« 冷戦って知ってますかとヒストリーツアー | トップページ | ギャグも出ました「ナゼそこ日本人」の眞鍋さん »

2016年2月24日 (水)

いずれまぁるくなる眞鍋さんの「サンカクなきもち」

 

むむっ!「サンカクな気持ち」ってなんだ?

「日経DUAL」での眞鍋かをりさんの連載

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=7998&page=1

 

F160224a

 

第一回目は出産から初仕事までのあれやこれや。

大変なのは分かっていたけど

眞鍋さんらしさが最大の大変だったとは。

 

「仕事人と母の戦い」と眞鍋さんは表現してるけど

出産前はすぐにでもお仕事に復帰するつもりだったのに、

いざ生まれると育児に夢中。

ガラッと変わってしまったというお話。

 

訳知り顔する訳じゃないけど、当方は予想してた。

いや、実は眞鍋さんも

心のどこかでは気づいていたんじゃないかな? 

なんせ「きっと可愛がり過ぎてしまうから」って理由で

長い間ペットを飼うことを躊躇していたくらいだ。

それが実の我が子となったらそりゃあもう・・・・

愛情の塊みたいな眞鍋さん。

正直、芸能界引退も覚悟していた。

 

でも、どうやらお仕事も

それに匹敵するくらい好きだったらしい。

眞鍋さんが幸せならどちらでもいい

・・・とは思っていたものの、

やはり当方の人生にとって眞鍋さんの存在はかけがえがない。

 

F160224b

   

無理はしなくていいし、ボチボチ顔を見せてくれたら

やっぱし嬉しいもんだ。

 

産科婦人科学会と産婦人科医会が

産後鬱の対策を初めて明記したというニュースがあったけど

眞鍋さんも気を付けて。

産後鬱とは全く無縁の母親が知人にいるが

「夜泣きっていつ頃まであるの?」と尋ねたら

「さぁ」なんて言う。

「『さぁ』って一歳半とちゃうんかい」

「一歳七カ月です」

「さよか・・・いや、そーゆーことじゃなくて」

「うちの子、夜泣きせぇへんから分からへん」

 

たまに寝言を言う程度で5時間くらいは寝ていたそうな。

ふてぶてしいガキである。

夜泣きには科学的根拠があると番組でやっていたのに

http://vq12bb31kn29.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-0585.html

何事も例外はあるようだ。

 

記事を読む限りでは

愛(まな)ベイビーは正常に夜泣きしてるみたいだけど

乗り越えられるさ眞鍋さんなら。

 

|

« 冷戦って知ってますかとヒストリーツアー | トップページ | ギャグも出ました「ナゼそこ日本人」の眞鍋さん »

眞鍋かをり・書籍・雑誌」カテゴリの記事