« 待ってました眞鍋さんの報告あり | トップページ | 「かをり姉さん」になるのか眞鍋さん »

2015年11月 3日 (火)

幸せはどこにあるのか女王と皇帝の抗争劇、とヒストリーツアー

 

さて、眞鍋かをりさんの壮健が確認できたところで

再開しようではないかマジカルヒストリーツアー。

 

004

 

こんな眞鍋スマイルもしばらくはここでしか見られないしね。

 

てなことで今回のメインテーマはなんたって

温かいご家族に恵まれた眞鍋さんとは違い

生涯独身を貫いたエリザベス一世と

これもあまり家庭に恵まれなかったフェリペ二世の

権謀術数、愛憎渦巻くドロドロ抗争劇。 

 

007

 

でも、フェリペ二世の時代、スペインは絶頂期だった。

ハプスブルグ家出身のサラブレッドということで

神聖ローマ皇帝としてカール五世を名乗っていたし

その他諸々、幾つ冠をかぶってるんだってほど。

世界を二分していたポルトガルも併合したので

太陽の沈まぬ国と豪語していた。

 

一方、「イギリスも大国だよね」という眞鍋さんだけど、

いやいやこの頃はちゃいまんねん。

フェリペ二世はメアリ一世の夫として

イングランド王、フィリップ一世でもあったのだ。

だが、後を継いだエリザベスはプロテスタント。

カトリックの盟主として

ユグノー戦争にも干渉したオッサンは気に入らない。

 

前妻と名前が一緒だからって訳じゃないだろうが

夫と死別してフランスから出戻っていた

スコットランドのメアリを王位につけようと画策したりする。

とことん運のないメアリは故郷も追われ、

亡命した先があららエリザベスのもと。

飛んで火に入る夏の虫と非業の死を遂げる。

そしてエリザベスは生涯独身宣言。

 

022

 

凄い決断だけど女王には

オッサンにはない苦労があったんだねと眞鍋さん、

おっしゃる通りですわ。

 

しかし、腹が座ったらもうやりたい放題。

「立ちなさい、キャプテン・ドレーク」ってカッコいいが、

そのオッサン、海賊やないかい。

だが、スペイン船を襲う海賊を公認し、

フェリペ二世から独立せんとするオランダも支援。

 

頭に来たあっちのオッサンは自慢の無敵艦隊

アルマダ・インヴィンシブルの出撃を下令する。

おー

ハリウッド映画などでは当時のスペイン軍艦を

豪華絢爛、強大な帆船として描くことが多いが、

実は手漕ぎのガレー船が主力。

快速の英国海賊船を捕まえられない。

 

おまけに英軍提督は「三国志」を読んでいた

とは思えないが

赤壁の戦いみたいな奇策も使い、

スペイン艦隊は散々な目に遭ってしまう。

以後、インヴィンシブルは

英国軍艦の名称として残ることになる

(フォークランド紛争にも出動した)。

 

059
  

この戦いにイングランド側に立って参戦した

オランダは独立を達成。

市民が中心だったことに感嘆する眞鍋さん。

他方、奢れるもの久しからずのスペインだが

考えてみると短い絶頂期であった。

 

|

« 待ってました眞鍋さんの報告あり | トップページ | 「かをり姉さん」になるのか眞鍋さん »

マジカルヒストリーツアー」カテゴリの記事