« 出ました!眞鍋さんの旅本第二弾!! | トップページ | キレる雪乃ん、明石家師匠と対決の巻 »

2015年6月10日 (水)

コバラが減ってもひとり旅手帖と眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

オオッ!と眞鍋かをりさんの元に大正製薬より

コバラサポートとリポビタンDが届いた

「大竹まこと ゴールデンラジオ」のスタジオ。

 

T150609

 

もうすぐ仙人と呼ばれるかもとのたまう大竹翁、

「ビルからぶら下がって『ファイトォ~』と叫ぼうか」

「タウリンが入ってますから」と眞鍋かをりさん、言うものの

「私は叫びません」

「私はコバラサポートなんで」 

おっしゃる通り!

 

夜中に小腹がすいたぜとカップ麺なんぞを食うくらいならと

「冷蔵庫開けたらコバラサポート入ってます」

それもいいけど今日は眞鍋さんの旅本第二弾

「眞鍋かをりの世界ひとり旅手帖」の話だと大竹翁

 

O20150609

 

でもコバラサポートも大事なんでと両方掲げる眞鍋さん。

 

貧乏でもセレブでもない一人旅入門編ってことで、

下着類は少なめに、宿で洗濯して使いまわしが良策。

日本人と見たらやたら声をかけてくる奴がいるが

「モテてる」なんて錯覚しちゃあいかんよ御同輩。

下心ありなのか親切なのかすぐには識別できないからね。

 

でもミャンマーは違ってたなぁと眞鍋さん。

頼んでもいないのに「案内したるわ」と現地のお方。

こいつはぼったくりのパターンだな

と覚悟した眞鍋さんだったけど

「何をおっしゃいますやら、お礼なんて滅相もない」

とお代を受け取らない真正の「おもてなし」だったと

感動の眞鍋さん。

 

しかし男は危険な所に行きたがると大竹翁。

煩悩を絶ち切れぬ仙人である。

だがオッサンは「守るべきものが一つ少ないから」と眞鍋さん。

なんちゅうても体を奪われたらあきませんしな。

「守らない人も中にはいるけど」

そりゃイカン。

 

そうじゃない人は取り敢えず

 

Feature009_03

 

「眞鍋かをりのひとり旅手帖」を紐解いてみよう。 

 

|

« 出ました!眞鍋さんの旅本第二弾!! | トップページ | キレる雪乃ん、明石家師匠と対決の巻 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事