« 出走前に眞鍋さんの話題も出たりして | トップページ | リズムに乗せて魂は消せなかった奴隷貿易、とヒストリーツアー »

2015年10月14日 (水)

人間皆一変態は天上天下唯我独尊か

 

そーだったのか、くらたまさん、ただのデブ…じゃなくて、

ダイエット準備中ではなかったのか。

腕相撲でタブレット純さんらを撃破。

15㎏の体重差があるというが・・・

 

縦、横、奥行きの縮尺が一緒で密度も同じなら、

単純計算だが身長二倍化で体重は八倍になるはずだ。

筋肉量も八倍化するが、だがしかし、

パワーはそこまで大きくならないという。

ボディービルダー的マッチョが万能でない由縁で、

跳躍系やマラソンなど重量とのバランスが必要な競技もある。

 

体脂肪率39%とちっとも筋肉質ではないくらたまさんだが、

それを補って余りある筋肉量が

体重差に秘められていたということか。

ってことは・・・体重差15㎏ってホントか?

値がもっと大である可能性は捨てきれない。

 

てなことでの「大竹まこと ゴールデンラジオ」

深澤真紀さんは民泊の話だったけど、

それよりこっちが面白い「女オンチな女たち」Vol,6

https://cakes.mu/posts/10589?r=20151013f 

「人類皆変態だぁっ!」

 

一人ひとりが一変態、

人間なんて一人で一派なのだって意味だけど

おっしゃる通り。

双子だって別人格だなのだから、

こっそり自分のクローンを作っても

自分と全く同じにはならないはずだ。

 

何かの海外ドラマみたいに

ナチの残党がヒトラーのクローンを作ったとしても

アドルフの代わりになるとは限らない。

生まれるや否や両の足ですっくと立ち上がり、七歩歩いて

「天上天下唯我独尊!(一人ひとりが唯一無二の尊い存在)」

などと叫ばれた日には、独裁者なんぞになる可能性はない。

 

自分と違う他者を認めることこそ大切ということだが、

一番困るのは

それができずに同一化を強要するアドルフのような人である。

 

|

« 出走前に眞鍋さんの話題も出たりして | トップページ | リズムに乗せて魂は消せなかった奴隷貿易、とヒストリーツアー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事