« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

小さくても大切なこと、眞鍋さんの元気ッズ

 

よい子に贈る眞鍋かをりさんの「がんばれ!元気ッズ」

最終回の今日は旅好き眞鍋さんのちょっといい話。

 

016

 

初めてやってみてうまくいった時の気持ち

コレを大事にしようぜ。 

 

眞鍋さん、一人旅の始まりは2010年正月、

フランスはパリだった。

彼の地のパン屋に入った眞鍋さん、

「クロワッサン二つ下さい」とフランス語で言ったら

「へぇ、おおきに」とフランス語で答えてくれた。

 

018
   

初のフランス語会話に成功、やったぜ!

でも、この感覚、遠い昔にも感じたことがある。

そうだ、凄く小さかった頃、家に母親がおらず、

どこへ行ったんだろう?お友達の家かな?

チビだった眞鍋さん、寂しかったんだろう、

電話帳のメモを頼りに生まれて初めて電話をかけたら、

これが正解、いましたお母さん。

 

024
  

「よく電話かけられたね」とお母さんも

驚き半分で褒めてくれたらしい。

 

初めてのことに直面すると不安もあるだろうけど、

やり遂げた時の気持ちを忘れずに、

自分を褒めてあげよう。

 

032

 

大人になってもその気持ちは凄く嬉しいもんだよ。

 

眞鍋さんのシリーズは今回で終わり。

生まれて初めて電話をかけたのは何時だったか、

全く覚えていない当方だが、眞鍋さんの記憶力と

小さな経験から普遍性を導きだす思考力、

やっぱり伊達ではないと実感した次第だ。

 

| | コメント (0)

2015年2月26日 (木)

綺麗もいいけど旨いものもねと眞鍋さんのセカホン

 

昨日のセカホン=世界行ってみたらこんなトコ、

常夏で台風も滅多に発生しないというモルディヴ。

ってことで眞鍋かをりさん、「奇麗すぎて」

あんなとこ一度行ったら

「日常生活に戻る自信がない」。

 

最近よく眞鍋さんと共演する気持ちの悪い人、

今回もモルディヴまで行って伝統のマグロ漁。

眞鍋さんは驚いていたが糸を手で引く一本釣りは

日本と同じでどっちが先ってことでもなさそう。

ただ、気持ちの悪い人、最初と最後だけ自分でやって

途中は地元漁師にお任せ。

 

001

 

おかしいではないかの非難轟々への情けない言い訳に

一人だけ立ち上がりリアクションの眞鍋さん。

しかし、上げたのも17㎏のキハダ鮪って、「大物」なのか?

鰹ならかなりの大物だけど

クロマグロの「大物」なら100㎏を超えるぞ。

 

ところで冷え性眞鍋さん、寒い所よりも

モルディヴみたいな温かい所の方が好きなのか

と思いきや、金沢に弾丸日帰り旅行してた 

http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/

 

昨年も番組で福井に行ってたけど、

やはり旨いものは寒さを超えた吸引力があるのか。

回転すしに白エビってのはやっぱ地元ならでは。

アレ、太平洋側ではなかなか手に、否、口に入らない。

 

ズワイ蟹もそろそろ終わりだけど何とか香箱蟹もゲット。

地域によって、せこ蟹ともこっぺ蟹ともいうが

これは京都の寿司屋でよく食った。

丹後も蟹の産地だしね。

 

で、寒鰤は食わなかったのか、と思ったら、

そうそう愛媛にはみかん鰤って名産があったんだった。

ちなみに鰤は日本近海でしか獲れないのでモルディヴにはない。

 

| | コメント (0)

2015年2月25日 (水)

4年経ったか眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

「大竹まことゴールデンラジオ」が2000回突破

ってことで、普通なら「あ、そう」で流す大竹翁も

首を寝違えたせいか「ちょっと違う」。

ゲストに来られた方々の中には

この8年間の間に物故された方も、あぁあの人も・・・

ちょっぴり湿っぽい。

 

眞鍋かをりさんが火曜レギュラーになってはや4年。

2000回の半分の5分の1だから200回は出てるってことか?

