« ギャグも出ました「ナゼそこ日本人」の眞鍋さん | トップページ | 余裕こいても強かった暴走王 »

2016年2月26日 (金)

美香りんママもゆるりと奮闘中

 

うぅむ・・・言われてみりゃその通り、

「姐さん」と勝手に呼んではいるものの

杉崎美香りん姐さんにとっても出産は初体験。

どやねんってこともあるよなぁ・・・

http://ameblo.jp/mikasugisaki/

 

医師によって言うことが違うとの指摘だが、

当方の周囲の新米ママたちに聞いてみても

それぞれまるで違うので普遍的一般則の発見は困難を伴う。

それが医者ではなおさらだ。

 

でも眞鍋かをりさんが進呈した本は役に立っているらしい。

眞鍋さんも同じ心境だったのかな?

 

眞鍋さんの場合は御両親が近くにいて、妊娠中も

お仕事帰りに御両親のお宅に直帰する眞鍋さんを

尾行記者が目撃していたりした。

心配なのは美香りん姐さんの方だ。

 

産休期間が終わっても保育所が見つからず、

復帰が二か月遅れた母親がいた。

看護師と介護士、二つの国家資格を持つスーパーオカンなので

復帰を望まれてはいても

「もう来なくていい」とは言われなかったが

みんながそうとは限らない。

 

救急車の中と分娩室前の廊下で

立て続けに二人出産したせっかちな母親は

保育所は見つかったものの二人別々、違う保育所。

送り迎えが大変だ。

金もないということで

福祉施設とキャバクラのかけもちなんて無茶をやったが

さすがに身体がもたなかった。

ガキには元気なオカンが必要だぜって忠告、

効いたのか効いてなかったのか。

 

まずは無事に元気な美香りんベイビーを生んで

美香りんママも元気なことが一番だが、

その先も色々ある。

こんなこと言ってナーバスになられても困るけど

必要な手はゆるりと打っておかないとね。

律儀な姐さんなので抜かりはないと思うけど。

 

|

« ギャグも出ました「ナゼそこ日本人」の眞鍋さん | トップページ | 余裕こいても強かった暴走王 »

(競馬以外の)杉崎美香」カテゴリの記事