« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

最終章を迎えて

 

眞鍋かをりさん、少しずつだけど

順調にお仕事を増やしているようだ。

そういえばコレ

 

004

 

眞鍋さんが出演していた「ガッテン」。

普遍性のある内容で時間が経っても古くはならないので

いつかちゃんと記事にまとめたい。 

 

でも、これまでのように眞鍋さんのお仕事を

丁寧にブログに反映させることは難しい。

特に現状は不可能状態。

 

サルモネラだかコレモクレヤだか知らんが

妙なのに感染したらしい。

脚は異常な浮腫で変形し、

重くて自力ではベッドに乗せることもできない。

 

だが、これらは治せるか治せる可能性がある。

他方、僅かに動くだけとなった脚や

ほとんど機能を失った右手はどうにもならない。

 

だけど最後の最後まで眞鍋さんの人生に勝手に伴走し、

余計なお世話の声援を送り続けたい。

どこまでできるか分からないが

力の不足は無い知恵絞って工夫しながら

握力ゼロの左手で最善を尽くしたい。

 

|

2016年11月23日 (水)

また一つまぁるくなった眞鍋さんの「サンカクなきもち」

 

やぁやぁ眞鍋かをりさんにもご近所のママ友ができたか。

イメージから来る不安は杞憂だったようで

いい人ばっかりだとか。

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9495&page=1

 

ママ友の皆さんも実は「ワッ眞鍋かをりだ」とか

「目力淒っ」「足首細っ」とか思ってるかもしれないけどね。

ママ友いなくても大丈夫と思ってた眞鍋さんも

いざできてみるとやはり心強いもののようだ。

 

それにしても眞鍋さんが聞いた(聞こえた)

ママ友についての愚痴が笑える。

「どんな」車に乗ってるか訊いてるのに

自慢たらしく「メルセデスのE」って答えやがった

と息巻いていたというのだ。

「それはイーですね」とか返す余裕が欲しいぜ。

 

眞鍋さんだったら?

「ウチは大八車ですわ。カブで引っ張りまんねん」

くらい言ってやったらどうか。

過去に一度、八王子界隈で見付け、

その大胆さに驚愕したことあるし。

 

一年経って着実に進化しているママ鍋さん。

プロが作った離乳食の写真に

うーたんが添えられてるところがフフッとくる。

 

|

2016年11月22日 (火)

「世界ナゼそこ日本人」の眞鍋さん

 

先週は「世界ナゼそこ日本人」にも出ていた眞鍋かをりさん。

 

001

 

でも画像だけでい~だろう。

手抜きって訳でもなくて喋ったのはVIPだけだったし。

 

003

 

「初めて聞く国」というギニアビサウ。

当方も知らなんだ。

 

日食を知らずに大騒ぎ。

スタッフが説明すると、ほほうと感心する訳でもなく、

なんだ太陽が壊れたんじゃなかったのかと帰ってしまう。

教育レベルは知的好奇心にも影響を与えるのか。

 

こんな国だからピーナッツ栽培を教えても

できたできたと収穫を全部食っちまう。

それでもしぶとく教えていたらやがて花が咲き実を結ぶ。

でも、その時、指導した日本人は既に病に倒れ帰国していた。

 

あれから4年、既に84歳だが、

2年後には立てるようになる。

その時、再び現地に行くのだと意気軒高である。 

見習いたいけど、見習えない(立てるようにはならない)。

 

006
  

平原綾香さんとのツーショットは珍しいので記念に。

 

|

2016年11月21日 (月)

お久し振り!晴れやか眞鍋さんの「がっちりマンデー」

 

003

 

「お久し振りですーっ!」

晴れやかな表情で登場の眞鍋かをりさん。

「がっちりマンデー」はホント長らくの具無沙汰だったね。

「ママになったね」

「ママやってます」

愛(まな)ベイビーも早1歳だ。

この調子だと来月には2歳になってるかも(な訳ない)。

 

006_2

 

この日はスペシャルな市場特集。

コンピューター入札のシステムは

英BBCホイーラーディーラーズのマイクが驚いていたもの。

意外に海外ではやってないらしい。

 

中古オフィス家具の売れ時は選挙の時。

それもボロの方が庶民派イメージがあっていいんだとさ。

 

009

 

「そこから始まってるのか~」と苦笑の眞鍋さん。 

 

間伐材が売れるようになったのは

バイオマス発電のお蔭らしい。 

「最近電気の乗り換えのお誘いが来るけど

『ウチはバイオマスでやってます』

って言われたらクリーンでイメージいいですよね」

 

