« 謹賀新年、だけど「応援団」 | トップページ | 超絶苦労人の再会旅だった「行きたい人応援団」 »

2017年1月 3日 (火)

さすがの眞鍋さん的に「NEWSな二人」

 

003

 

何それ「ジャニーズ偏見?」と爆笑の眞鍋かをりさん。

何でも「ジャニーズだったらバク転できるだろう」

と言われるらしいのだが、NEWSな二人はできないとか。

 

てことで、これは昨年放送された、と言っても29日の

「NEWSな二人SP」の一コマ。

愛媛出身の眞鍋さんも

「蛇口からポンジュース出るんでしょ?」

って言われるらしい。

お茶が出る街と混同してるのか。

 

004

 

面倒なので、眞鍋さん、最終的には

「そら出まんがな、タダで飲み放題でっせ」

ではなく

「出ます」

と言うそうな。

 

なんでそんな話になったかといえば

ハーフ…とは言って欲しくないそうなので

混血と分かりやすい日本人タレントの方が

蕎麦好きなのに 、それを言うと

「ハーフのくせに」

みたいな言われ方をするということから。

 

ふぅむ・・・・それではアメリカ人に

「日本人のくせにハンバーガー食ってんじゃねーよ」

って言われたらどうするんだろう。

その他にも笑いごとにならない差別体験が多く出され、

教師は何しとんねんとか自分のガキの教育に悪い

って分らんのかって親もいたりだ。

「耐えろ」で済む話ではない。

 

差別と偏見、悪意や憎悪などの負の感情は誰の心にもある。

だから掟や道徳、宗教が生まれ、

人々はそれらと戦い続けてきた。

なぜなら、そもそも人間は助け合わなければ生きていけない。

他者への思いやりや労わりは、遠く原始の時代から

生き抜くための正常進化として育まれてきた

進化と繁栄の必須要件だからである。

 

差別と偏見を自己確立に利用するのはファシストだ。

俺は凄い。あいつはダメだ、そいつもダメだ。

俺はこいつらより優れている・・・

「日本は凄い」もいいけれど、

凄いのは日本だけじゃないことも知っておこう。

でないと海外旅行がつまらなくなるよ。

 

007  
   

「え?未婚シングルマザーの方が多いの?」

と、眞鍋さんが驚いたのはスウェーデンの例。

まぁあの国は歴史的に見て特殊なので

あまりスタンダードにはならないと思うけど・・・

 

とはいえ、人の生き方はそれぞれなので、

離婚・死別のシングルも未婚シングルも

法的権利、行政施策は平等であるべきだろう。

でも、賛否を問う提案は「婚姻届けの廃止」

だったので眞鍋さんは反対。

その理由は

 

017
  

「今ある制度をなくすよりも、選択肢を増やして

選べるようにした方がもっと素敵」

 

眞鍋さんらしい角を丸めた言い方だけど、

これにはシングルマザーの皆さんも頷くことしきり。

眞鍋さん、さすがの総括だった。

 

|

« 謹賀新年、だけど「応援団」 | トップページ | 超絶苦労人の再会旅だった「行きたい人応援団」 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)」カテゴリの記事