« 1位はあっと驚くアレだった5月度検索アクセスのまとめ | トップページ | 大阪の未来を語る「マネー」SP »

2015年6月 7日 (日)

新時代の幕開けなのか安田記念

 

001

 

「さぁ今日は安田記念やねぇ」

「今年の安さんはエライことになってまっせ」

「おっこるでしかし」 

「いや姐さん、そのやっさんやなくてですね」

「往生しまっせ」

「そうそうそれでんがな・・・アレ?」

 

008
  

「大混戦安田記念を『競馬BEAT』のカリスマモアイがズバリ」

「はい、海を見つめて20年・・・って、ちゃいまんがな」

「先週のダービー、見事当てたしねぇ」

「プレッシャーきつかったんでほっとしました」

 

011

 

「当選者の方からお手紙来てるよ」

「おぉ、それは恐縮でおま」

「『ありがとうモアイさん、自転車買います』やてぇ」

「モアイちゃいますって」

「22万円あったらええ自転車買えるねぇ」 

「ちょっと姐さん・・・」

 

003

 

「ごちゃごちゃ言わんと、今日の買い目は?」

「えぇ・・・フィエロ本命に内と外に網を張りま」

「一番人気のモーリスは入れへんの?」

「あ、はい・・・姐さん、怖いですって」 

 

てことで杉崎美香りん姐さんと麒麟・川島はんの

「競馬BEAT」は予想困難な安田記念。

スタジオではフィエロが人気だが、今一つ、

オルフェーヴルやジェンティルドンナ、

最近ではドゥラメンテが見せるような

圧倒的な破壊力を感じない。

 

それがあるのはモーリスなのだが、6歳とはいえ

1年4カ月は病休だったヴァンセンヌの

折れない魂にちょい判官びいき。

世界チャンプのエアロヴェロシティーと

雨中の激闘を演じたミッキーアイルも捨て難い。

モーリスはスタート下手だし。

 

なんて思ってたら、あら?上手く出たよモーリス。

おまけに好位につけてミッキーに並ぶ態勢。

スタートが良過ぎたミッキーは

落ち着かせるまでちょいかかり気味。

ヴァンセンヌは後方だが、平均ペースだから充分、狙える。

 

だがしかし、最終コーナー手前でモーリスは

早くも馬群を抜け出し三番手、そこから一気にスパートだ。

ヴァンセンヌもミッキーも馬群の中でもがいている。

お先に失礼と、巧く立ち回ったなぁ・・・と思ったら

よっこらせ、どっこいしょとヴァンセンヌ、

インからアウトへの抜け出しを図る。

ゴールまでもう200mあるかなしかだが、

折れない魂全開でモーリスに襲いかかった。

 

脚を長く使った分、モーリスも逃げきれるかどうか

微妙だったのだが、辛くも押し切った格好。

しかしヴァンセンヌ、やっぱ泣かせる奴である。

 

014
  

「いやあ、掲示板に上がったのは皆、GⅠ未勝利馬ですわ」

「馬券は当たらんかったけどね」

「世代交代ゆう感じしますわ」

「買い目は外したけどね」

「姐さん、その笑顔が恐いです」

「おっこるでしかし」

 

てなことでまた次週。

 

|

« 1位はあっと驚くアレだった5月度検索アクセスのまとめ | トップページ | 大阪の未来を語る「マネー」SP »

競馬」カテゴリの記事