« 春は近いか遠いのかとクラシック予選弥生賞 | トップページ | 驚き異変ありの2月度検索アクセスまとめ »

2015年3月 9日 (月)

ホンマかいと「マネー」は北の指導者脳内分析SP

 

なめたらあかんで北朝鮮、え!ホンマ!?

って感じで「たかじんNOマネー」は金正恩の脳内分析SP。

 

なんたって核弾道弾で米に手を引かせ、

在韓米軍も撤退してタイマン勝負になれば

サイバーテロで指揮通信機能を麻痺させて

生物化学兵器で攻めれば韓国は落とせる

なんて思ってるらしい、

とはゲストの武貞秀士拓殖大大学院教授の弁。

 

009
  

腹ペコ人民軍にそんな力があるのかといえば

新体制になってから経済も回復しているらしい。

自由市場が黙認されるようになったので

自分で作った農産物を売って元を手に入れれば

それなりに物資も手に入るようになったそうな。

 

006

 

ってことはと眞鍋かをりさん、前の将軍様は

「残念な指導者だったんですか?」 

残念すぎるがな。

富は全て国家のものなのに自分のものにしてる奴がいる

とか何とか無茶苦茶なこと言ってたしね。

今は外国人でも普通に地下鉄に乗って

市民と会話もできるのだそうで

「馬鹿息子じゃなかったんですね」

 

015

 

PCと自動車で世界を席巻するのだ、

という壮大な野望を持っているそうだが

「ダサそう」という眞鍋さんにそんなことはないと武貞氏

フィアットのノックダウン生産でそれなりに動くと断言! 

 

しかし、車作りは奥が深いもので、

設計図と生産設備が同じでも同じ性能にはならない。

韓国メーカーがロータスの設備を買い取って

エランを再生産したことがあったが、

ロータスの神髄であるハンドリングは再現できなかった。

 

ロータスがチューニングしたマシンをニ台乗り継いだ当方、

同じ車なのに何でこうも違うのか

日本のエンジニアに尋ねたが

「分からん」が返事だった。

先は遠いぞ北朝鮮。

 

025   

 

一時は松葉杖の厄介になるほど肥えまくった金正恩

「激太りの原因は何ですか」という眞鍋さんに

「食い過ぎ」ってそりゃそうだろう。

食わねば肥えない。

 

だが、彼の国ではデブでないと

指導者らしい貫禄がないと見なされるらしい。

食えない人民は肥えたくても肥えられんしね。

 

日朝問題といえば拉致被害者。

とんとん拍子で進むかと思ったら

昨秋から持久戦に入ってしまった。

日本側が直談判しなかったから、

日本と関係改善したら得だよアピールがなかった

と専門家の方々おっしゃるのだが

中韓との関係改善より先に

北と関係改善するのが得か否かは

意見の分かれるところだろう。

 

029

 

深澤真紀さん、自称ISILのやり方を

この手があったかと注目しているのではないか

との指摘だが、高英起さんは否定。

テロとは一線を画している、というのだが

 

032

 

北朝鮮もテロ国家やないかい、そやそやとブーイング。

だが、ラングーン事件や大韓機爆破の頃とは違うらしい。

テロ反対をアピールすることで

国際社会でのイメージアップを狙っているとか。 

 

意外に世界のことも気にしてるみたいで

関係改善もしたがってるってことで

眞鍋さんもちょっと認識新たな回だったようだ。

 

|

« 春は近いか遠いのかとクラシック予選弥生賞 | トップページ | 驚き異変ありの2月度検索アクセスまとめ »

眞鍋かをり・テレビ(報道・情報3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春は近いか遠いのかとクラシック予選弥生賞 | トップページ | 驚き異変ありの2月度検索アクセスまとめ »