« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月29日 (金)

ちょいと足を延ばしたママ鍋さん

 

いい笑顔だなぁ~眞鍋かをりさん。

横浜ベイクォーターのスマイルキッズステーション、

来客第1号とな。

勿論、イベントだけどね。

http://www.hamakei.com/photoflash/2823/

http://npn.co.jp/article/detail/48655117/

 

横浜駅東口といえば昔々あるところにジジイとババ・・・

じゃなくて、わんすあぽんあたいむ、当方も

とあるイベントに出演したことがあった。

ふっふっふ・・・その他大勢の一人だったぜ。

あのホール、もうないんだろうなぁ・・・

なんせ横浜駅はともかく新横浜駅ときたら

まだ田畑に囲まれていた遠い先史時代の物語だ。

油断してると恐竜に食われるので

新幹線に乗るのも命がけだったぜ。

(な訳ない)

 

アホな話はさておき、ママ鍋さんとしての登場。

こーゆー依頼はやっぱ増えるんだろうね。

シビアな現実もリアルに見つめリアルに語るママ鍋さん。

ママタレってどんなのかリアルには知らないけど

眞鍋さんはママ鍋さんになったからといって

眞鍋かをり以外の何かを演じることはない。

 

トークショーでもその辺の話をしたらしいけど

「年齢の低いお子さんでも安心して連れてこられる」

ときっちりお仕事。

愛(まな)ベイビーも楽屋で待っていたのかな?

だとしたらこれまたリアルな感想だったのかも。

サンマーメンでも食って帰ったか・・・いや、

あれは離乳食にはならんな。

火傷するぜ。

 

 

|

2016年4月28日 (木)

眞鍋さん苦闘の一カ月回顧録

 

さてさて眞鍋かをりさんの「サンカクなきもち」

連載第三弾は完全母乳で得た教訓。

寝るに寝られず意識朦朧、

自分で自分を追い込んでしまう苦闘の日々は

到底、他人が代弁できるものではない。

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=8318&page=3

 

母乳が出なくって愛(まな)ベイビーに

充分与えてやれてないのではと

自らを攻めたりもしたけど、

なんの一カ月健診では

すくすく育ってまっせという診断。

 

杞憂と分かって気が楽になって

哺乳瓶の消毒も要らないしってか哺乳瓶自体要らないし、

外出にミルク持っていかなくてもいいし

こりゃ楽でいいぜと思っていたら

 

ん?人に預けられへんがなしかし。

色々ミルクを試してみたけど、

何を今さらとまなベイビーは受け付けず。

てなことでお仕事の現場に

まなベイビーも同行することになったようだ。

 

頑固なのか柔軟なのか

頑固だけど意地は張らないと言うべきか

一日一回はミルクにしてどちらにも

まなベイビーが対応できるようにしておけば良かった

とママ鍋さん。

 

「離乳食はじめました」ってことで

早くも課題に直面しているようだけど

「心が穏やかでいられるのが一番」

この教訓を胸に刻んで旅路は続くのである。

ガンバレ~

 

|

クロ現眞鍋さんと政策課題

 

さて月曜日のことで遅いのだが

「クローズアップ現代+」に眞鍋かをりさん。

 

002

「ようやく本気で子育て世代を見てくれるムード

になってきたかなってきたかなって感覚はあるんですけど

期待していいのかどうかじっくり見ていきたいと思ってます」

ママ鍋さんの現在最大の関心事は世の赤ちゃんたちのこと、

ってのは昨日のFacebook投稿を見ても分かる。

https://www.facebook.com/kaworimanabe.official?fref=photo

 

てなことで取り上げるのは放送前日に投票が行われた

二つの補選。特に与野党激突となった北海道5区だ。

「社会保障の財源確保の為にも力強い経済が必要」

との和田氏の主張は正しいってか当たり前だ。

問題はどうやって、である。

「普通の人から豊かに」との池田氏の主張も正しい。

これまたどうやって、が課題となる。

 

若年層は和田氏支持といっても出口調査の結果だし、

勝った方が多いに決まってるのであまり当てにならない。

前回総選挙と比べると自公は票を増やし民共は減らしている。

だが、選挙に大勝し絶対多数の政権与党となれば

「売上ナンバーワン」のハクがついて支持率は上がる。

直近の世論調査では自公39%に対し民共14.4%。

「ダブルスコアで圧勝」なんて声も事前にあった

というのはこの為だろう。

 

それが8市町村中の半分で池田氏が上回る接戦になった。

両陣営とも組織票はほぼまとめ切ったらしい。

となると無党派層の動向だが、これが池田氏支持が

かなり和田氏を上回るという調査結果。

 