初登場は忘れもしない2011年4月5日。

「ちょうど震災の年でした」と眞鍋さん。

 

津波で海に流された家の上で

三週間漂流していたワン公が救出され、

その飼い主が見つかったというニュースの日。

被災犬救出募金に参加していた眞鍋さんも

感動のニュースだった。

 

20110405webthumbnail2
  

てことでその時の画像。

今週のゴールデンラジオ、

眞鍋さんの画像がなかったし、せっかくなので。

 

ゲストの永六輔さん、喋りにくそうだなと思ったら

パーキンソンなのか。

当方のジストロフィーと見た目

どこが違うのか分からないくらい症状は似ている。 

ジストロフィーは幼少期に発症しパーキンソンは高齢者

みたいな違いは以前はあったのだが、

当方みたいに大人になってから発症するジストロフィーも

10年ほど前から確認されているのでよう分からん。

けど、永六輔さんの方が長生きすることだけは間違いない。

 

と思ったら深澤真紀さん「恋愛結婚がいいとは思わない」

向いてない人もいるんだから

お見合い的社会システムがあってよい、と

一見大胆だが考えてみりゃそうだよなって人も結構いそう。

メンド臭いこともありゃ、ここぞって時の勇気もいる。

きっちりサポートしまっせ的ビジネスも実際にあるようだが、

金かぁ・・・ってのも追い込まれないと踏み切れないかも。

 

上司に勧められる見合いは断りにくいけど、

大人が若者をサポートする何かはあっていいかもね。

 

| | コメント (0)

2015年2月24日 (火)

「元気ッズ」にもオッサンにもためになる眞鍋さんのお話

 

010
   

眞鍋かをりさんがよい子に贈る「がんばれ元気ッズ」

この際なので悪ガキもよく聞きやがれ。

抽象的なよく分からん話ではない。

眞鍋さんの実体験に基くことだ。

今回のテーマはコレ。

 

002  

 

子供の頃の眞鍋さんはこれといった夢を持っていなかった。

ただ、自然豊かな愛媛県西条市(なんと水道代はタダ!)

に育ったので正反対の大都会、東京に行ってみたいなぁ

と漠然と思っていたくらい。

 

ほんじゃまぁ東京の大学にいこかと勉強してみた・・・

だけで横浜国大ってどやねん。

明確な将来展望を持ちつつ必死こいても

私大止まりの諸人(当方もその一人)は立場ない。

 

と、バカが喚いても「知らんがな」で終わりなので

先行こう。

 

003
  

東京へ行ったら芸能界があっちの方からやってきて

ほんじゃまぁとやってみたら、

なんとバラエティー番組に出てもちっとも喋れない!

持って生まれたものだけでは越えられない山が

遂に眼前に立ち塞がったのだ。

 

ふっふっふっ、喋りなら任せておけ・・・

て人ならひょいひょいと山を登れたかもしれないが、

口が上手いだけで中身がなけりゃ限界がある。

山を越えたら谷がある。

それを渡り切る力が必要だ。

 

013

 

眞鍋さん、自分では言わないけど、

その力があったことは明らか。

でも、それは

目の前にそびえる山を越えようと頑張ったから。

 

喋れないことが悔しくて、

何とかしようと努力している内に

「次はこんな風にしてみたい」と

「夢の種」が生まれてきたのだ。

 

015

 

そこで眞鍋さんは言う、

「目の前にあることを頑張ってみたら

『夢の種』が見つかるかもしれない」と。

 

「夢の種」が見つかって、

よっしゃやってみようと主体性が芽生えたら

あれもこれも色々自分から身につけて谷を渡り、

次の山も越えられるという訳だ。

 

021_2

 

いやぁよい子は勿論、悪ガキにも

不良中年のオッサンにもためになる話だったね。 

 

| | コメント (0)

2015年2月23日 (月)

眞鍋さんに重大事実発覚?の「マネー」医療相談所  

 

003_2 

  
   

痛風にビールが効くなんて言ってた時代があった?

