« 優しく鋭くの「ビビット」眞鍋さん | トップページ | 近況報告にほっとしたりドッキリしたり »

2016年10月23日 (日)

世間の予想が当たり過ぎて菊花賞と競馬BEAT

 

003

 

「さぁ兄さん、いよいよ菊花賞ですわ」

「ワシに任せなはれズバリ当てまっせ」

「えらい鼻息ですね」

「そう、馬面だけに・・・なんでやねん!」 

「二度あることは三度あると」

「結果、琵琶湖の水が枯れようと・・・」

「それ困りますわ兄さん」

 

006

 

「ブラジルカップのミツバも凄い勝ち方やったね」

「水戸の御老公、なめたらあきませんね」

「三つ葉葵やそれは」 

「そろそろ兄さんの買い目行きまひょか」

 

てな感じで「競馬BEAT」だが、

スタジオでは一番人気サトノダイヤモンド推しはなし。

何故か6番人気でなめんなよのエアスピネルも視界にない様子。

こうなったら結果でぎゃふんと言わせるしかない。

 

スタートから前方集団のインにつけたエアスピネル

無駄なく回って視界良好、イケるぞ今だ

と思ったら、凄い勢いで飛び出してきたのがサトノダイヤモンド。

なんやねんそれってスピードで、こらあかんって感じ。

 

それでも追いすがったエアスピネルだが

誰やねんお前、ふっふっふレインボーラインですわ

って伏兵にかわされて3着。

しかし、あのレース運びで負けたら仕方ないね。

 

001

 

「大外れでしたね、兄さん」

「ええやん、これで近畿の水は心配ない訳やし」

「何事も前向きに捉えなあかんと」

「後ろ向きに走る競馬はないしね」

「それ、ええ話なんですか?」

「答えは次週」

「エーッ!」 

 

|

« 優しく鋭くの「ビビット」眞鍋さん | トップページ | 近況報告にほっとしたりドッキリしたり »

競馬」カテゴリの記事