« ゴールデンラジオ in 新潟の眞鍋さん | トップページ | バルもワルもいいではないかと眞鍋さんのセカホン »

2015年3月26日 (木)

京都で奈良で大阪で、連続大ピンチの眞鍋さん

 

001

 

おっ、清水寺山門前の眞鍋かをりさん。

隣には何故かアンガの気持ち悪い人。

「ダレトク!?」といえば前回も気持ち悪い人が

眞鍋さんをおんぶしたりしていたけど、

そのリベンジ編ってことらしい。けど

「春の大ピンチまつり」とは物騒な。

 

二回目ということで今回は

企画のホントの意図も分かってる眞鍋さん。

でもパワースポット巡りは好きですよとリップサービス。

清水寺は我が師匠がいた寺だが、他力本願は戒むるべし。

 

005

 

てなことで行ったのは、すぐ隣の地主神社。 

目を瞑ってあっちの石に辿り着けたら縁結びってあそこ。

「来たかった」という眞鍋さん、おみくじ引いてみたら

「容姿に迷うな」って、ん?気持ち悪い人が目の前にいたら

絶対迷うよな。

 

気持ち悪い人のおみくじには

「焦るな」って書いてあったのに

 

014

 

焦っとるがな。

その手はなんだ、「妖怪みたい」

って眞鍋さんが言ったら妖怪の本性むき出しで寄ってきた。

妖怪に御利益があるはずはない。

目的の「恋占いの石」には遂に到達できず。

おみくじ的中だ。

 

だが、性懲りもなく奈良は生駒の千光寺まで連れてゆく。

「京都から奈良までって結構な旅ですね」と眞鍋さん。

「封鎖できません」なんて、「踊る」映画のロケに使われた

高速道路の開通でちょっとは近くなったと思うけど。

 

016

 

巨根地蔵にびっくり眞鍋さん、

計15㎏の鉄下駄履いて三歩歩けば玉の輿ってのに挑戦。

 

最初はビクともしなかったけど、

必要なパワーと自分の脚力、

物理の法則から方程式を編み出すと

あらよっと三歩前進。 

 

026
  

しかし、「もっといける気がしてきた」

「大富豪いける気がしてきた」と

さらに進撃の眞鍋さん。

 

029

 

大富豪でもない気持ちの悪い人が慌てて止めたけど、

そんじゃああんたはどないだといえば

60㎏の鉄棒、1ミリも持ち上げられず。

あかんやん。

 

031

 

鉄棒が上がる前にどっかの血管切れても知らんよと眞鍋さん。

 

何をやってもダメな気持ちの悪い人、

今度はこれまたちょっとした旅で

大阪の天保山まで行き大観覧車へ。

観覧車が頂点まで行った時にナニすれば

の伝説に挑戦したいらしいのだが。

 

036

 

とことんおみくじに逆らう。

焦りは勿論、無理強いもダメだろ。

「二人きりで乗せられるとは思わなかった」眞鍋さん、

さてこの後どうなったかは未公開。 

眞鍋さんの格闘技炸裂で気持ちの悪い人、

ボッコボコになってたりして・・・

 

次の企画はタナカハウスだなんて声が上がったけど

眞鍋さんの鉄拳と関節技に堪えられるのか気持ちの悪い人。

乞う御期待(?)

 

|

« ゴールデンラジオ in 新潟の眞鍋さん | トップページ | バルもワルもいいではないかと眞鍋さんのセカホン »

眞鍋かをり・テレビ(娯楽3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴールデンラジオ in 新潟の眞鍋さん | トップページ | バルもワルもいいではないかと眞鍋さんのセカホン »