« 笑う門にはなんとやら | トップページ | 果たせぬ野望もおまっせと競馬BEAT »

2017年2月25日 (土)

まぁるくても限度があるよと眞鍋さんのサンカクなきもち

 

さてっと、眞鍋かをりさんの連載「サンカクなきもち」

今回は「公共の場での授乳はマナー違反ではない」の巻。

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=10007&page=1

そう言われて思い返してみたのだが・・・これはイカン。

そーゆー場面を目撃した記憶がない。

全くない訳ではないが、あまりに遠い過去のことで、

それが公共の場だったか親戚の家の中だったか定かでない。

 

てなことで手近な母親たちに尋ねてみると、

皆さん「あるよ」と答えるのだが、

三児の母(一番下は4歳)の

「子供にうるさい人もいるしね」

て一言にははんと思った。

 

当方も自分だってまだガキだった中学生時分から

「ガキうるせー」派だった。  

とはいえ、子供が静か過ぎると変だし不安にもなる。

そもそも自分だって十分うるさいガキだった訳で、

映画館の前の席に座ってたお兄さんに

「静かにせーよ」とすごまれた、否、注意された時は

「やっぱり」「そろそろ来ると思ってた」

なんて思ったもんだ。

 

今、献身的に看護してくれている

21歳の巫女ナースが小さい頃

「ガキうるせー」とかわめいて張り倒してでもいたら、

申し訳なくて頭が上がらないではないか。

社会の明日を担うのは子供たち

なんてことは分かり切ったことなので

「ガキうるせー」ではなく「静かにせーよ」

にとどめておいた方がいい。

 

だが、そもそも「ガキうるせー」の「ガキ」に赤ん坊は含まれない

・・・はずだ。泣くのが赤ちゃんの仕事だし。

泣いてる赤ん坊を放ったらかしにしている母親の方が問題。

「オッパイあげたら?」と注意した方がいいだろう。

でも、それではと授乳したらしたで

「マナー違反だ」なんて言われたら

どないせぇっちゅうねん!

ってことになろう。

 

目のやり場に困ることより子供の成長の方が圧倒的に大事だ。

「授乳する権利を主張して」

スクランブル交差点の真ん中で座り込み授乳

なんてとこまで母親が追い込まれる社会に未来はないしね。

 

ところで眞鍋さん、先月生まれたばっかの

犬山紙子はんの子にも会いに行ったそうな。

すぐケンカ腰になって絡みにくい紙子はんだけど、

少しはまぁるくなるのかな?

生まれたばっかに比べれば当然のように

すっかり大きくなった様子の愛(まな)ベイビー。

乳離れしたらきっと眞鍋さんの衣装も変わるはず。

括目しよう

(いや、せんでええがな)。

 

|

« 笑う門にはなんとやら | トップページ | 果たせぬ野望もおまっせと競馬BEAT »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事