« 懐かしの場面もあり~のの9月度検索アクセスのまとめ | トップページ | アホ走り封印でも強かったエイシンヒカリ »

2015年10月10日 (土)

大航海とコンキスタドーレのマジカルヒストリーツアー

 

006

 

まなベイビーの予定日は今月だったと思うけど

どんな感じかな、大丈夫か、辛いことはないか

などとやきもきしつつ

眞鍋かをりさんのヒストリーツアーは続くのである。

 

テーマは大航海時代、特にスペインのコンキスタドーレ

中南米征服だ。

 

020

 

「アジアとの交易ならムスリム商人を介してやってたはずだよね」

と眞鍋さんだが、アメリカ大陸がない当時の地球儀を見たら

そりゃ海を渡って直行した方が近いと思うよね。

 

でも行ってみたらムスリム商人どころか港もないし

スパイスも絹も陶器も黄金もなくてインドでも中国でも、

勿論、黄金の国=ジパングでもないと気付いて当然だが

気付かなかったらしいコロンブス。

大丈夫か?

いやそれが全然大丈夫やなかったんですわ。

最後は地位も追われて散々な目に。

 

037

 

そもそも知らんオッサンがいきなりやってきて

「発見したっ!」とかわめかれても

「元々住んでる人がいたはずだよね」と眞鍋さん。

さぁそれですわ

ピサロとコルテスのインカ、アステカ征服。

いやぁ~酷かったね。

 

ピサロはだまし討ち、コルテスは正攻法だったので

アステカの抵抗は激しかったが、周辺部族は味方せず。

生贄文明だったので

いけにえにされてきた部族は怒っていた。

なのでスペインに味方しちまったよ。

 

だが、大英帝国と異なるのは

これらの地域では混血化が進み、

やがて来る革命の嵐の中で存在感を増してゆく。

奴隷を解放してすっからかんになってしまった

シモン・ボリバルやイダルゴ神父の顔が浮かんでくるが

先走りはこの辺で。

 

042

 

でも、おかげさまを持ちまして

馬鈴薯、南瓜、薩摩芋、とうもろこし、唐辛子、

まだあるぞ、落花生、カカオなどが世界に広まった。 

 

とはいえ、先住民族に対して

尊敬の思いとか持てなかったのかと眞鍋さん。

非キリスト教徒は野蛮人と思っていた

というか思いたがっていた。

イスラムに500年間、勝てなかったくせに。

 

だが、意外に早く文化相対主義の考えが芽生えてくる。

 

062

 

おっ、それでは・・・と一瞬、気を許した眞鍋さんだけど、

ヨーロッパ優越主義は変わらず。 

とはいえ反帝国主義的民族運動が起こるのもヨーロッパ

なので白人対有色人種みたいな短絡思考は避けたい。

 

|

« 懐かしの場面もあり~のの9月度検索アクセスのまとめ | トップページ | アホ走り封印でも強かったエイシンヒカリ »

マジカルヒストリーツアー」カテゴリの記事