« 面目あってアレコレの眞鍋さん | トップページ | ホンマかいと「マネー」は北の指導者脳内分析SP »

2015年3月 8日 (日)

春は近いか遠いのかとクラシック予選弥生賞

 

「さぁ姐さん、いよいよシーズン到来でっせ」

「初鰹の季節やねぇ」

「そうですわ姐さん、鰹といえばたたき・・・ちゃいまんがな」

「競馬界にも春と一緒にクラシックの足音が」

「たまらん季節ですわ」

「おいしいしねぇ」

「それが姐さん、お金も貯まりまへん」

 

001

 

「辛いわぁ・・・けど、春も来ることやし」

「そうですわ姐さん、開けない夜はおまへん」

「で、今日の弥生賞、川島君の買い目は?」 

 

016

 

「さぁそれですわ。僕はクラリティスカイ軸で行きま」

「朝日杯でイイ時計出したから?」

「さすが姐さん」

「でもそれでゆうたらトーセンバジルも」

「シャイニングレイよりエエ時計出してまんな」

 

006

 

「お金貯まったらええね」

「レースいきまひょ」 

 

てなことでの「競馬BEAT」は弥生賞。

重賞馬7頭の豪華決戦はシャイニングレイに人気集中だが・・・

暴れとるがな。

騎手を振り落として杉崎美香りん姐さんもちょっと心配。

二番人気サトノクラウンは

得意の後足立ちキャパリーノランパンテ。

どやねん。

相変わらずゲートは苦手みたいだし。

 

しかし、ゲート内では暴れず

まぁまぁのスタートを切った王冠に対し、

シャイニングはスタートしても暴れ気味。

ゲートで暴れても不利を跳ね返す根性がある、

と坂口先生が評価するサトノクラウン、

ゲートで暴れなかった分、力に余力があったか

ラスト直線に入ると一気に独走状態を築いた。

 

最終コーナーでふくらみそうになったけど

福永騎手の右手一振りで戻ったし、

走りだせば「操作性がいい」らしい。

スタート前が要注意の馬みたいだ。

ってことで・・・

 

021  

 

「なかなか夜は開けませんな、姐さん」

「春は遠いねぇ」

 

懐には貯まらなかったお二人だが、

次週は牝馬戦フィリーズレビュー。

ルージュバックのライバル決定戦になるのかどうか、

女子相手じゃつまらんと

ルージュが皐月に行く可能性もある。

となると桜花賞を占う重要性はむしろ増す一戦となりそうだ。

 

美香りん姐さんと川島君、

次週こそ「たまる」春となるのであろうか。

 

|

« 面目あってアレコレの眞鍋さん | トップページ | ホンマかいと「マネー」は北の指導者脳内分析SP »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 面目あってアレコレの眞鍋さん | トップページ | ホンマかいと「マネー」は北の指導者脳内分析SP »