006

   

「無党派層が投票に行かなかったということですか?」

と眞鍋さん。

 

こうなると「どうやって」を具体的に提示して

選択を迫るしかなかろう。

自公は投票率が低い方が有利となるので

違う戦術に出るかもしれない。

 

金融緩和と公共投資は正しい。

これにより需要が喚起されれば

需要が供給を上回ることで物価を押し上げ、

インフレ目標2%の実現も可能になる。

売れると分かれば企業も新規投資に意欲が湧く。

 

労働人口が減るのだから生産性向上は必須なので

技術開発、新規投資の対象は広い。

成長部門に政策的援助も行い、技術革新による生産性向上、

高付加価値商品の開発、高所得化による消費拡大で

新たな成長軌道に乗せることも夢ではない。

我が国にはそのポテンシャルがある。

 

ところが金融緩和で生み出されたマネーは

消費拡大に向かうのではなく為替や株の相場に使われている。

それどころか消費増税と社会保障費の負担増、

残業代もこの際ゼロにしようぜと

消費を縮小させデフレ圧力を強めることばかりやっている。

インフレ政策とデフレ政策を同時にやって上手くゆく訳なかろう。

 

技術革新による産業構造の転換ではなく、既得権益を維持。

低賃金労働と移民導入で乗り切ろうたって、

国民生活が向上する訳ない。

「途上国」の東南アジアでも平均賃金が

日本の最低賃金を上回っているのが当たり前になりつつある。

「豊かな日本」にこぞって移民希望者が殺到するなんてことは

今の路線でいけば確実に消える。

 

「世界一」「一億総活躍」「世界に輝く」「GDP600兆円」

威勢のいいスローガンを乱発したところで

中身がないんじゃ意味がない。

 

 

 

とまぁわめいてみたものの

当方と同じ政策的主張をしている党はない。

似た主張をされている方はおられるが

自民党の人だったりする。

例えば藤井聡教授はれっきとした内閣参与である。

 

かといって自民に投票したら失政追認になるし

民進は消費増税の問題あり。

共産は立場上、

大企業による大規模投資の支援なんて言えないだろう。

困ったもんだ。

 

010

 

「自分たちで変えられるんだと思わないと

若いお母さんたちはベビーカー押して投票には行けない」

という眞鍋さんだけど「18歳選挙権はいい機会」という。

政治家も若い世代に目を向け、

若い世代も注目されることで自覚が湧くかもと

「凄く期待しています」

 

野党共闘は報道以上に具体化が進んでいるそうなので

選択できる政策の提示をお願いしておこう。

 

|

2016年4月25日 (月)

心と大分と美香りん姐さん

 

震災前に収録された「THE TURF」では

落馬負傷からの復帰目指しリハビリ中の浜中騎手に

心のこもった励ましを送っていた杉崎美香りん姐さん。

 

004

 

今は故郷大分はじめ九州にエールを送っている。

http://ameblo.jp/mikasugisaki/entry-12153239294.html?frm_src=favoritemail

なに、ニンニク入りの塩麹なんてのがあるのか。

熊本のアンテナショップは盛況らしいが

大分のそれも覗いてみたいね。

 

大分の水道復旧は昨日のことだし

義援金の受付も始まっている。

http://www.jrc.or.jp/press/160423_004232.html

でも、大分の人は謙虚らしい。

「熊本の方が大変だから」

なんておっしゃる被災者もおられるとか。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/horijun/20160424-00056971/

 

一時期、大分に支援物資が届いていないという声もあったけど

どうやらそれも解消した様子。

温泉旅館も営業再開しているようだ。

 

とはいえ観測史上例のない大型地震連発だし

ホントにこれで収束に向かっているのか予断は許さない。

でも永久に続くとも思えないので

ひと段落したら温泉でもってのもいいかもね。

 

|

2016年4月24日 (日)

美貌炸裂のチェッキーノ、と競馬BEAT

 

006  

「さぁGⅠはひと休みですが大事なレース目白押し」
 
「まずは桃山S、マスクゾロが強かったね」
 
「ゾロの愛馬といえばブラックビューティー」
 
「ホンマ?なんで知ってんの」

 

009

    

「杉崎美香りん姐さんが・・・」

「言うてなかったんやろ?」

「エーッ!」

「そない驚かんでも」

「な、なんで分かったんですか?」

「三回目やがなこのパターン」

「さよか」

 

014

 
「それよりシャンプーアラブ人さんが見たことないフリップを」
 
「マイラーズC、テイエムイナズマ絡みで10万円!」
 
「エーッ!」
 
「そない驚かんでも」
 
「砂漠やなくても走りますのん?」
 
「アラブ人が推してるからって砂漠の馬とは限らへんでしょ」
 
「そーなんや」
 
 
 
