« コケても打ち勝って喜ぶの巻 | トップページ | それぞれの課題と「サンカクなきもち」 »

2016年9月27日 (火)

虎はしくじってもタダじゃ起きないねと眞鍋さんの「しくじり先生」

 

へ~、眞鍋かをりさん、「マネーの虎」を視てたのか。

上から目線で査定する連中が癪に触った当方

数千億を動かす投資ファンドじゃあるまいし

なにエラソーにぬかしとんねんと思っていたが、

そのむかつくオッサンがしくじり先生。

なんだ破産してたのか。

 

010

 

傲慢なワンマン社長だったようで、

まぁちょっと羽振りのいい中小企業にはよくある話。 

そんなオッサンの下では「働きたくないな」っていう眞鍋さん

ストイックな人ほど自己陶酔しやすいのでは?と推測する。

 

自分一人の力で四千億稼いだピカソと違い、

事業を起こして従業員を雇えば利益を生むのは従業員。

凄い特許を持っていようと抜群の先見性があろうと

一人で利益は生み出せないのだが・・・

 

015

 

自分を過信した結果の大失敗。

潰れたイギリスの自動車会社ってローバー?TVR? 

ブランド力があって買い手に困らない

ロールスやベントレーではないだろうし・・・

 

「他にも取引先はあったでしょ?」と眞鍋さん、当然の疑問だが

オッサンはリスク分散もせずにぶっこんだらしい。

イギリスの自動車産業は斜陽著しかったので、

社運を賭けていいようなメーカーがあったとは思えないのだが

マズかったね。

 

020

 

会社倒産で去っていった社員たちが

実は有能だったことに今さら気づいたオッサン。 

眞鍋さんもしんみり聞いていたのだが・・・・・

 

027

 

なんと馬鹿にしていた社長や

冷遇していた社員の力を借りて涙の復活劇ときたもんだ。

派遣会社を興したものの人手が足りず、

自らホテルでベッドメイキングなどしていたというに。

これには眞鍋さんもびっくり仰天。

 

030

 

眞鍋さん、ホントにママ鍋さんになったのかなぁ・・・

あまりにも変わってなさ過ぎて改めて驚いてしまう。

そういや愛(まな)ベイビーは女の子って

噂から公式発表になったみたいだね。 

 

|

« コケても打ち勝って喜ぶの巻 | トップページ | それぞれの課題と「サンカクなきもち」 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)」カテゴリの記事