013

 

てなことで、このツーショットもお久し振りなのでありました。

 

 

 

ここ1週間ほどで急激に体力が衰退し、

ブログ更新を試みては途中断念を繰り返す日々。

順不同、できたもん出しで行くしかない。

そうも言ってられない「競馬BEAT」は

・・・取り敢えず一回お休み。

 

|

2016年11月17日 (木)

思い出しますラピュタ遺跡と「ビビット」眞鍋さん

 

002

 

そうですか眞鍋かをりさん、

今でもセンター試験の時のこと夢に見ますか。

そういや当方も・・・あ、センター試験なんてなかったな。

ただ試験当日が、その後今日に至るまで

遭遇したことのない大雪だったのは忘れ難い。 

でも隣の国のことはどうでもいいやね

とここは飛ばしての「ビビット」眞鍋さん。

 

003
  

トランプのオッサンがどこに住むって、

これまた大きなお世話の話。

子供の学校が変わるのが嫌だったら

「プライベートジェットで通えば?」と眞鍋さん。

猛烈に賢そうな息子だもんね。

 

で、日本の総理がTPPよろしくと会いに行く。

国民皆保険は10年後を目途に廃止され、

薬価は3割から10割負担になる

米企業に不都合な法律や安全基準は見直し、

例えば軽自動車は普通車と同じ扱いに等々

重要な疑問がほとんど議論されないまま慌てて批准し、

こちらから締結をお願いしに行くって、まぁ正気とは思えない。

 

で、総理が持って行く手土産に

ピコ太郎公認パーティーグッズはどうだと番組提案

い~ではないかと思うのだが「ダメダメ」と眞鍋さん。

 

005

 

「それも違うと思います」と言われてしまったよ。

 

大阪花博跡の公園に廃墟があるのか。

コスプレイヤーに開放され、聖地化してるとか。

ならば危険防止程度の補修が必要だが、

廃墟感を生かした演出が要るな。 

 

009

 

ジブリ系はココが似てるあっこもええでと意見交換があり、

眞鍋さん、あのカンボジア旅行の際に立ち寄ったとか。

現地ガイドもラピュタに似てると評判になってから

日本人観光客が増えたと語っていたそうな。 

「新しい価値がプラスされるのはいいことですね」

 

しかし、アクセルとブレーキを踏み間違えて

仮免落ちたことがあるってホンマかい。

MTオンリーの当方にはどうもピンと来ないが

気を付けましょう。

 

|

2016年11月13日 (日)

やっぱり怖いデムーロはんとエリ女杯

 

003

 

{さぁ兄さん、今日から7週連続のGⅠですわ」

「息つく間ぁもないね」

「息せなんだら死にますがな」

「まぁ・・・しっかり息をして・・・」

「ボサッとせんようにしましょか」 

 

てなことで第一弾はエリザベス女王杯の「競馬BEAT」

クイーンが二頭に労働者階級までいる多士済々の顔ぶれ。

マリアライトとミッキークイーンの二強、そして

ライアン騎手騎乗のタッチングスピーチが

スタジオの話題を独占しているが、

こういう時に怖いのが三番人気

クイーンズリングのミルコ・デムーロはん。

 

005

 

川島モアイ像の予想でも

クイーンズリングをマークはしていたのだが・・・

 

終わってみればゴールと同時に鳴り渡ったのは

デムーロはんの歓声。

「ヒヤ~ッホウ!」

スー族の戦士か。

 

ラスト直線、周囲を囲まれた格好のクイーンズリング

だったのだが、内に入れて活路を開くと

一瞬の加速を生かして鮮やか也のトップチェッカーであった。

 

001

 

「兄さんも馬単にこだわらなければ・・・」

「いやっここは男の意地を貫いて」

「すったら元もこもおませんやん」

「それも勝負の醍醐味っちゅうやつで…」

「顔が悔しそうですよ?」

「気のせいや」

「あぁなるほど・・・エーッ!」

「また来週っ」

 

|

2016年11月12日 (土)

七五三で忙しい人

 

「おっ、貧血の巫女さん」

「なんですのん、金欠のオッサン」

「そら貧乏神やししゃあない・・・ゆうてる場合か」

「そやからなんですのん」

「物忘れが急に激しくなったんちゃうか」

「認知症ですわ」

「は?」

 

「今日も部屋の窓開けっ放しで出てきて…」

「家帰って知らんオッサンが酒呑んどったらどうすんねん」

「肴でも買うてくるしかないですねぇ」

「こけし泥棒やったら?」

「叫ぶしかないですねぇ『こう見えて私は人間やっ!』って」

「なるほど。対策は万全やな」

「ですね」

 ・・・・・・・・・・・・・

 