てなことでの「競馬BEAT」だが、
 
マイラーズCはインを鋭く突いたクルーガーの勝利。
 
テイエムイナズマは10着だった。
 
10万円に合わせたか。
 
 
 
それより注目はフローラS。
 
桜花賞を回避したチェッキーノがその美貌を現した。
 
なのに、なんだ何だスタジオではチェッキーノ推しはなし。
 
こーなったら目にもの見せるしかない。
 
 
 
そう思ったかどうかは知らないが
 
ラスト400mから戦慄の12頭抜きぶっちぎり。
 
ジェンティルドンナが5馬身差で圧勝した
 
あの時のオークスをリプレイで見ているような・・・
 
 
 
美貌だけではないチェッキーノ。
 
強豪ひしめく今年のオークスで
 
いかなる戦いを見せるのか。
 

010

 
「さぁ次週は春の天皇賞ですわ兄さん」
 
「ゴールドアクターとシュヴァルグランが激突やね」 
 
「オッサンの9番勝負ですけど」
 
「オッサンてな、君」
 
「エーッ!オッサンやないんですか?」
 
「まぁ・・・そうやけどやね」
 
「で、まだ続けはります?」
 
「まぁ・・・」
 
「勝つまで続けます9番勝負」
 
「あのね」
 
「また来週ーっ」
 
 

|

2016年4月23日 (土)

眞鍋さんも泣きそうだった行きたい人応援団

 

さて、なんじゃらほいと

イタリアの街をひょこひょこ歩いていたら

バッグに日本のお守りをつけてるシニョーラ発見。

「なんの撮影ですのん」

「日本に行きたい人捜してまんねん」

「えーっ!それ私ですわ」

 

てな感じだった「ニッポン行きたい人応援団」

名前も「樹理愛(ジュリア)」とな。

部屋に真田幸村の甲冑模型があったりして

居合いもやってるが日本に行きたい一番の理由は

剣ではなく墨絵。

西元祐貴画伯に憧れているとな。

 

ほんじゃまぁとご招待してみたら

西元画伯のギャラリーに入っただけで感涙。

「神よ!(Dio)」を連発するだけあって紙にも詳しい。

 

018       

画伯は越前和紙を使っている。

それならワシに任せと見学させてくれた。

 

原料は楮だが「こうぞって何~」と眞鍋かをりさん。

「知ってるっ」て顔で黙ってりゃいいのに、

てんで見栄を張らない眞鍋さん。

8年前の当ブログでも同じことを書いたけど

こーゆーとこは全然変わらないね。

 

022  

でもって樹理愛さんは西元画伯とドッキリ対面。

「ほ、本物だっか?」

間違いおまへん。

直々に御指導頂いた上、見本の絵と筆までもらって

ディーオも言えない絶句状態。

旅行会社ではできないスペシャルツアーだ。

 

001  

いや~よかったヨカッタと眞鍋さんだけど

ん?泣いてる?

あかんがな信成さんより先に泣いたら。

 

次回の行きたい人は四国に上陸するらしい。

ただし特番の為放送は5月5日だ。

 

|

2016年4月21日 (木)

今夜の「ニッポン行きたい人応援団」、先週のおさらい

 

熊本市内の水道が復旧したと思ったらの大雨で

被災地が心配される。

熊本市長がTwitterでボランティア募集など

重要情報を発信しておられるので是非ご参照を

https://twitter.com/K_Onishi

 

 

震災の日に始まった「ニッポン行きたい人応援団」は

早くも今日が第二回目。

その前にざっと先週のおさらい…

震災やらなんやらで遅れてしまったので。

 

外国から入ってきた面白いものを自分たちで作ってしまう

というのは日本人の特技ではないようで

ハンガリーのスザン・・・ではなく

ジュジャンヌさんは着物大好き。

 

006

 

絵付けも仕立ても一人でやってしまうのは驚きだが、

パパッとたすき掛けをやっちまうのにもビックリ。

歩き方から所作まで身についてしまうものらしい。

とにかく嬉しそうでサプライズプレゼントに涙したり

・・・人を幸せにする番組っていいね。

 

019
  

二人目の一見チャラい兄さんは、なんの硬派な合気道三段。

合気道の強い人知らないんだけど、とスタッフが言うと

これを見よとスマホ画像。 

あまりの強さで伝説となった塩田剛三かと思いきや、

な、なんと植芝盛平翁ではないか。

大東流合気柔術の達人にして塩田剛三の師匠である。

 

