« 楽しむ時は思い切って、と「ビビット」眞鍋さん | トップページ | 語りだしたらきりがないお好み「応援団」 »

2017年2月28日 (火)

子育てに学歴不要と眞鍋さん

 

「好きか嫌いか言う時間」に出演の眞鍋かをりさん。

高学歴ママとしての登場だったのだけど

「母親に最も要らないのが学歴」とズバリ。

   

002  
  

「1年4カ月しか子育てしてないけれど」と眞鍋さん

「学歴が活かされたことは1回もない」

「お母さんに求められる能力に学歴は通用しない」

 

子供が大きくなったら分からないけれど

とは言うものの、

 

親が子供に勉強を教えるのはせいぜい小学生までだろうし

大学で学ぶ知識や理論を教える機会はまずなかろう。

その頃には子供も成長していて

「古いわオカン、その説は〇年に△博士によって否定されてるよ」

なんて言われかねない。

 

進学や受験のアドバイスったって

子供には子供の意志や希望があるし

試験の中身や傾向はその年によって変わるから

親がアドバイスできることなんてそう多くはないんじゃないかな。

人生経験の多寡を決めるのは年月であって学歴ではないし。

 

013

 

「選択肢が広がるというけれど」と眞鍋さん

「そうじゃない方を切り捨ててる気がする」

「なんの選択肢なの?」 

 

エリート街道枠内限定の選択肢?

だから中卒者の経験を馬鹿にするのか、

人工知能の進歩で秘書なんて仕事はなくなるとか

自動運転でトラックドライバーは不要になるとか、

要らぬ知ったかぶりで墓穴を掘ったオバハンも。

 

スケジュール管理だけならいざ知らず、

調整が必要になったらどうする。

人工知能が先方に電話して

「お前んとこは後回しにするから日取り変えろや」

って言うのか?

国会議員の地元秘書がロボットで、

有力支持者のとこにのこのこ出かけて

「選挙の折はおおきに。

ほんで、今度地元に戻った折には・・・」って相談するの?

 

トラックドライバーの仕事が運転だけだとでも?

伝票を確認しながら間違いなく荷物を積み、

先方に降ろさねばならん。

自動運転トラックがスーパーやコンビニなど、

この店にはアレとコレ、あの店には・・・

と確認しながら荷降ろししてくれるのかね。

 

中途半端な知識だけあって、人生経験のなさ丸バレだよ。

よってこの勝負、眞鍋さんの圧勝である。

さすが横国大・・・アレ?

 

|

« 楽しむ時は思い切って、と「ビビット」眞鍋さん | トップページ | 語りだしたらきりがないお好み「応援団」 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)」カテゴリの記事