« オリンピックも終われば秋 | トップページ | 天使がやってきた「行きたい人応援団」 »

2016年8月20日 (土)

金と銀と紙と・・・の週末

 

「バドミントンのタカマツペア金メダルですやん」

「ワシのゆうた通りや」

「それゆうたの私ですやん」

「そやったっけ・・・って、また巫女さんかい」

 

「劇的逆転勝ち多いと思いません?」

「勝つと思うな思えば負けよ」

「負けるって思たらよろしいのん?」

「負けと思えばますます負けよ」

「どないせえっちゅうねん」

「ソーケンゴウンカイクウドイッサイクヤクシャリジ」

「巫女に般若心経唱えられてもねぇ・・・」

「明鏡止水」

「ええことゆうてるようなゆうてないような」

「まぁ雰囲気や」

「なるほど、雰囲気は大事・・・って、オェ~イ!」

 

金曜「ワンダー」では、

冒頭にタカマツペア勝利の瞬間が流れただけで

およよっと犬山紙子はんの目に涙。

 

006

 

「もう駄目かと思ったけど二人の目に鬼気迫る気迫があった」

それを見て「いけるんちゃうか」と思ったという紙子はん。

確かに、負けそうにない雰囲気が一貫して漂っていた。

雰囲気も馬鹿にはならん。

 

005

 

「松友選手、強いのに小っちゃくて可愛いですねぇ」

「相手がデカ過ぎて大人と子供や」

「オッサン、松友選手、好きでしょ」

「オッサンやないがな、男子400mリレーで銀メダルや」

「エーッ!銅はあるかもと思ってたけど銀ってドーよ」

 

しょーもないこと言うなと思ったら

引き続き大阪の紙子はん、

「胸いっぱいサミット」でこの報を聞き

 

010

 

1位ジャマイカのボルトはレジェンドということにして

「もう金でいいんじゃないですか」 って・・・

しかし、アメリカを押さえての銀はそれほど凄いのだ。

 

「ふっふっふ・・・私の必勝祈願の舞が・・・」

「効いた?いつやったん、そんなん」

「まぁ雰囲気ってことで」

「あぁ、雰囲気は大事やね・・・って、やってへんのかい!」

 

巫女さんの舞はともかくとして、

お腹にいぬベイビーの胎動を感じるようになった

という紙子はん、眞鍋かをりさんちに

愛(まな)ベイビーを見に行ったそうな。

http://lineblog.me/inuyamakamiko/archives/1060245482.html

 

母親同様、見事にはえ揃った歯でバリバリと

ケンタッキーを骨ごと食って・・・る訳はないだろうけど、

まなベイビーは健やかに育っているようだ。

眞鍋パイセンの話、参考になったかな?

 

|

« オリンピックも終われば秋 | トップページ | 天使がやってきた「行きたい人応援団」 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

巫女さん」カテゴリの記事

犬山紙子」カテゴリの記事