昔の爺さんたち、ビール飲みながら痛がってたらしい

ってホンマかい的「たかじんNOマネー」は

ホニャララのできる医療相談所第三弾。

 

人間ドックに行くと色々オプションがついていて

あれもこれもと頼むと法外な値段になってしまうが

あれってどうなのか。

 

014

 

「完全に体を仕上げてから行きます」眞鍋かをりさん。

黒田はんも何か見つかったらビビってしまう。

なかには鬱になる人もいるとか。

 

しかし、脳動脈瘤の破裂などは前触れなしに突然起こる。

事前に分かっていれば次からは保険診療でカバーできるので

オプションも無意味ではないらしい。

 

018

 

現代医療を以てすれば

そのうち70歳80歳でも出産可能になるだろう、

なんて話に「育てられない」と眞鍋さん。 

でも50歳を過ぎると生命の危険を伴う。

やはり限界はあるのだ。

 

若い内に卵子を凍結保存する

なんてのが最近注目されているが、

それでも高齢出産のリスクは回避できない。

で、卵子を取るのって痛いの?と眞鍋さん、

「針を刺す」と聞いて「ヒャー」と天を仰ぐ。

なんでやねん

 

024

 

いや、それほど痛かないという産婦人科医の弁に

「どれくらい?」 

おぇい、やる気なんかいとツッコミが入ったが、

眞鍋さん、駐車も注射も苦手だもんね。

 

では、ハゲはホントにスケベなのか?

実は都市伝説とばかりは言えないのだ。

男女にかかわらず34歳を境に

男性ホルモンの分泌が増える。

ん?34歳?

 

038
  

「そういえば」と34歳眞鍋さん。

若い女子に飯をおごって

「こんなおいしいの初めて」なんて言われると

ムフフ・・・そやろそやろなんて「オッサンになってきた」。

 

だが、「マネー」医師団によると

男性ホルモンのせいか否かは断定できんとのこと。

安心していいのかどうなのか。

 

ブラック病院の見分け方に触診するか否かだと森田豊博士。

これは当方もつい最近に経験した。

名前を出したっていいんじゃないかと思うくらいのやぶで、

骨折してるんじゃないかの診断なのに全く触りもせず、

勿論、レントゲンも撮らずに「大丈夫だ」。

別の病院に行ったらきっちり折れていた。

 

045

 

さて、ダイエットはカロリー摂取量と消費量の問題。

なので運動せずに健康的に痩せるなんて無理と

そりゃそうだの話。

筋肉増やさないと基礎代謝も増えないよ・・・ってことは

眞鍋さんの筋トレこそ正解。

男性ホルモンは増えるかもしれないけどね。 

 

| | コメント (0)

2015年2月22日 (日)

かかってはいない美香りん姐さんとフェブラリーS

 

「さぁ姐さん、いよいよGⅠ開幕戦でっせ」

「雨降らんでよかったねぇ、ダーット来るか思たけど」

「ダートだけに?それザーッとちゃいまんのか」

「コパノリッキー、調教の時より体重減ってるねぇ」

「え!まさかの無視?」

「20㎏も減ってるやん」

「姐さん一人分でんな」

「リキは大丈夫なんやろか」

「・・・姐さん、かかり気味だっせ」

 

028

  
  

「しっかり目ぇ開けてみましょ」

「そうしまひょ」  

 

てことで「競馬BEAT」はフェブラリーS。

昨年大穴のコパノリッキーが今年は大本命。

ホッコータルマエが出てないしね。

でも、どこかに穴はないのかと思ったら

 

017

 

「競馬エイト」の高橋賢司さん、

大胆にも60%はまさかの可能性ありときた。 

オオッと杉崎美香りん姐さんに麒麟・川島はん。

 

なんたって川島はんの買い目は

ベストウォーリア本命のBox買い。

ベストウォーリアは戸崎騎手だし、

ついでに五歳つながりでインカンテーションも入れて

というのは当方の予想だったが、

 

021

 

これズバリ決まって

美香りん姐さんも「完璧な予想」。

 

蓋を開けてみればスタートが心配されたコパノではなく

行くべき馬がまさかの出遅れで

前半速いタフな展開になったけど、

二番手から堂々と押し切ったコパノは偉い。

体重は減ったけどリキには影響なかったみたい。

 

言うまでもないが、放送中の美香りん姐さんは

決してかかってはいなかった。

 

| | コメント (0)

2015年2月21日 (土)

長女が好きなものは・・・と眞鍋分析もありの「マタヂカラ」後編

 

てな訳で眞鍋かをりさんMCの「オンナのマタヂカラ」後編。

またまた色んなぶっちゃけが飛び出した。

 

034

 

