« 暗黒時代の国づくり物語にワクワク眞鍋さん | トップページ | 文化と情報のお酒の選び方 »

2015年7月15日 (水)

体は重くても心は軽くと眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

「暑い!重い!しんどい!」

三重苦に堪える眞鍋かをりさん。

重い分、大きくなったお腹を抱え、

狭い通路では気を使うとか。

デブは常にそうだ。

だから、「飯が旨いっ!」

デブは常に・・・いや違う。

腹が大きく重いのはデブだからではないし、

であってはならぬ。

 

体重が50㎏を超えたのは

フレンチ食い過ぎで太って以来だと思うから

・・・10年ぶりくらいか。

当時は黒い服ばかり着ていたが・・・

 

O20150714

 

な、なんとボーダー衣装の眞鍋さん。

それがどうした文句があるか。

うん、ない。

ってことでの「大竹まこと ゴールデンラジオ」

 

御両親のお住まいもご近所だそうで

ちょくちょく御呼ばれしてるそうな。

御両親の昔話に出てきた学生運動は赤ヘル、

と聞いて「広島カープ?」の眞鍋さん。

当方が入学した頃は既に駆逐されていたが、

他大学にはまだ残党がわずかに生息していたような。

戦争と抑留で20代が終わってしまった

ウチの親爺に比べればまだのどかだ。

 

負けちゃおれんと大竹翁の昔話は

「昔はスイカを一個丸ごと買ってたぞ」

「どうやって冷やすんですか?」

「井戸に決まってんだろう」

「い、井戸!?」

 

井戸はなくても水が豊富な西条なら、

たらいにスイカを入れて流水をかけておけば冷えるはずだ。

そんな風景をどこかで見たおぼろげな記憶がある。

ただ、スイカに塩を振ったことは一度もない。

スイカの皮の糠漬けも食ったことないが・・・意外に旨そうだ。

 

時期的に安保法制の話は避けられないが、

お腹の子を不安がらせてもいけないし・・・

ただ、11本の法案を2本にまとめて一括審議一括採決

って強引な国会運営、今日の採決で騒ぎが収まるとは思えない。

 

深澤真紀さんはラッスンゴレライに始まるネット噂話。

そういうことだったのかと詳しくは初めて聞く話だが、

「在日」だの「反日」だののフレーズだけで

まともに聞く気が失せてしまう。

ギャグなんて当たるかどうか分かったもんじゃないのに

「どんだけ遠回りの反日なんだ」と眞鍋さん。

「ギャグと分かって乗っかるのが面白さなのに」

 

しかし、SNS特にTwitterの場合、いちいち細かく裏取りせずに

「へーそーなんだ」くらいでRTしたり引用してしまうことはある。

気軽な呟きだしそこまで考えなくても、みたいな。

当方も細かい点で、「あ、違うんだ」ってことは何度かあったし、

気を付けないとね。

 

|

« 暗黒時代の国づくり物語にワクワク眞鍋さん | トップページ | 文化と情報のお酒の選び方 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事