「後追いした方がいいよ」と眞鍋かをりさん。

その心は「絵的にキレイ」。

 

026

 

まぁ確かにイケメンではある。

「これ、女性ファンつくよ」と眞鍋さん。 

フランスのオロールさんと

ポーランドのユースティーナさんも

今もって当ブログに検索アクセスが来る。

通算したら500件は超えるのではあるまいか。

 

だが、今夜もイタリア美女が登場するらしい。

乞う御期待・・・である。

 

|

2016年4月20日 (水)

お帰り眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

そうかぁ完全母乳の子育てって大変なんだなぁ

ってのは「大竹まこと ゴールデンラジオ」に

久々登場の眞鍋かをりさん。

 

つわりもなく「スポンと生まれて」「この勢いで子育ても」

と思っていたらそれが甘かったというお話。

二時間おきに授乳が必要なこともあって、

でも母乳が出なくって、

で睡眠も取れず、最初の一カ月は意識朦朧

「母親失格では?」とネガな心境にもなったとか。

 

完全母乳では誰も手伝えない。

頑張ったね、眞鍋さん。

でもそのお蔭で16kg太った体も完全に元に戻った。

母乳になって出てったぜ

って、んなこたぁないだろう。

 

しかし六カ月の愛(まな)ベイビーは

首もすわって人見知りもなく、

スタジオの外で母親と離れてもニコニコ笑ってた

・・・ってのはホントらしい。

なかなかの健やかベイビーである。

 

完全母乳なのでノンカフェイン、

ノンアルコールの生活だが、酒なんぞよりも

まなベイビーがいい〇〇コをしてくれた方が嬉しい

と「母性炸裂」(くらたまさん)中の眞鍋さん。

なので出産直後は子育てだけしていこうと

お仕事復帰のことは頭になかったようだ。

やっぱりなぁ。

 

でも戻ってきてくれた眞鍋さん。

がんばれぇ~くらいしか言えないけど

子育てもお仕事も絶賛応援するよ。

 

|

2016年4月19日 (火)

眞鍋さん限定ムービー再び

 

眞鍋かをりさん限定ムービー、

「コバラサポート vs 酸性軍団」

直で視られるようにしてみた。

 

 

画像拡大ができないのでどーかなーと思っていたのだが、

まぁそれでもいいかと。

やっぱり大画面だぜって時はこっち

https://youtu.be/bSnj-lmg2Ig

コバラサポートCMも選択視聴できるし。

 

 

|

2016年4月18日 (月)

長期化必至の九州震災支援

 

杉崎美香りん姐さんの御家族は当日東京におられ

直接地震には遭わずに済んだそうである。

不幸中の幸いというか、よかったヨカッタ。

http://ameblo.jp/mikasugisaki/

 

眞鍋かをりさんはやはり母として

被災地の赤ちゃんのこと、心配している。

https://www.facebook.com/kaworimanabe.official?fref=photo

 

余震というには大きすぎる揺れがなかなか収束せず、

一度の揺れには耐えた建物もダメージが累積しているという。

これでは避難も長期化せざるを得ない。

という事で以下をリンク

熊本市のHP「支援物資搬送について」

http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=12513

個人で支援物資を送りたいと思ったら参考になるブログ

http://sharetube.jp/article/2179/

宅配便にもいろいろあるんだね。

 

支援物資が末端に届かないという事態がまた起こっている。

東日本の経験が生かされていないのはどうなのって思うが

まさか自分の県や市でってまぁ誰でも思うわな。

非常時の物資補給を日常的に準備し訓練しているのは自衛隊。

東日本の震災でも現場指揮官の判断で

事態を改善した例があったが今回はどうなっているのだろう。

職員も被災している自治体任せにせず

合同チームを早期に発足させた方が良いと思うのだが・・・

 

迷彩服を着たニセ自衛官が火事場泥棒やってるらしい。

入った家が本物の自衛官宅で慌てて逃げたとか。

御用心を。

本物は黙って家には入りませんとのこと。

 

|

2016年4月17日 (日)

強風吹き抜けた皐月賞のありゃま

 

013 

「さぁ史上最強メンバーの皐月賞」

「被災地に勇気を与えるレースを期待したいですな」

「そうですわ兄さん、ワシらも頑張りまひょ」

「ワシら?」

 

006  

「それより兄さん、スタジオが眩しいんですけど」

「あぁ浜中さん用にゲスト専用照明を設置したんで」

「誰が裸電球1万ワットやねん」(ヤマヒロさん)

「いや、そこまで言うてません」

 

