« 取り敢えず吉と出たか阪神大賞典 | トップページ | どんな時でも栄養バランスは大事と眞鍋さんの「ビビット」 »

2017年3月22日 (水)

冴えたのはギャグか推理か「ナゼそこ日本人」の眞鍋さん

 

002

 

いやぁ~73歳というのに学校に

「到着したら縄跳びしなくちゃいけないし」 

大変ですなぁって感じの眞鍋かをりさんは「世界ナゼそこ日本人」

だが、その翁、ネパールに87校も学校を作った

というのだから半端ない。

 

しかし何故?どうやらネパールにある

娘さんの墓所と関係あるらしい。

そこで眞鍋さんの推理だが、ふむ、大学時代から

ネパールに援助に入っている友人がいるとな。

 

007

 

娘さんもNGOか何かで活動していたのではないか。

しかし翁は「日本で幸せを見つけよ」

と反対をしていたのだが、

娘さんはネパールで何らかの原因により死去。

 

010

 

後悔した翁は娘の遺志を継いだのではないか・・・

 

名推理である。だが、現実はもっと厳しかった。

難病を持って生まれた娘さんは

看護師として世に貢献する夢を持ちつつ、

それを果たせぬまま、

闘病に明け暮れた短い人生を閉じたのであった。

 

ネパールと翁を結びつけたのは

娘さんと同じ難病の子供が

治療のために来日したというニュース。

羽ばたくことのなかった娘さんの夢を果たすのに

日本である必要はなかったのであろう。

 

 

お次はUSA・・・なのだが、何故か

英国製のアボット自走砲やチーフテン戦車が暴れ回る。

当然、運転席も右側だが、アメリカ人が

ちょっとのレクチャーで運転できる施設があるらしい。

さらに驚いたことにその施設、日本人とは一切関係ない!

どーゆーこっちゃ

 

018  

 

で、本題の日本女性はアメリカで

ナイジェリア人の夫と暮らす。

そのオカンが移住したのに母国にこだわり続け

なにかと教えたがるのだが、

ヤギ料理を作ると言って購入したのが

まさかの生きたヤギ。

 

「こりゃきついわ」と眞鍋さん。

自宅で山羊を絞めるところから始めるというのだから

沖縄のオカンでも今時そこまでやる人はいないだろう。

血抜きしないと臭みが出るしなぁ・・・

 

だがこの日本人女性、

家を放り出されても泣いてすがることもなく、

自分で職を見つけて自力渡航を果たしたのだから

 

022  

「あの生き抜くパワーがあれば」と眞鍋さん

「多分、何年か後には余裕でヤギをさばいている 」

と断言するのでありました。

 

|

« 取り敢えず吉と出たか阪神大賞典 | トップページ | どんな時でも栄養バランスは大事と眞鍋さんの「ビビット」 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)」カテゴリの記事