女子の頭をポンポンて、えっ!喜ぶ女子がいるのか

と思ったら眞鍋さんは「好き」

犬山紙子さんは「好きじゃな~い」 

当方の知り合いにやったら

「何さらしとんじゃ!なめとったら承知せんど!!」

とか怒鳴られて、こっちが頭を殴られそうだが・・・

 

眞鍋さんの分析によると「好きなのは長女」。

てことで、「好きじゃない」犬山さんは次女で、

「好き」と答えた皆さん、いずれも長女と判明。

「親の頭ポンポンに飢えているから」と眞鍋さん。

 

025

 

てことで眞鍋さんの提言、

「長女と確かめてからやれ」 

そうだったのか。

 

冬を利用せよのマタヂカラの中で、

自分のマフラーに香りをつけて

彼氏に嗅がせる説が出ると犬山さんが反応。

 

012

 

彼氏のマフラーを奪って自分の首に巻き

「あ、いい匂い」などとうそぶく・・・いや、

言ってやればいいのだ。 

う~む・・・・

マフラーしてなかったらどうするのだ。

冬でもタンクトップのデブだったら?

まぁその時はその時だね。

 

031

 

さて、眞鍋さんの「ニットの下には色々仕込める」論。

エエ?厚めのブラにカップ付きキャミを重ねて上にニット

そこまでやるかで確実に3サイズはアップするぞ。

でも、夏にやるとバレバレなので冬限定。

彼氏も冬限定?

なこたぁないだろうから

クリスマスプレゼントみたいなもんか。

 

しかし、彼氏と二人きりになって

怪しい雰囲気になってきたらどうするのか?

眞鍋さんの答えは明快である。 

 

037

 

「暗闇で投げ捨てろ」

動揺してはならぬ。

決断と実行、これあるのみだ。 

 

一回収録だろうからかなりの長丁場だったろうけど、

疲れも見せず澱みのない進行の眞鍋さん。

これもまたたゆまぬマタヂカラの賜物だね。

 

| | コメント (0)

2015年2月20日 (金)

話題もニュースも色々あった1月度検索アクセスのまとめ

 

さて諸般の事情により1月度の当ブログ

検索アクセスのまとめをやっておこう。

色々変わったことやニュースもあったので。

 

変わったことその一は「眞鍋かをり 俳句」。

1月22日の「プレパト」俳句合戦で1位に輝いた

 

069

 

コレだ

http://vq12bb31kn29.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-25b4.html

思いの他、反響が大きくて、

もう少しで1位になるところだった。

眞鍋さん、俳句県(愛媛)出身の面目躍如だが、

俳句が上手とは知らなんだほい。

 

変わったことその二は「おとなのOFF」

http://vq12bb31kn29.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/off-cb36.html

これが「俳句」とほぼ同数の3位。

通向けの番組なのでちょっと驚くが、どうやら

 

014

 

眞鍋さんが美味そうに飲んでるコレ、

ドイツのナインアルコールビール、

ヴェリタスブロイにおっとなった方が多かったようだ。

「OFFは初体験を探しに行く時間」というだけあって、

豊富な話題は尽きることがない。

それが独りよがりのウンチクにならないところも眞鍋さんらしさ。

 

で、ニュースというのは川ちゃん(川田裕美さん)が

4月から杉崎美香りん姐さんと同じセントフォース入りすること。

 

045

 

1月は「行列」に遠征してひと暴れした 

http://vq12bb31kn29.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-15b2.html

とはいっても、全国的には「ミヤネ屋」キャスター。

泉州弁のキレのいい突込みや踊る声などの

川ちゃんらしさは知られてはいない。

 

赤江珠緒さんや山本モナさん、八木早希さんなど

在阪局出身のフリーアナは他にもいるけど

川ちゃんみたいに大阪色濃厚な半芸人キャラはちょっといない。

地元にいればみんなの川ちゃん、ウチらの川ちゃんなんだけど、

どうなるのかな?

 

005

 

どうなるのかといえば川ちゃんの「ハテナさん」はどうなるのか?