てなことで避難されている方の中にも

楽しみにしている方がおられるであろう

皐月賞の「競馬BEAT」。

先週、早くも一敗を喫し9連勝の夢破れた

川島モアイ像のGⅠ9番勝負。

「競馬BEATプラス」では性懲りもなく8連勝を豪語していたが

ズバリ、リオンディーズとマカヒキの馬単は・・・どやねん。

 

002  

「THE TURF」の杉崎美香りん姐さんはサトノダイヤモンド。

「迷いますか」と問われても、いやそれがね

「サトノダイヤモンドが好き」

 

004  

額にダイヤモンド型の白い点があってカワイイし

走り方も好きやねん。

それでは仕方おまへんなぁ。

 

レースの方は予想通りリオンディーズが前、

サトノダイヤモンド中段でマカヒキ後方の位置取り。

だがリオンディーズは何を焦っているのか

後半に差し掛かったあたりで早くも先頭。

当然の如くラスト直線で息切れすると

それをパッシングしようと横に針路を変えた

エアスピネルがサトノダイヤモンドに激突。

よよっとよろめく二頭。

その隙に外からディーマジェスティーが抜け出した。

さらに大外からはマカヒキのラストスパート!

しかしディーマジェスティーを捕えるには至らず2着。

サトノダイヤモンドは3着に終わった。

まいったね。

 

TVカメラも揺れる強風の中でのレース。

スタート前から落ち着かない馬が多かった。

何が起こるか分からないのがレースだが

3強プラスワンなのかエアスピネルも入れて5強なのか

混沌の度を増したことだけは間違いないようだ。

 

011  

「惜しかったですねぇパッチ」

「パッチちゃう」

「桃…」

「モモヒキでもないっ」

「・・・ママカリ?」

「わざと間違うとるやろ」

「また来週ーっ!」

 

|

終わりは何時なのか今次震災

 

九州の地震はまだ続いている。

震度7が前兆だったとは驚きだが

「余震」とは思えない揺れが断続的に起きている。

阿蘇、大分は別の地震だったとか。

 

杉崎美香りん姐さんは東京だと思うけど

御家族御親族は大分におられるはず。

心配だろうなぁ。

御無事を祈るばかり。

 

長大な活断層の一部で起こった地震なので

いつかは延長線上に波及してゆくだろう。

それがいつかは分からないが

さらに大きな揺れが発生しないとも限らない

…という見解を示す専門家もいる。

 

「いつか」が直近だとしたら問題は川内原発だろう。

新幹線と高速道路で住民避難という間抜けな計画は

現状、既に実行不可能である。

「世界一厳しい安全基準」により

福島第一にはあった免震重要棟もまだない。

 

Cnaikgdueaebhre

 

こんなこと言ってたのにね。

最悪の事態にならないことを祈るしかない。

 

それはそれとして

災害支援が長期化することも視野に入れておかねばなるまい。

そして自ら備えることも大切だ。

中央構造線は四国から大阪平野南部まで危険地帯だそうだから。

 

|

2016年4月16日 (土)

眞鍋さんのスペシャルムービー公開中

 

「手強いといえばグラタン皿の焦げ付き」

「いよっ特許取得」

って眞鍋かをりさんが解説者として暴れるスペシャルムービー

コバラサポートvs酸性軍団

https://www.youtube.com/watch?v=bSnj-lmg2Ig

 

なんでコバラサポートのHPにリンクがないんだか

ツイッターのTLに流れてきて焦ったぜ。

でも、眞鍋さん、オモロイし焦ってる場合でもないので

遅ればせながらリンクしておこう。

コバラサポートの仕組みもよく分かるしね。

https://youtu.be/bSnj-lmg2Ig

 

|

2016年4月15日 (金)

コバラサポート新CM

 

アララ・・・知らぬ間に大正製薬のコバラサポート、

眞鍋かをりさんの新CMが始まっている。

http://www.taisho.co.jp/kobara/cm/

眞鍋さんのブログで確認すると

今日からスタートしたらしい。

 

眞鍋さん、すっかり元のスレンダーボディーに戻っている。

それを見ての新シリーズか。

まだ録画では画像を入手できていないが

手配せねばなるまい

・・・・って、どうやって?

