« 眞鍋さんも驚くジャパニーズプロセスチーズ | トップページ | 欧州王者が本学で相撲修行の「行きたい人応援団」 »

2016年6月16日 (木)

これもありかとコスタリカドリームと眞鍋さん

 

杉崎美香りん姐さん産休中だけど

「世界ナゼそこに?日本人」に眞鍋かをりさん来訪。

今回の日本人が住むのはコスタリカ。

だが、人々は決してこすっからくない。

 

「普通に馬がいる」と驚く眞鍋さん。

オッサンが急ぐでもなく馬上に揺られている。

何しとんねん。

おもちゃみたいな三輪タクシーの運転手に住所を訊くと

「住所?そんなんあらへんがな」

 

006

  

「郵便物とかどうするの?」と眞鍋さんだが、

「ナンチャラ地区のあの道をドーンッと行って

山の手前でクッと曲がってガーッと行ったら見えてきますわ」

的なノリで十分なのである。

 

川にはワニもいるがタクシーのオッサン曰く

「気立てのいいワニだから大人しい」

「なに気立てのいいワニって」と、

すかさず突っ込む眞鍋さん。

ワニが大口開けてニッと笑い

「ごきげんさん」とでも言うのだろうか。

 

そんなとこに住む日本人、一児の母も

車のカギを落としたり飼い犬を載せ忘れたり

おおらかである。

移住のきっかけはというと、

日本では働かない主夫の父親が移住しようと言いだして

タイの奥地で自給自足生活。

学校が無いから自然豊かで教育熱心なコスタリカに

と提案してもオッサンはタイの方がいいらしい。

 

ダメ男に引っかかった感満載だが

子供は生きいきとしている。

日本では仕事に追われてたしなぁ。

子供と過ごす時間も少なかったし、ともらすと

そうかそうかと眞鍋さん

 

教育予算が国家予算の四分の一を占めるコスタリカで

子供はインターナショナルスクール、

オバハンは農業教える教師もしているというから

まぁいいんでないかい。

タイに残ったオッサンは何しとんねん。

 

001

 

コスタリカでは死亡事故があった道路に

ハートとエンジェルリングが描かれている。

「運転してたらドキッとする」と眞鍋さんだが

それが目的としたら狙い通りだね。

優しさも感じられるし。

 

|

« 眞鍋さんも驚くジャパニーズプロセスチーズ | トップページ | 欧州王者が本学で相撲修行の「行きたい人応援団」 »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)」カテゴリの記事