« まだ続く神楽ツアー | トップページ | 盛り上がってるらしい20周年 »

2016年10月29日 (土)

軸も旨い椎茸栽培と「行きたい人応援団」

 

032

 

おっと、眞鍋かをりさん、旨そうな顔。

食べているのは椎茸の軸・・・え?軸?

そうでんねん。裂いてきんぴらにしたら旨いんですわコレが

 

「ニッポン行きたい人応援団」に御出演の

椎茸農家が手作りしていた家庭料理。

 

020

 

お手伝いしているのはアメリカから来たジェレミー氏。

リーマンショックで失業し、よっしゃと始めたのが椎茸栽培。

でも独学なので栽培方法に自信がない。

まだ椎茸栽培では生活できないが

妻はパートしながら笑顔で夫の挑戦を支えている

って、泣かせる話。

 

受け入れてくれた三重の藤原御夫妻

なのだが・・・

 

006

 

取り敢えず、ジェレミーでかっ!

 

しかし、師匠の教えに「ワオ」連発のジェレミー氏。

原木から育てているが、クヌギが一番、

8年で使えるまで育つし切った後からまた育つ。

樫の木を使ってるジェレミー「たった8年!?」

 

種菌を植えたら寝かせること8カ月、

原木に菌が行き渡ったら打撃と水だ

どーゆーこっちゃとスタジオの眞鍋さん。

雷雨の代わりじゃ、ふっふっふ、

そしたら三日で椎茸が出てきよる

「エーッ!」

 

031

 

驚きの連続だったけど、まだ終わりじゃない。

干し椎茸といえば大分県、は当方でも知ってる。

大分といえば杉崎美香りん姐さん、

姐さんとえば今月31日が誕生日。

で、眞鍋さんの愛(まな)ベイビーも今月で晴れて一歳。

眞鍋さんと美香りんベイビーの誕生月は5月だけどね。

上手いことできてますなぁ・・・

 

なんの話しとんねんってことで元に戻すと

大分には農林大臣賞17回受賞のレジェンドがいる。

 

029

 

山の中に広大、かつ神秘的なまでの椎茸畑。

直射日光を当ててはダメだが光が弱くても育たんのじゃ。

干し椎茸と生椎茸はそもそも種類も育て方も違うとは知らなんだ。

 

巨匠の作る干し椎茸はキロ当たり4万円

ってとんでもないものだが、

ジェレミー氏、お土産にどっさり貰ってしもた。

 

033

 

いやしかし、生椎茸の軸のきんぴらもおいしいよ、

と、今度はご飯付きでぱくつく眞鍋さんでありました。

 

|

« まだ続く神楽ツアー | トップページ | 盛り上がってるらしい20周年 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)」カテゴリの記事