よう分からんがとにかく録画するのだ。

 

|

九州が心配だ

 

震度7の報にはぎょっとしたが

その後も震度6前後の余震頻発。

「とくダネ!」によると余震ではなく、

別の地震が誘発された可能性もあるという。

被害の全容把握はまだだし予断は全く許さないが

少なくとも大津波や大火災、原発爆発など

迅速な救助を大きく妨げる事態が起こらなかったことは

不幸中の幸いといっても不謹慎ではなかろう。

 

とはいえ断水やガス漏れなど

被害に遭われた方々には危険な状況が続いている。

音声より文字情報の方が伝えやすいようで

Twitterで救助を求めた方による

「無事救助されました」のツイなどもあってほっとする例も。

 

ネットワークの関係もあると思うが

直ちに現地取材はできないであろうテレ東は

通常番組の放送を続けたが

東日本大震災の時から一貫しているこの姿勢は

間違っていないと思う。

その番組が眞鍋かをりさん出演の

「日本行きたい人応援団」だったのは妙な偶然だが

横並びで同じ放送を合うる必要はない。

東日本の震災ではアニメ放送が

むしろ被災地で喜ばれたくらいだし。

 

とにかく、被害に遭われた方々、

避難している方々が多数おられることを肝に銘じ、

できることはないかと考えつつ状況を見守ろう。

 

|

2016年4月14日 (木)

日本行きたい人応援団 眞鍋さん渾身の・・・

 

おっと眞鍋かをりさん渾身の番宣!

http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/

「世界!日本行きたい人応援団」も

いよいよ今夜からスタートだしね。

 

うぅむそうかそうか、今までもオモロかったからなぁ

「ホントにいい番組」と

眞鍋さんが力を込めるのものも嘘じゃなかろう。

 

眞鍋さんはじめ出演者の皆さんが学生服なのは

「応援団」だからだろうけど、そのベタなノリが

飾らなくてお三人らしい感じ。

 

織田信成さんは当地のTVでは頻繁にお目にかかる。

スポーツキャスターは勿論ながら

無関係のレポーターなどもやってて親しみやすさはピカイチ。

 

「厭されるし、泣けます!」と眞鍋さん。

眞鍋さんより信成さんの方が先に泣きそうだけど・・・

どうなったのかは今夜19:58~の2時間SPで。

 

|

2016年4月12日 (火)

駄文もありの眞鍋さんニュースあれやコレ

 

眞鍋かをりさんの新レギュラー番組

「世界!日本行きたい人応援団」

昨日、記者発表があったらしい。

http://www.oricon.co.jp/news/2069957/full/

2069957_201604120514382001460389581

 

「髪を振り乱して」はいないけど相変わらずハツラツ眞鍋さん。

もしや体型も完全復帰かな?

大御所的年寄り抜きのメンバーだが

眞鍋さんを始め頼りなさはない。

本学後輩のサバンナ・ハイブリッジ君もきっとそう。

明るく元気な雰囲気だ。

放送はいよいよ明後日19:58~。

 

さて、まだ出産前からママタレに参加する

かのように書かれていた眞鍋かをりさん。

自分に正直な眞鍋さん、

無理してキャラを作らない自然体だし、

そんな予想しているときっと当てが外れるだろうなぁ

と思っていたらやっぱりその通り。

 

自分が気付いたことや苦労したこと失敗したことなら

喋ったり書いたりするだろうけど、その範囲を超えて

別人格である子供や家族のことは語らないだろう。

日経DUALの連載はまさにそのパターンだ。

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=8150

 

当てが外れたにもかかわらず、否、だからだろうか

キラキラママやママタレに眞鍋さんを結びつけた

って感じのネット記事を二本見た。

 

一つは眞鍋さんがキラキラママは目指さない

と連載で我が道宣言してるっつーのに

ママタレ化失敗で軌道修正が必要だ

などと締めくくっている。

そんな「軌道」最初から乗ってないし乗らないって

…ちゃんと連載読んだのかこのライター。

論理破綻に気付かないのかアホなのか

そう書けと言われて原稿料もらったのか。

 

宣伝になるので詳しくは触れたくないのだが

幸せオーラ全開の麒麟・川島モアイ像と

対照的なのだそうである。

 

006

 

004

 

どこが?

二人とも幸せそうだけど対照的には見えないなぁ。

自分で取材してないの丸バレだ。

 

もう一方はこれこそホントに対照的に、

そう持ち上げられたら返って眞鍋さん、

やりにくいんじゃないかって記事だが

少なくとも眞鍋さんの連載の趣旨はきっちり押さえていて

結論ありきの論理破綻には至っていない。

そーゆー意味では一読の価値ありとリンクしておこう。

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/messy_29435

 

文化人路線を予想しているようだけど

それは眞鍋さんにしか分からないっていうか

眞鍋さんにも分からないかもしれない。

丹念に石を並べてから川を渡るより

瞬発力でピョンピョンと飛び石を飛んで渡った方が

得意だし上手くゆく眞鍋さん。

でも行きあたりばったりではなく

それを可能にするデータを蓄えることも忘れない。

 

