« 子育てに学歴不要と眞鍋さん | トップページ | 母の気持ちになって眞鍋さん涙の「行きたい人応援団」 »

2017年3月 2日 (木)

語りだしたらきりがないお好み「応援団」

 

ふと我に返れば二週間前になってしまった

前回の「ニッポン行きたい人応援団」。

なんたってイギリス人ジェリーさんは

お好み焼き大好きだっせのご招待。

そらこっちも言いたいこと山ほどおまっせの回だったもんで

かえってまとめるのが難しいというものだ。

 

005  

 

事前にリサーチしておいた名店を回るのだが、

うん、この店はこうだよね、

蓋して蒸し焼きって店もあるある、てか当方もやるぞ。

 

街行くオッサン、オバハン、お兄さん、お姉さんに

お薦めの店を紹介してもらったりするのだが、

そんな質問されたらウチのが、いやワシのが一番

って答えるだろうと思ったら案の定。

 

それではと自宅までお邪魔してみると

家族でも作り方が違う。

大和芋を使うと粉はほとんど要らないね。

面倒な時は大和芋とチーズ、ベーコンだけで

ピザっぽいお好み(芋焼き?)を作ったりする。

周囲に壁を作るのも当方と同じだが、当方は

フライパンを傾けてゆすり、生地を回転させる。

ふっふっふ・・・どや

 

014
  

てなことでジェリーはん、どうやら

当家の至近距離までおいでになっていたようである。

 

だが、スタジオの眞鍋かをりさんが

「あそこ行ってくださいよ」と食いついていたのは

御年80歳超の御夫婦が営まれている路地裏の店。

ほとんどのメニューが500円って安っ!

ワンコインお好み。

 

012

 

「めっちゃレトロですやん」とジェリーさん。

戦後の焼け跡から立ち上がり、

今日の礎を築いた方々の店なのである。

作るはおでんのジャガイモ入り豚玉。

ほくほくポテトのぬくもりは

地道にコツコツと歩んでこられた老夫婦の人情の温かさか。

 

010

 

「フライ返しでやってた」(眞鍋さん)のジェリーさん、

お好み焼きの道具もあれこれ御購入。 

ほしたら道具屋筋のオッサン、えらくまけてくれたよ。

「ロンドンで店出したら教えたって」

ノッティンガムの人なんだけどね。

 

002

 

てな訳で今夜も2時間スペシャルだ

(その後、クローズアップ現代+にも出るよ)。

 

|

« 子育てに学歴不要と眞鍋さん | トップページ | 母の気持ちになって眞鍋さん涙の「行きたい人応援団」 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)」カテゴリの記事