« 苦難の末に行きついたものはとヒストリーツアーはアフリカ篇 | トップページ | ブログも絶賛更新中の眞鍋さん »

2016年3月20日 (日)

投げ槍はあるのかないのか競馬BEAT

 

014
  

「さぁ姐さん、カカオサンド食うてる場合とちゃいまっせ」

「ええやん、おいしいんやから」

注:http://ameblo.jp/mikasugisaki/

「注目の藤田菜七子ジョッキーが早くも重賞初騎乗」

「七草粥みたいやねぇ」

「なるほど…ってそこちゃいまんがな」

「モウカッテルに乗るんやねぇ」

「『もう勝ってる』なのか『儲かってる』なのか・・・」

 

003

 

「どうでもええやん、そんなこと」

「エーッ!前回姐さんが・・・今日は投げ槍ちゃいます?」

「槍は持ってへんわぁ、武士やないし」

「その槍やなくてですね…」

「狩りとかもせぇへんし」

「いや、だから・・・」

「そんなん持って新幹線乗られへんやん、長いし」

「新幹線で合戦には行かんでしょ」

「そんなことよりゲストの佐藤哲三さんが絶好調」

 

008
  

「いやぁ脱帽でんな」

「帽子かぶってへんやん」 

「んが・・・」

「今日の阪神大賞典、モアイさんと対決してもらうし」

 

017
  

てなことで杉崎美香りん姐さんの「競馬BEAT」

南海のモアイ像・川島君と元ジョッキー佐藤はん

一着予想はアドマイヤデウスとシュヴァルグラン。

 

これにタンタアレグリアを加えた三強の争い

と見るのが大方の予想だったのだが

やってみたらシュヴァルグランの横綱相撲。

立ち合いをしっかり受け止めて、慌てず騒がず

最後はあらよっとよりきり。

 

ゴールドシップがいない阪神大賞典で

後継者に名乗りを上げた格好だが、

有馬記念で金船を破った

ゴールドアクターとの対決が楽しみだ。

 

七草、じゃなくて菜七子騎手は

最終コーナー出口で押しのけられた。

あてられたかな?

若さを突かれたようだけど、これも勉強だ。

投げ槍には・・・ならないだろう。

 

021
  

てなことで馬券対決は佐藤氏の勝利。

「顔の長さでは勝ってるのにねぇ」

「放っといてください」

 

025
  

「さぁ来週はリハビリ中の浜中騎手が来てくれるよ」

「リハビリ中も競馬を盛り上げてくれる訳でんな」

「投げ槍になってはらへんねぇ」

「・・・・」

「また来週ーっ!」

 

|

« 苦難の末に行きついたものはとヒストリーツアーはアフリカ篇 | トップページ | ブログも絶賛更新中の眞鍋さん »

競馬」カテゴリの記事