と眞鍋さんだが、ここでレポーターからストップが

 

009_2

 

ワシらがロケしたVTRが印象薄くなっては困るしって訳。

 

で、取り敢えず大声で「ウワーッ!」と喚くレポーター、

ミサイルマンが出かけたのは神戸・北野。

いや~実に多国籍。

だが、珍しい国の料理店でなければ

「ウワーッ!」と喚いてはいけない。

 

そこで見つけたチリ料理店。

近所のオバハン曰く「日本で唯一」。

これだとばかりに「ウワーッ!」

と喚こうと思ったらシャッターが。 

 

でも電話番号が書いてあったので電話すると

「ほな今から行きますわ」ときた。

 

025_2

 

「ロケハンとか一切やってない」と呟いた眞鍋さん

「これってガチロケなんですね」 

テレ東の旅番組にも似たようなのあるね。

 

で、ひょこひょこやってきたチリ料理店のオッサン

ん?日本人?

ちゃいまんがなハーフでんがな。

しかしその父上、サッカー好きが高じて

神戸にプロサッカーチームを作るべく署名運動を始めた人。

いわばヴィッセル神戸の産みの親だった。

 

015_2

 

ということで壁には店を訪れたサッカー関係者の写真多数。

ペレやマラドーナもいて眞鍋さん、全力の「エーッ!!」。

 

しかし、神戸に行けば

ジャマイカやフィジーのレストランもあるんだね。

 

023_2

でも、突拍子もない素材を使ってる訳じゃないので

ビビることはなさそう。

タケムシの方がよっぽどビビるぜ。

 

フィンランド料理店は京都にしかなかったが

今はどうなんだろ。

そういや謎のインカ料理店なんてのもあったな。

消えたけど。

 

027_2

 

各国料理とは関係ない

新製品クイズなんてのが1問だけあった。

最新型目覚まし装置の仕掛けとは?

くっさい臭いがする訳ではなかったのは残念でした。

 

|

2017年6月 4日 (日)

オッサンは強かったと安田記念の競馬BEAT

 

017

 

「姐さん、今日は目の覚めるような赤でんな」

「寝不足やしねぇ」

「なるほど、そんな時は赤に限ると」

「とは言うてへんけどね」

「ミカリンルドルフが1歳のお誕生日だったそうで」 

http://ameblo.jp/mikasugisaki/page-1.html#main

「1歳やのに大きくてねぇ」

「大型馬の素質ありでんな」

「うん、まぁ人間やけどね」

 

003

 

「に、人間・・・・」

「変な顔してる場合ちゃうよ、今日もGⅠ安田記念やし」

「6歳以上のベテラン勢も多いでんな」

「オッサンもなかなか侮れんしねぇ」

「エッ、僕のことでっか?」

 

010

 

「そんな訳あらへん」

「はぁ~」

「変な顔してる場合ちゃうゆうてるやん」

「はぁ」

「モアイさんの買い目発表よ」

 

008

 

「お任せください」

「先週、的中出したしねぇ」

「その通り」

「視聴者の支持はなかったけど」

「わいにないのは人気だけですわ」

 

てなことでの「競馬BEAT」、

モアイ像の予想はアンビシャス本命に5頭絡みの馬連。

だがレースの方はディフェンディングチャンピオン、

ロゴタイプが果敢なレース運び。

馬群を引き離してゴールに一直線だったのだが

後方からじわじわ追い上げてきたサトノアラジン

100mを切ったかと思われる位置でロゴを捕え

クビ差で勝利。

1~3着が6歳7歳6歳とオッサン勢の勝利だった。

 

011_2

 

「ワッハッハッハ・・・」

「ワロてる場合ちゃうでしょ」

「笑うしかおまへん」

「『孤島の大地蔵大逆襲再び』とはならんかったねぇ」

「ルメールジョッキーの連勝も途絶えたことやし」

「南海の石仏は1勝だけやん」

 

015

 

「姐さん、実は僕も石仏やのうて人・・・」

「また来週ーっ!」

 

|

2017年6月 3日 (土)

何事も冷静にと眞鍋さんの「ビビット!」

 

金曜「ビビット!」の眞鍋かをりさん、メダリストを破った

13歳卓球少年張本智和君の雄叫び「チョレイ!」

その意味するところは

 

001

 

「チョー冷静の略かと思った」

どやっ!めっちゃ冷静やろワシ!見たかっ!!

て感じか。

あり得るなそれも

(あかへんあらへん)

 

003

 

ふ~ん・・・というか、よく知らないのだが

眞鍋さん曰く、小池都知事の元

「決まらないことにストレスを都民は感じている」のか 。

 

よく調査もせずに思いつきで決めて

ボロが出ても絶対に改めようとしなかった

知事→市長もいたからなぁ・・・

目糞耳糞みたいな話になりそう。

 

まっ、そのあたりは超冷静に

 

004

 

タイガーウッズの体たらくには驚いたけど

かつての不倫疑惑の時も

「会見の態度は誠実だったし修復するのか

と思っていたけど離婚しちゃいましたしね」

と眞鍋さん。

 

アルコールは検出されなかったらしいけど、

合法的な薬であんな風にまでなるものなのかね。

冷静さを欠いてるね。

 

005
  

奈良に監獄ホテル・・・アイデアは良さげだけど

大丈夫か?