意表を突かれることもしばしばで

予想がいつも当たる訳じゃないけど

多分、眞鍋さん自身も予想できないというより

予想なんてしてないような気がする。

でも、オモロク賢く優しい

眞鍋さん的アイデンティティーは変わらないだろう。

眞鍋さんらしければ出たとこ勝負も大いに結構である。

 

|

2016年4月10日 (日)

桜花賞は桜も新緑も蹴散らした宝石屋の勝利

 

005

    

「さぁ今年も桜舞う中で桜花賞」

「桜吹雪といえばとーさん桜ですね」

「・・・・遠山桜やろ、それ」

「散らせるものなら散らせてみやがれ」

「もう充分散っとるがな」

「もろ肌脱いでべらんめぇ」

「遠山の金さん・・・なんで知ってんねん」

「杉崎美香りん姐さんが・・・」

「言うてた?」

「言うてません」

 

006

  

「さぁ金さんの9番勝負・・・」

「金さんちゃう」

「あ、オッサンのGⅠ9番勝負・・・」

「あのね」

「ご存知、長屋のオッサンが・・・」

「こんがらがっとるがな」

「・・・・・また来週ーっ!」

「なんでやねん!」

 

「競馬BEATプラス」で9連勝を豪語してしまった川島モアイ像。

1着予想は外してはイカンとビビったかメジャーエンブレム。

買い目はメジャレムとジュエラーの馬単だった。

 

001

 

一方「THE TURF」の杉崎美香りん姐さんも

「同世代の他のコを子供扱いしてるみたいな」

とメジャーエンブレムの実力を認める。

ほな対抗馬はいませんのかと問われると

 

003

 

さぁそれですわと身を乗り出す美香りん姐さん。

侮れぬのがジュエラーとシンハライト

きゃつらはまだメジャレムと刃を交えておらぬ。

油断大敵火事ボーボー

そしてこの美香りん予想は的中する。

 

ジュエラーのコマ落とし走法には期待するところ大だが

後方からではメジャレムの二段加速を捕えられんよなぁ

と思っていたが、やっぱこれしか出来んと後ろからの競馬。

だがしかし、一段目の加速で先頭にいる

・・・はずのメジャレムがいない。

なんでやねん

 

よう分からんが

シンハライトは集団の中にいるメジャレムをマークする位置取り。

奴を仕留めるにはこれしかない的作戦。

しかもメジャレムは囲まれている。

マイペースで勝ってきたし、こんなレースは初めてだろう。

馬群を抜け出そうとして接触したりしてるよオイ。

 

そんなメジャレムを置いて先頭に立ったシンハ

だが新緑にはまだ早いぜと宝石屋が追いついてきた。

コレコレこれが見たかったぜって追い上げで

センチ単位のハナ差先着。

思い通りのレースができなかったメジャレムは不運だったが

今までが好き放題でき過ぎたって見方もある。

 

これでオークスの行方は余計に分からなくなったね。

 

013

 

「遠山桜ってトーヤマって読むんですか?」

「頭で言うたがな」

「口で言うてもらわな分かりません」

「モーエエわ」

「モエワちゃいますモエナです」

「ええかげんにしなさい」

「また来週ーっ!」

 

|

2016年4月 7日 (木)

期待されてるらしいぞ「行きたい人応援団」

 

さてさて眞鍋かをりさんの新レギュラ-

「世界!ニッポンへ行きたい人応援団」

来襲木曜日20:00~よりスタートとなる。

初回は2時間スペシャルらしい。

土曜日に予習復習SPもあるらしいけど

当地での放送はないので残念無念。

 

だがしかし、当ブログの3月度検索アクセスを見てみると

なんとまだ始まってもいない「応援団」が1位!

記事別アクセス数でも新レギュラ-予告が一番多かった。

おー

いい傾向ではないか。

あのフランス人カルタ名人オロールさんはどうしてる?

なんてワシに訊かれても知らんがな的検索もあったりする。

 

でもって2位は競馬BEAT。

杉崎美香りん姐さんと入れ替わりみたいな格好だけど

美香りん姐さん不在の間に人気が落ちても困る。

モエナはんもいろいろ弄りがいがありそうなので

ひと踏ん張りといきたい。

 

その他は例によっての「逃走中」とか

「しくじり先生」「とくダネ!」などの過去記事検索なので

現在進行形の二つがワンツーてのは視界が開けてよい。

取り敢えずは一週間後の眞鍋さんに期待だ。

 

|

2016年4月 5日 (火)

美香りん、キリン、二つの挑戦

 

さても律儀な杉崎美香りん姐さんは、

子育てが始まったらPCの前になんぞ座ってられん

てことでスマホでのブログ更新練習中。

http://ameblo.jp/mikasugisaki/

 

