« バースデイも近いがヒストリーツアーも近づいてきた日本周辺へ | トップページ | 必勝交渉術の賞味期限? »

2015年5月26日 (火)

先生がしくじっても優しい生徒は眞鍋さん

 

「しくじり先生」の教室に入ってきたのは

「ベテランゴーストライター」氏。

教室にはフルコンサートグランド。

いきなり弾きはじめたらさすがプロ、いい音するなぁ。

でも、この明るく抜けるような音は・・・よよっ!

スタインウエイだよ、やっぱり。

 

てことでプロ仕様の扱いで登場の新垣隆氏。

でも、カワチノカミのゴーストライターだった。

 

015

 

何曲目くらいからヤバいと思った?って眞鍋かをりさんの質問に

「三曲目くらいから」って、早いな。

 

でも、頼まれたら嫌とはいえないのだ。

顔と名前が知られ、騒動のほとぼりがちょっと冷めた頃から

面白オファーがあれやこれや。

「なんでこんなことを」と思うけど

「強く言われたのでは?」と眞鍋さん。

 

021

 

おっしゃる通りですわって答えに

「断れなかったんだ」と優しい眞鍋さん。 

 

でも、同情してばかりはいられない。

先生、弄られキャラにすっかり味を占めてしまったご様子。

「舞ちゃんの思い出」なんて即興演奏も披露して

「めっちゃイイ曲」って眞鍋さんの声に、もっと聞かせろコール。

ついでに浅田舞さんもフィギュアの感じでって言ったら、

浅田さんもはいはいと立ち上がるんだから、

断れないのはお互い様か。

 

030
  

遂にはクワガタに鼻を噛まれる芸

なんてのもやってしまったが、

クワガタに闘争心が欠けていて頬クワガタ。

まぁまぁとクワガタを引き離すのは眞鍋さん。

 

034

 

「受けるか受けないか判断基準を持て」という結論だが、

弄られキャラは人を傷つけないし楽しいからいい

ってことで「何でも受けまっせ」

 

ええと・・・参考になったのかどうなのか

よく分からない先生でありました。

オモロかったから、まぁそれでいいのでしょう。

 

|

« バースデイも近いがヒストリーツアーも近づいてきた日本周辺へ | トップページ | 必勝交渉術の賞味期限? »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽4)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バースデイも近いがヒストリーツアーも近づいてきた日本周辺へ | トップページ | 必勝交渉術の賞味期限? »