「いや、落ち着いてる場合ちゃいますがな」

「家に誰もおらんのか?」

「オカンがいるんで電話して・・・」

「こけしのオカン?」

「そうそう、足がないから二階に登られへん・・・訳ないでしょ」

「いずれにせよ困ったこっちゃ」

「寄る年波には勝てませんわ」

「せやなぁ巫女さんも齢を重ね・・・まだ21歳やないかいっ!」

 

「そんなことより○×神社の神楽奉納は何時やねん」

「朝からずっとやってますわ」

「は?」

「うっとこは七五三一件しか入ってないんですけど」

「日曜なのに?」

「お昼には撤収ですわ」

「○×神社はウイークデイというのに大賑わいってか」

「倒れるかもしれません」

 

「まぁ景気づけにワシが見に行ったら」

「え~・・・オッサンおったらワロてまうやないですか」

「いよっと掛け声かけたるわ」

「要りませんってそんなん」

「『なんでやねんっ!』とか」

「なんで突っ込まれなあかんのですか」

「ほなボケかましたろか」

「やめてくださいっ!のってしまうやないですかっ!」

 

「神さんが憑依しとんねんから平気やろ」

「それはいわゆる・・・」

「ここは『せや』言うとこうや」

「せやっ!」

「乗り突込みの神さんやったりして」

「そうそう・・・なんでやねん!」

「知らんけど」

「おぇ~い!」

「おあとがよろしいようで」

「終わりかいっ!」

 

「まぁコケんように倒れんように気張りや」

「もう疲れましたわ」

 

|

2016年11月10日 (木)

烏帽子もいいけど海の幸もねと「行きたい人応援団」

 

さては今週は「行きたい人応援団」お休み

ということで先週のおさらいなど。

日本の中世の衣装が好きというアメリカのオッサン、

中でも烏帽子とはまたピンポイントな。

 

でも当方も、三角帽子から二角帽、円筒帽という

18~19世紀欧州の帽子の変遷に興味を持ったことがある

ってことであながち分からなくもない。

 

010

 

てことでアンクル・エリオット、

自前の衣装で長岡市の米百俵祭りに参加。

衣装のクオリティが高いと特別に参加が許可された

・・・ってのは招待したテレ東の粋な計らい。

エリオット氏の登場でにわかに雨が上がって青空に。

晴れオッサン・・・じゃなくて晴れ男だとえらい人気ですがな。

 

013

 

オオッ、いいポジション貰っているではないかと

スタジオの眞鍋かをりさんも大喜びのお祭り参加だ。

以仁王の側近って役回りだったらしい。

 

さて、肝心の烏帽子つくり。

数少ない職人を尋ねて富山に行くと

その軽さに驚くエリオット氏、「素材は何ですか?」

そうまでいうなら教えてしんぜようと案内された先にあったのは

 

022

 

「エーッ!」と驚いたのはスタジオの眞鍋さんたちだが、

オッサンも心中「な、なんと」と思ったに違いない。

100~150年前の古書。

薄く丈夫な和紙なので最適なのだ。

 

これを糊で張り合わせ、独特な表面のシボを付けるのだが

「え!手でやってるの?」と眞鍋さん。

錐の先で一つずつ紙に皺を寄せてゆくのだ。 

やってみるかと勧められたエリオット氏、

「穴を開けてしまいそうです」

いやいや、錐の先は丸めてあるし大丈夫だよ

と職人さんは言うのだが・・・

 

028

 

「既に二つ穴を開けてしまいました」って

どやねんそれ。

 

不器用とは言わないが、ま、飲みなはれということで

「富山はお魚おいしいんだよなぁ~」と羨む眞鍋さんを尻目に

富山といえば鰤だっせ、いやいや、甘海老にのどぐろもおま

と高級料亭並みの大盤振る舞い。

羨ましいぜ。

 

043

 

そして、いかにもって感じで

絵本から飛び出してきたような鵜匠の親方と御面会。

長良川の鵜匠は国家公務員で世襲制とは知らなんだ。

その烏帽子は一枚の麻布を巻いて作る風折烏帽子。

 

048

 

てことで本物の鵜飼を船上から間近で見る幸運。

ワシも岸からしか見たことないっちゅうに・・・

オッサンが鮎を食ったか否かは定かではない。

 

|

2016年11月 8日 (火)

予言的中眞鍋さんの魔ジック

 

さぁこれは本来いつ放送されたものなのか

忘れてしまったけど当地での放送は先週だったし

書いておこうではないか眞鍋かをりさんの活躍

「キスマイ魔ジック」

 

下北沢と渋谷、どっちのカップルがカメラの前で

気軽に長時間キスしてくれるか

という超ユルユル企画だけど

 

001
  

何故か下北凄い説の眞鍋さん。

毅然として語るのだ。

 

002

 

やると決めたら根性見せるのは下北だ。

ホンマかいっ!?