やり切っていないと思うなら先を目指すべき、

と川ちゃんが言ってる以上、見守るしかない。

ってことで、

脚長に見えるように画像をいじってやったぜ。

 

も一つニュースといえば「競馬BEAT」キャスター

杉崎美香りん姐さんの結婚。

 

006

 

ということでめでたく着物姿で。

隣の人と結婚した訳では決してない。 

姐さんも大人だし、気の迷いでもなさそうなので

まずはひと安心というところ。

 

で、美香りん姐さん、

引退した女帝=ジェンティルドンナの弟レゲンデが

新馬戦に勝利したことに喜んでいる。

てことで「競馬」4位、美香りん姐さん5位。

 

056

 

新春一発目からAir bnbなんて

儲け話を眞鍋さんが披露した(さすが話題豊富)

「たかじんNOマネー」は1位。

そして10位には

セカホン=「世界行ってみたらこんなとこ」が入った。

 

017

 

なんだかんだでじわじわ検索数がアップしてきたセカホン、

気が付いたら定着しそうな勢いだ。 

 

 

てなことで1月度検索アクセス順位は以下の通り。

 1位:たかじんNOマネー
 2位:眞鍋かをり 俳句
 3位:大人のOff
 4位:競馬
 5位:杉崎美香
 6位:黒タイツ
 7位:大竹まこと ゴールデンラジオ
 8位:川田裕美
 9位:眞鍋かをり 犬
10位:セカホン=世界行ってみたらこんなとこ

 

| | コメント (0)

2015年2月18日 (水)

あれよりこれより温泉と旨いもの?的眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

「がんばれ!元気ッズ」では良い子のみんなに

役に立つお話をしている眞鍋かをりさんなのだが、

ロケ先などで子供を弄るのはあまり得意じゃないそうな。

 

大竹まこと翁もあまり変わらないようで

鶴瓶師匠がガキと会話する様に感心している。

そのガキ、将来の夢は?との問いに

「平凡な人生」と答えたそうな。

パレスチナかシリアか、紛争地の子どもみたいだね。

 

O20150217

 

てなことでの「大竹まこと ゴールデンラジオ」 

中川翔子さんもご一緒に。

大竹翁が何か苦しんでいる・・・ん?笑ってるのか?

よう分からん。

 

先週末は九州にいた眞鍋さん。

お仕事の先乗りで宮崎牛に地鶏に温泉、

お友達に付き合って巨人軍のキャンプにと

矢継ぎ早にツイートしていたのは

巨人軍選手の誰かとの熱愛疑惑を避ける為だったそうな。

へ~

 

実際、走ったりキャッチボールしたり、

練習だけ見てもイマイチピンと来なかったような。

それよりこれ

 

T150214_3

 

眞鍋さんだと思うのだが、何をしているのかは不明。

でも、温泉を楽しんでいるらしいことは伝わってくる。

巨人軍には申し訳ないがキャンプの練習風景より

こっちの方が楽しかったみたい。

 

 

さて、日本経済来年大破綻論の浜矩子さんが登場。

このままいけばって話で打つ手なしってことじゃないだろう。

インフレ政策とってるのだから

有効需要創出策を打てばいいのだが

株投機にじゃぶじゃぶ金をつぎ込んで

競争力の名のもとにコストダウンのデフレ圧力では

やばいかも。

 

トリクルダウンてのはそんなのある訳ねーよ

ってのが本来の意味だったとか。

19世紀にも馬と雀政策って言葉があったそうな。

勿論、逆説的な意味で。

 

勝ち組だけの均一的な社会は必ず滅びるとおっしゃるが、

そもそも勝ち組って優秀な人ばっかりか?

アインシュタインだって学歴的には落ちこぼれだったぞ。

そんな偉人はたくさんいる。

 

焼け野原から国土を作り直した

戦後みたいな高度成長はないだろうけど

文明の進歩という意味での成長はあると思う。

投資のチャンスもそこにあると思うのだが・・・

 

てなこと考えていたら深澤真紀さんは九州、

何だ眞鍋さんと入れ替わりか。

その前は香港にいたらしい。

第二の天安門は香港で起こる?

うぅむ、また後日詳しく聞かせてもらおう。

 

| | コメント (0)

2015年2月17日 (火)

グローバル化時代に逆転発想で「がっちり」

 

愛媛といえばもぎたてテレビの眞鍋かをりさん、

「がっちり!マンデー」で儲けてる地域メディア特集だ。

 

024

 

通信社の配信を受けない純地方紙で66000部とは

なかなかやるな松本の市民タイムス、と思ったら

母数が違ってて普及率52.5%とは恐れ入った。

 

販売区域をさらに五分割して地元優先で紙面を替える。

一面だけじゃないかとは思うけど整理部は大変。

配達はどこか大手日刊紙の販売店にでも

委託してるのだろうか?