周囲に観光資源はあるのか、

東大寺など有名どころとの交通の便は?

奈良は午後7時くらいで商店は閉まってしまうしなぁ・・・

ミニリゾートみたいにしたって、

それだけを目当てに来る人は多くないんじゃないかい?

知らんけど

 

ちなみに眞鍋さんは京都大阪に泊まることが

今までは多かったみたい。

試しに行ってみますか?

 

|

聴いていい音悪い音と眞鍋さんの金曜報道スペシャル

 

001

 

さぁ金曜報道SPの眞鍋かをりさん。

13歳の卓球少年?もちろん知ってます。

朝のビビッドでもやってたし…とは言わなかったけど

世界卓球放送中はこっちだからね。

 

今回は街にあふれる音にこだわってみたのだが

救急車のピーポーってサイレンは

大阪の企業が編み出したものとは知らなんだ。 

 

003

 

それより怖いのは巷にあふれる盗聴器。

盗聴バスターズが盗聴電波を見付けては

設置場所を突き止めるのだが、よくある増設コンセント。

 

家人が自ら設置したのだが、盗聴器を設置した覚えはない。

引っ越しする前からあったもの?

いやいやこれは1年前なんだけどね

ってことで謎は深まるばかり。

 

012

 

実は眞鍋さん、以前に盗聴バスターズに

自宅を調べてもらったことがあるそうな。

その時は幸いにも発見されなかったそうなのだが

身に覚えがなく「犯人が分からないのは怖いですね」

 

取り締まる法律がないので

不法侵入だったり

知り得た情報でゆすったりしなければ罪にならないって

それどーよ。

 

小売より工事メインの街の電気屋のオッサンで

「コンセントを増設しましょう」などと持ちかけて

盗聴器を仕掛けてる奴がいた。

 

それが発覚する以前のことだが

ビデオデッキのディスク出し入れが不調だったので

このオッサンに修理を依頼したことがあったのだが

ひょいと店に行ってみると、なんとこのオッサン

当方のデッキでハードディスクの録画を鑑賞していた。

 

何さらしとんじゃワレと詰め寄ると

「あ、キレイに録画されてますよ」って

録画機能のことなど直してくれと言ってないだろうが。

要するに根っからののぞき趣味なのである。

 

そんな奴もいるので用心するに越したことはない。

眞鍋さんも気を付けてね。

 

|

2017年6月 1日 (木)

仏人浮世絵作家の仰天ばれん職人訪問

 

「ニッポン行きたい人応援団」は世界卓球でひと休みだが、

フランスからご招待の浮世絵作家ブノア氏の完結編は

ばれん編だった。

ばれん?

学校で版画を作った時に使った経験があるくらいだが

たかがばれんされどばれん

なんてレベルではない驚きの世界だった。

 

004

 

ブノア氏が訪ねた日本でただ一人のばれん職人、

後藤英彦氏は匠を超えて鬼である。

ひとつの製作期間を尋ねると

「六カ月から八カ月」とな

 

007

 

意表を突かれたか絶句のブノア氏。

古い和紙を一枚貼っては一日乾かし、貼ること50枚の当皮。

ばれん芯は竹の皮から繊維を取り出し、

それをより合わせて作ってゆく。

 

017

 

おまけに最適の素材、皮白竹は福岡県八女市にしかなく、

生産農家がなくなってしまったので

後藤氏が竹林を借り受け、育てている。

「そこまでやるの」と眞鍋かをりさんも驚くやら感心するやら。

 

016

 

勿論、ブノア氏も右に同じ。

 

ばれん芯によって摺り上りが違うのだ。

試しに摺ってみよ。

へ?わたいがでっか?

 

024

 

てなことで匠が用意したばれんで次々と摺ってみる。

すると、おぉ、塗りつぶせずに斑点が残る

ゴマ摺りにならないばれんを発見したのだった。 

やっぱりネットで買った4千円のばれん一つでは

無理があったようだ。

「数年かかるところを一日で教えていただきました」

 

033

 

ばれんの違いと使い方、選び方が分かったところでと

鬼の匠、「薄い皮の方が良い」と

ばれんを包む竹皮の包み方を伝授。

貴重な皮白竹の皮もプレゼントしてくれたのだ。

「なくなったらまた送るから連絡してくれ」

鬼は実は優しかった。

 

037

 

正直、ばれんにスポットを当てた番組、

に限らず記事等を見たのは初めてである。 

眞鍋さんに限らず驚きだらけ。

こういうとこもこの番組のイイとかもしれないね。

 

|

« 2017年5月 | トップページ