 

でも、肝心のインタビュアーが

「人見知りなんで」と今イチ押しが弱い。

しっかりせーよと眞鍋さん

 

003

 

声援なのか突っ込みなのか。 

しかし、前半戦の結果は下北不利。

だが、信念を曲げない眞鍋さん、

再び毅然として語るのだ。

 

004

 

下北には凄いキスモンスターがいるのだふっふっふ・・・

ホントかなー、ギャグじゃないの?

なんて言ってたら、出たよホントにモンスター。

ポケモンGOもビックリのモンスターぶりで

眞鍋さんの指摘ドンピシャの下北勝利となった。

いやぁ~歴史に残る一戦であった。 

 

|

2016年11月 6日 (日)

びっくりルメールと競馬BEAT

 

002

 

「さぁGⅠひと休みということでほっこりと」

「ところがそうもゆうてられへんのですわ兄さん」

「なんかあったん?」

「ルメール騎手が10レース連続連対達成しはるかもしれせん」

「ほんまかい」

 

004

 

「ゆうてる間に達成しはりましたわ」

「アルゼンチン共和国杯で勝ったら・・・」

「一日8勝の日本記録タイですわ」 

 

てなことでの「競馬BEAT」だが、

世の中そううまくはいかないもので

シュヴァルグランがアルゼンチンCを制した。

馬主は大魔神・佐々木氏。

 

008

 

「大魔神がルメールを止めたね」

「大魔神は走ってませんけどね」

「まぁ大魔神が走ってるとこ見たことないわな」

「怒らないと動きませんしね、そもそも」

「それ、映画の大魔神やろ」

「あんなんに走られたら地響きうるさぁて苦情来ますわ」

 

「そんなことよりエライことですわ兄さん」

「今度はなんやねんな」

「シャンプーハットの変態さんがみやこステークス」

「エッ!当てた?」

 

011

 

「1着予想を当てて馬券を外すという」

「さすがのはなれ技やね」

「兄さんはかすりもしませんでしたね」

「な、何でやねん、ルメール騎手の記録達成レースを」

「また来週ーっ!」

「モズライジンッ!」

 

|

2016年11月 5日 (土)

「ビビット」眞鍋さんはすっきりと

 

柔道の松本薫選手、同じ名字の相手と結婚したそうな。

「名前が変わると地味に大変ですからね」

と「ビビット」の眞鍋かをりさん。

 

008

 

保険、年金、運転免許とかパスポート、

通帳も変更手続きが必要になるんだろうなぁ。

ママでも野獣、妻でも野獣ってどやねんだが

「母親になったら野獣みたいになるので」って眞鍋さん、

なりふり構ってられないって意味かな?

 

ちなみにお隣の三輪弁護士

自分からプロポーズしたのでされたことないそうだが・・・

 

002

 

爆笑の眞鍋さんに対し冷静なMC真矢ミキさん

「色々なことが起こる時代です」

ふむふむ・・・え?・・・どーゆーこっちゃ!?

てか、眞鍋さん、ますますスリムに・・・いや、やめておこう。

比べちゃいかん。

 

マンボミュージシャンのパラダイス山本さん、

いつの間にか餃子屋さんになっている。

一日一組限定、会員募集は既に締め切りって

うぅ~・・・マンボッ!ゆうてる場合ちゃうがな。

 

014

 

同じ一日一組限定でも古民家和食に惹かれる眞鍋さん。

主人一人なので食器を片付ける人手がなく、

料理が変わるたびに部屋を替える。

景色が変わるしいーではないか。

でも、2年待ち3年待ちだと予定してた相手と別れてるかも 

「違う相手と行ったりして」

 

違う相手がいればいいけど、いない場合は

・・・一人で行く?

まぁそれはそれでおつなものかもしれないね。  

 

015

 

てなことで食品サンプル転じてアクセサリー装着の眞鍋さん。

そういえば食品サンプルもめっきり見なくなった(写真が多い)。

眞鍋さんが着けてるのはとろろ蕎麦?