眞鍋かをりさんが深夜、片手スマホで原稿執筆中

てのに刺激されたのか。

飛行機に飛び乗ってからホテルを探す眞鍋さんだから

きっと出たとこ勝負の瞬発力で、かくなる次第となりました

って感じなのだろうけど

美香りん姐さんは考えてから行動するのである。

競馬の予想は必ずしもそれだけとは限らないみたいだけど

ちゃんと冷静と情熱の間は明確に分けているそうだし。

 

そういえば川島モアイ像のGⅠ予想、

この春は「競馬BEATプラス」として別番組になった。

といっても3分間だけど(金曜11:27pm~)

オッサンの9番勝負として…「男の」だったかな、

ま、イイや。女には見えんということで

新たな闘いに挑むのである。

 

昨秋の戦績は・・・・

いやっ!過去を振り返っている場合ではない。

前を向いている者にのみ未来は見えるのである。

 

|

2016年4月 3日 (日)

新暴走王の野望にモエナと競馬BEAT

 

009

 

「顔、こわばってんで君」

「すんませんモアイ兄さん」

「モアイ?」

「杉崎美香りん姐さんがそう呼べと」

「言うてた?」

「言うてません」 

 

010

 

「モエナとモアイのモーモーコンビということで」

「牛やないんやから」

「モエナは本日デブー戦・・」

「デビュー戦やろ、それ」

「胃が痛いほど緊張しとりま」

「さよか」

 

006

 

一方、美香りん姐さんは一足早く「THE TURF」

いやぁ産経大阪杯、GⅠ馬勢揃いで

エライこっちゃでんなぁ、そうでんなぁ 

姐さんが応援するイスラボニータもいるけれど

 

008

 

しかし、ここはヌーヴォレコルトに

捲土重来、復活を期待したいとか。

 

荒ぶる暴走王鞍上のデムーロ騎手に冷や汗をかかせた

新暴走王アンビシャスもいるが・・・

奴を倒すにはハープスターを振り切った時のような

緻密な作戦がいる。

 

やってみると返し馬の時から既に暴れていたアンビシャス

あららと前に出て先頭に出そうな勢い。

暴れとるがな

これでは作戦の立てようもない。

 

バテるかと思ったが途中から何とか折り合いがついたらしい。

前走ほどのスパート力はなかったものの

ラスト50mくらいで先頭を捉えた。

競馬の幅が広がったと見るべきか

何するか分からんと見るべきか。

 

で、モーモーコンビの「競馬BEAT」は

まっ美香りん姐さんでも

初日は一瞬カメラを間違えたりしたので

こんなもんでしょモエナはん。

 

011

 

「めっちゃカンペ目線やで君」

「来週は桜花賞」

「カンペの位置変えても一緒やなぁ」

「来週、ギャグを考えてきますんで堪忍だっせ兄さん」

「ほな次週」

 

|

2016年4月 2日 (土)

確かに紙一重なアレとコレ

 

な、ナニッ!無地Tの人になった眞鍋かをりさん、

楽でいいやと思っていたら

「ナチュラルな大人と地味なババァは紙一重」

なんて言われたとな。

http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/

 

どういうことかつい先日、眞鍋さんとは全く関係ない所で

似たような会話をしたばかりだ。

二歳児の母Bは誰もが認める美貌なのだが

「なんであんなに地味なの?」とBの同僚に問うと

「子供の世話で大変だからかなぁ」

「ふ~ん、でもあなたは子供おらんよねぇ」

「これは生まれつきで・・・って、放っといてください」

 

数日前、Bと一緒に病院に行ってきたのだが、

髪の毛ほつれて生活感丸出し。

娘・・・が美人な訳ないし

年の離れた妻ならオッサンは資産家だろうしもっとお洒落

息子の妻なら「そうだ」と自信たっぷりに言い切れば

中には信じる人がいるやもしれぬ。

 

だとするとである。

家に金も入れぬ道楽息子に子育ても介護も押し付けられ

生活苦にあえぎながら健気に車椅子を押す嫁

ってな感じに見えてしまうではないか。

お互いあまりヨロシクないことである。

 

「せめて髪は何とかしようよ」と言うと、

生活苦にあえいではいないBはパッと笑顔に戻り、

手早く髪を整えて「これでどうですか」と美しく微笑んだ。

黒づくめの服装はまぁ仕方ないし腹巻が見えているのは

・・・・暖かくなるからまぁ解決するだろう。

 

確かに紙一重である。

服装だけではなく色んなとこに気を付けてね眞鍋さん。

 

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »