« 怪物少女も来ました競馬BEAT | トップページ | 眞鍋さん、愛媛県観光大使に就任 »

2016年10月10日 (月)

災難転じて福となるか

 

「おっ、巫女さん、えらい災難やったらしいやないか」

「そーなんですよぉ街歩いてたらバーンって」

「撃たれた?」

「撃たれたら病院にいてますがな」

「110番はしたんやろ?」

「なかなか来てくれませんねん、それが」

「『エッ!どこでっか?』みたいな?」

「『だからぁ~Bスーパーの前の通りを~』みたいな」

「あぁ安うて人気の店や」

「今日は特売日なんで特に・・・」

「何が安いん?」

「バナナひと房76円」

「おっそらええわ、すぐに行きまっさ」

「ゆうてる場合やないと思うんですけどねぇ・・・」

「ビビったんちゃう?」

「まぁ犯人は逮捕されたんでそれは良かったんですけどね」

 

「巫女さん軽いし、飛ばされて溝に落ちたりせんで何よりや」

「メガネは飛ばされましたけど」

「体重45㎏やったっけ?」

「身長は眞鍋かをりさんと一緒です」

「えらい違いや、共通項があるとは信じられん」

「・・・・・・高校の時は35kgしかなくて」

「マッチ棒や」

「ギャーッ!燃える・・・じゃなくてですね」

「綿棒?」

「耳の中に頭入れてごそごそーって・・・無理あるでしょ」

「で、こけしになったんや」

「そうそう、胴長やし・・・あのね」

「何かご不満でも」

「もうちょっと優しくしてもバチは当たらんと思いまっせ」

 

「何を言うか、どんだけ心配した思うとんねん」

「ホントかなぁ・・・」

「腕のあざはその時のか?」

「いや、これは昨日、自転車乗ってて電柱に・・・」

「別口かい!?」

「前を走ってたおばちゃんのチャリがいきなりバックしてきて」

「オバハン何しとんねん」

「『最近の子は車間距離も取らへんのっ』って・・・」

「関係あるかぁ!バックするなら後方確認せぇよ」

「ですよね」

「ゆうてる場合か、ばぁーと自転車乗り捨ててやな」

「いや、それは」

「勢いやっ!『もっぺんぬかしてみぃこるるるあっ!!』」

「凄い巻き舌ですね」

「ワシを誰やと思うとんねんっ!」

「誰なんですか」

「こけしやどっ!」

「こ、ここで?」

「でやっ!ビビったやろう」

「ビビらんと思いますわ」

 

「これを持っていけ、千手観音のお守り」

「あ、清水寺」

「大西良慶和上が御存命の頃に入手したものじゃ」

「最強ですやん」

「ワシが書いた経文も入っておる」

「この白い紙?要らんのんちゃう?」

「なんやとっ!もっぺんぬかしてみぃ!」

「コルルルルルアッ!」

「もうええわ」

 

|

« 怪物少女も来ました競馬BEAT | トップページ | 眞鍋さん、愛媛県観光大使に就任 »

巫女さん」カテゴリの記事