« 「こらぁクソガキ!」も愛を込めて | トップページ | 眞鍋さんの劇団四季舞台裏訪問再び »

2017年1月29日 (日)

旨そうなのは眞鍋さんの玉子焼きと「ビビット」

 

ウムッ!栄養価が高く昨今話題の甘酒、

眞鍋かをりさんは料理に使っていたのか。

 

003
  

「眞鍋さん、使ってそうですね」の振りに

「使ってますよぉ~」と眞鍋さん。

「私はお料理に使ってるんです。お砂糖代わりにも使えるし…」

 

実は眞鍋さんの連載「サンカクなきもち」

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9823

最新回にその実物画像が載っている。

 

コレだ

 

Photo

 

眞鍋さんお手製御節風離乳食。

といってもどれがどれだか分からないので再度

コレだ

 

2  

 

「玉子焼きに入れるとふわっふわになるんです。食感が全然違う」

と眞鍋さん。

これは愛(まな)ベイビーに独占させておく訳にはいくまい。

 

さて、男性保育士に女児の着替えなどして欲しくない

という人がいるそうな。

けっけしからん!国家資格を何やと思うてけつかんねん!

と息巻く前に眞鍋さんの意見。

 

002

 

「私は信頼してるし気にならない」としながら、

一部にそうした考えの人がいることも理解できる。

女医を売りにした産婦人科医院のように

女性保育士だけの園があってもいい。

これまた双方を立てる眞鍋さんらしい意見だ。

 

考えてみりゃ「まぁまぁそう熱くならずに」と

両論の間に割って入り、

円くまとめる大人がめっきり少なくなってしまった。

眞鍋さんはそんなぎすぎすした現況を憂いているのだろう。

 

 

ところでアパホテルの南京虐殺なかった本の件、

「日本には思想信条の自由がある」なんて意見があったけど、

そういう問題か?

相手がある話だってこと忘れてないか夜回り先生。

 

南京戦に参加した16師団の元兵士に

実直で仕事一筋の職人さんがいた。

世間のことにはとんと疎い方だったので

「南京で虐殺はなかったと言ってる人がいますよ」

と教えると

「馬鹿な!」と血相を変えて吐き捨てた。

「相手がおるのにそんなん通用する訳ないやろおっ!」

 

南京で虐殺があったことは学術的にも決着済み。

30万人だろうが3千人だろうが同じこと。

「国論を二分する問題」などではない。

第一、日本だけの問題じゃないのに「国論」って変でしょ。

殴っておいて「知らないよ」では

「なんだとおっ!」となるのは当たり前だ。

中国に文句言う前に考えるべきことがあるだろう。

 

|

« 「こらぁクソガキ!」も愛を込めて | トップページ | 眞鍋さんの劇団四季舞台裏訪問再び »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報4)」カテゴリの記事