 

045

 

もっと凄いのは千葉の「地域新聞」。

フリーペーパーってことは広告収入でやってるのだろうが、

地域を25に分けて広告狙い撃ち。

記事を書くのも配るのも地域の主婦。

 

「フリーの記者が多いっていうのは強いですね」と眞鍋さん。

「やりたいことが記事にできるし」

困ったこと、あったらいいな、これ面白いが

そのまま反映されるという訳。

 

047

 

道路沿いの植え込みの形が

ソフトクリームみたいで腹が減る

なんて記事を見つけて思わず顔がほころぶ眞鍋さん。

 

狙い撃ちの場合は紙媒体の方が

ネットより確実だしインパクト大きいのかもね。

FMきららってとこも聴取可能範囲は半径10㎞圏内で

小売店でも出せる20秒CM1本500円也。

それで開局以来12年連続黒字だとか。

逆転の発想っていろんなところに転がっているものだ。

 

| | コメント (0)

2015年2月16日 (月)

「マネー」は怒りのエネルギー特集

 

さて「たかじんNOマネー」は

原発再稼働と日本の未来エネルギー。

というかほとんど青山繁晴さんの独演会。

色々怒ってらっしゃる。

 

005

 

まずはロシアいじめでアメリカが持ちかけたら

それを利用してシェールオイル潰しに動き出した

という石油価格の下落。

なのに日本はドイツなどより高く買わされている。

 

イラク戦争の時、小泉総理は

自衛隊を出さないと石油を売ってもらえなくなる

と言っていたが、軍を出さなかったドイツの方が

日本より安く買ってると一激怒。

 

アメリカを仲介にせず自国の立場をはっきり言う国は

一目置かれるのだ、という趣旨らしい。

 

020

 

自前のエネルギーとして期待されるメタンハイドレードだが、

日本海側にはそのものが湧きだしている個所があり

魚群探知機で探すことができる。 

 

深海のさらに下の地中にあり、

おまけに砂と混じっている太平洋側より採掘は容易なのに

「だから困るのだ」と経産省は言いやがったと激怒その二。

東大のエライ先生方と東大出の我ら官僚がやってるのより

一民間機関が調査した方がい~んですなんて

メンツが立たんし、簡単だとマージン取れん。

 

別の番組でも怒っておられたが、

眞鍋かをりさんは初めて聞く話かも。

呆れるやら驚くやらの様子だ。

 

009

 

基本的な疑問だが、石油ってホントに古代の植物なのか?

なんでそんなものが数千メートルも下の地中にあるんだ?

地球の運動によって生み出されている

という説を小耳に挟んだことがあるが

メタンハイドレードにも似たような気配を感じる。 

一気に取り尽くすのではなく、地球の鼓動に合わせて

細く長く採り続ける方法ってないのかね。

 

「原発なんて原始的なものは50年後にはない」

「10年後にはなくなるだろう」という青山さん。

電気はこれからも使われるだろうが

作る技術は進歩するのだという。

その上で当面は原発も必要とする。

 

 

思い返せば全電源喪失の危険性が指摘されたのは

第一次安倍内閣の時。

「事故は起こらないから対策も要らない」

などと言わずに対策していたら事故は防げた可能性が高い。

その後、貞観地震の調査研究により

津波の高さが想定外に高かったことが明らかになった。

 

それを参考に独自調査の上、対策したのが東北電力女川原発。

アリバイ的とはいえ一基だけ高い位置に非常用電源を設けた

(これのお蔭で助かった)のが東電福島第二。

なにもしなかったのが福島第一。

何が正しくて何が間違っていたかは誰が見ても明らか。

様々な角度から批判的検討がなされなくてはならないし、

失敗からは学ばなくてはならない。

 

世界一安全性が高い原発とは格納容器が二重で

メルトダウンした燃料を受け止めて冷やす

コアキャッチャーを備えているというが

日本にそんなのない。

「世界一厳しい安全基準」なんて言っていいのかどうか、

学ばぬものは失敗を繰り返す。

 

