« 産業革命の課題は今も続くとヒストリーツアー | トップページ | どちらが主役なのか国民 or 国家?とヒストリーツアー »

2015年12月20日 (日)

嘘も言えない朝日杯FS

 

001
   

「阪神名物モアイ像からお届けする競馬BEATです」

「はい、はるばる南太平洋から・・・ちゃいまんがな」

「今日は二歳新馬王者決定戦やね」

「いずれは姐さんのお子さんもここに・・・」

 

005
  

「それは分からんけど正直な子やろねぇ」

「ほぉ、言い切りまっか」

「そら、私、一回しか嘘ついたことあらへんし」

「どんな嘘を?」

「なんでかなぁ、嘘ついたことないって嘘ゆうてしもたんよ」

「それは残念・・・え?」

 

009
  

「そんなことよりモアイさんの11番勝負」

「見せんでよろしいがな」

「×が多いねぇ」

「バツ八ですわ」

「新婚やのにねぇ」

「放っときなはれ」

 

007
  

「武さんお願いします」と武豊騎手の一番人気、

エアスピネルに賭けたのだが・・・

 

絶好のポジションから

絶妙のタイミングで抜けだしたエアスピネル、

やった!と誰もが思ったその瞬間、

大外からぶっ飛んできたのがリオンディーズ。

 

前走、道中かかりながらのスパート力に

杉崎美香りん姐さんも驚いていたけど

今回も後方待機から大外回ってのスタミナ&爆発力。

まいったぜ。

 

あの破壊力が

馬場状態、距離を問わずに発揮できたら怪物だが

こればかりはもう少し見てみないと分からないね。

 

006
  

「さぁへこんでる場合ちゃうよモアイさん」

「来週はラストの有馬記念でんな」

「今度は絶対当たるよ、有終の美で」

「ホンマでっか?」

「私は嘘言わん」

「・・・・・」

 

|

« 産業革命の課題は今も続くとヒストリーツアー | トップページ | どちらが主役なのか国民 or 国家?とヒストリーツアー »

競馬」カテゴリの記事