結構いい値がするらしい。

 

012

 

 

さて、一日4万人も利用するのに個室トイレ8室ってどやねん

と眞鍋さんも驚く日本一のバスタ。

 

15年前の計画当時より長距離バスの数が5倍に増えて・・・

確かに東京-大阪間1800円は激安。

でも深読みしてゆくとこの15年間、

先進国で唯一経済成長しない国、

実質賃金が下がり続け

社会保障、税負担が増え続けている国の

様々な庶民事情が見えてきそうだ。 

 

累進税率を旧に戻して戦略部門に投資を誘導する

しかないと思うんだけどね。

昔やったように。

資本は余ってるので外資に頼る必要はないんだし。

 

|

2016年11月 4日 (金)

対策考え中

 

さて困った。

赤ちゃん夜泣きで・・・は困っていない。

当家に赤ん坊はいないしオッサンは夜泣きしない。

木、金は作業時間が取れなくて

ブログ更新ができないのが困ったな。

 

昨日は「ビビット」も「行きたい人応援団」もあったのだが      

か、書けないぞ、ムムム…

これから巫女さんと漫才をしに行かねばならないし

戻ってくるのは夕方か・・・

 

できないことが増えてゆくのは仕方ないとして

対策を考えないとなぁ・・・

 

|

2016年11月 3日 (木)

河童はいないが酒はある

 

杉崎美香りん姐さんのCM出演、律儀な姐さんらしく

O.Aスタート(本日)を待ってのブログ報告。

http://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12215968386.html?frm_src=favoritemail

 

ひとつ残念なことは

当家周辺に河童は住んでおらず、

徒歩1分の場所に○○ローがあること。

困ったぜこれは。

この業界も競争は激しいらしく色々こっちも工夫しているが

カッパさんが仕入れ先を苦労して確保した

ИKУPA(いくら)はない。

 

弄れにせよ寿司を食う機会が増えると(安いので)

やっぱ焼酎やブランデーではなく日本酒ってことになる。

が、同じ味は二つとないので選ぶのに困る。

法改正前(30年くらい前か)なら「親爺っ、熱燗っ!」

で済んでいたんだけどね。

 

ワインも多彩だけど、

ワインと利き酒師両方の資格を持つ美香りん姐さん

心の中でバースデー寿司に何を合わせていたのだろうね。

 

|

2016年11月 2日 (水)

美香りん姐さんCM動画公開中

 "

オオッ!動いてる杉崎美香りん姐さん、

久し振りだなぁ~

姐さんがナレーションをしたかっぱ寿司のCM。

 

">

 

「新かっぱ実感キャンペーン」の一環とかで

特設サイトも開設されていて、その他諸々の動画も公開中。

https://www.kappasushi.jp/honki/

 

個人的に美香りん姐さんの中低音が好きなので

ちょっとグッとくる。

収録は先月だったみたいで寿司ケーキでバースデイ。

見た感じ、体重も戻ってるみたいだし

爆食いしても問題なさそう。

お酒はまだ当分お預けだけどね。

 

ちなみに、CMのオンエアは明日から。

 

|

2016年11月 1日 (火)

世界王者の貫禄は師匠級だった天皇賞

 

さて、今年の秋の天皇賞、

故あってリアルタイムで観られなかったのだが

世界の逃走王と世界のマイル王の激突は、

後者モーリスの勝ちであったか。

 

映像を見ると、逃走王はパドックから興奮気味。

「こういう時はあんまり良くない」なんて話もしてる。

スタートが良ければ行くだろうけどって指摘もあったけど、

そのスタートでおよよっとよろめく感じ。

先頭には立ったものの斜め後方から真後ろから

蹄の音も近くざわついている。

 

二段ロケット点火なるかと思ったけど、

5~6番手でじっくり様子を窺っていたモーリスが

一気呵成のスパートで皆の衆を蹴散らしてしまった。

 

010

 

「競馬BEAT」のスタジオでは、

直前に逃走王の評価を下げ、忘れちゃいけない

リアルスティールを入れた宮川一朗太さんが見事的中。

 

ルージュバック推しだった川島モアイ像、

いやぁ~、その気持ちは実に良く分かる、ってか

当方もここらで本領発揮を期待していたのだけど

モーリスが強過ぎたね。

 

008

 

「ゲート入りから落ち着いてて師匠みたいやったね」

「真打ちの貫禄でしたね」

「次は香港という話もあるけど」

「見事、トリを飾って欲しいですね」 

「なるほど、最後のレースやし・・・えらいええこと言うやん」

 

005

 

「えと・・・台本に・・・」

「書いてあった?」

「答えは次週」

「なんでやねん!」 

 

|

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »