« 眞鍋さんの早朝ひっそり | トップページ | 苦難の末に行きついたものはとヒストリーツアーはアフリカ篇 »

2016年3月18日 (金)

メガネ眞鍋さんは大変かも

 

眞鍋かをりさん、久々のブログ更新でやれやれ

って感じだった昨日。

快活な文体も変わらぬ眞鍋さんらしさ

目の焦点が合ってなかったってコンタクト外れてたのか

なんて思いつつハッとする。

 

コンタクトしたまま寝れないよな

愛(まな)ベイビーが夜泣きしたらどうするのだろう?

コンタクトなしでは階段も降りられない眞鍋さん。

そういや杉崎美香りん姐さんのブログではメガネかけてたな。

しかしそれでは横山やすし師匠の伝説のギャグみたいに

「めがねメガネ」と手探りで探すことになりはしないか。

 

余計なお世話だが眞鍋さん、やっぱ大変そうである。

 

先日、二歳児の母Bと話をしたら、

「二歳児の母Aのガキは夜泣きしなかった」

というと「親孝行な子やねぇ」

「二歳で般若心経を唱えておる(Aは否定)」

「うちの子は『腹減った』しか言わん」

煩悩のおもむくままに生きているようである。

健全だ。

 

ガキも人なので人それぞれのようだが、

美香りん姐さんの子は生まれたら

毎晩同じ時間に夜泣きするのだろうか?

オカンが律儀だし。

 

|

« 眞鍋さんの早朝ひっそり | トップページ | 苦難の末に行きついたものはとヒストリーツアーはアフリカ篇 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事