« 裁判で勝つにはエッまさかの「マネー」司法制度SP | トップページ | びっくり仰天は函館ティーハーフの「競馬BEAT」 »

2015年6月20日 (土)

あるか新たな変身、眞鍋さんのインタビュー二題

 

ネットでも読める眞鍋かをりさんのインタビュー

二本、相次いでアップされている。

ほうほうと眺めてみるに、まずはコミック履歴

http://book.asahi.com/book/comicbreak/2015061600002.html

 

ドラゴンボールと眞鍋さんは切っても切れない関係

とは知っていたけど、セーラームーンもそうだったのか。

ヒーローに助けてもらうのではなく

自ら戦うとこが新鮮だったらしい。

 

2015061600002_1

  

言われてみりゃ少年ものでも両方あった。

思いつく限りの超絶古いとこでは月光仮面とか鞍馬天狗とかは

正義のオッサンが少年を助けに来るパターン。

でも、ガキだけど強いんだぞってのもなかった訳ではない。

少女ものでそーゆーのってリボンの騎士くらい?

 

それを考えたら強いヒロインも増えたものだ。

ってことで今のイチオシは「女の友情と筋肉」

そういえば眞鍋さんも鍛えてますねぇ。

ムキムキに抵抗感ありませんか?

そーでもない

へー

なんてやり取りがあって、

眞鍋さんも強いヒロインに変身しつつあるのかも。

 

もう一丁はプロレス女子眞鍋さんの一考察

http://number.bunshun.jp/articles/-/823544

プロレスのことは良く知らないのだが、むむっ!

棚橋選手は本学出身とな。

それは知らんでは済まされんな。

 

ドラゴンボールに出てきそうな肉体にイケメンで

全て揃っておるそうな・・・

ホントに立命か?

本学出身の古田捕手はのび太君なんて言われていたが

・・・まぁ例外もいるってことで。

 

どちらもドラゴンボールから筋肉へと

破綻なく論理は繋がっている訳で、そういえば

夢の中で自らジャーマンスープレックスホールドをかけた

というから、筋トレからスーパーヒロインへ

という流れもひょっとしたらありなのか・・・

 

「美少女戦士」とはいかないけれど

まっそれはそれってことで

気にせず行こうぜ。

 

|

« 裁判で勝つにはエッまさかの「マネー」司法制度SP | トップページ | びっくり仰天は函館ティーハーフの「競馬BEAT」 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事