 

| | コメント (0)

2015年2月15日 (日)

デカくなっても速かったキズナ

 

「さぁ姐さん、今日こそボケてる場合ちゃいまっせ」

「ホンマやわ。けどキズナ、大きくなったねぇ」

「9カ月ぶりとはいえプラス22㎏ゆうたら」

「私一人分やねぇ」

「姐さん、ボケたらあかんゆうてますやん」

「なんの話?喧嘩売ってる?」

 

033
  

「あ、いや、そーゆーことでは・・・レースいきまひょ」

 

てなこと・・・ではないが、

杉崎美香りん姐さんも絶好調の「競馬BEAT」。

そういや川ちゃん(川田裕美さん)、

4月から美香りん姐さんと同じ事務所になるんだね。

てっきり川島はんと同じ事務所に行くのかと思ったけど。

 

それはともかく京都記念、ハープスターとキズナの対決は

プラス22㎏に驚いたか、圧倒的に竪琴星に人気集中。

だが、前で進めるレース運びを模索中の竪琴星

ゴールドシップを封じた時以外、あまり成功していない。

ひょっとして、もうゴール前って気づいてないんじゃないか?

外に出すのか内に入れるのか迷った感じで内に入れたけど、

外に出して視界を広げてやらないと状況が把握できない?

爆発する前に終わってしまった。

 

029_2

 

その点、デカくなったキズナはいつも通りの競馬で

際どく追い込む3着。 

ウエイトを絞ったらもっと行けると美香りん姐さん。

姐さん一人分絞ったら絞り過ぎか・・・な?

よう分からん。

でも後ろからの競馬では凱旋門は勝てないし・・・

 

勝ったのは終始先頭グループでレースを進めた

ラブリーデイってまた戸崎騎手か。

今年も暴れそうだなぁ。

 

| | コメント (0)

視野を広く持てと眞鍋さんの「元気ッズ」

 

「がんばれ!元気ッズ」2回目のテーマはコレ。

人間の居場所は一つじゃないってことだ。

 

013

 

良い子のみんなは眞鍋かをり姉さんのお話をよく聞くように。

但し、「おばさん」なんぞと抜かしたガキは即刻立ち去るべし。

 

子供の頃は学校が生活の全てみたいになって、

友達とうまくいかなかったりで人生終わった

みたいに感じることもあるけれど

実は世の中はずっと広いんだ。

 

017

 

実は眞鍋さんも恐い連中に目を付けられたことがあったんだ。

放課後、呼び出されてリンチされそうになったんで

3秒12手、白蓮拳の早技で四人を倒し、

組みついてくる奴は羅漢拳の衣取り、

右に投げて肩を抜き左の奴は肘を外し、

正面のバカは真空飛び膝蹴りで顎を砕いてKO。

ものの10秒で7人を倒してやった・・・

なんてことはなかったので、とても恐い思いをしたのだ。

 

020

 

でも、目を外に転じてみれば世の中は広い。

学校生活だけで人生がダメになる訳じゃないと悟ったのだ。

世界を旅してみて一層その感を強くした眞鍋さん。

世界には色んな人がいてそれぞれの生活を営んでいる。

どこでも生きていけるじゃないか。

 

021

 

良い子のみんなも視野を広く持って臆せず逞しく育つのだ。

 

なんか大人が言われてるような気がせんでもない。

視野狭窄は信念でも確信でもないし。

視野を広く持とう。

 

| | コメント (0)

2015年2月14日 (土)

油断はしない眞鍋さんも努力の努的「マタヂカラ」 

 

さて大変な番組が始まってしまった「オンナのマタヂカラ」

演出、ディレクター、美術、CG、スタジオのカメラマンまで

すべて女性。

 

001

 

MCの眞鍋かをりさんに、オ!

犬山紙子はんもいたはりまんな。 

マタヂカラといっても努力の「努」。

ヤローどもには分からない隠れた努力があるのだの話。

 

016

 

 

話には聞いていた眞鍋さんの妄想カフェ。

禁断のその実態が眞鍋さん自身の実演によって明らかに。

一人でカフェに行くとつい油断する。

それをしない為に店員に片想いされていると仮定して

どやっとばかりに可愛く振る舞う、どーですか皆さん。

 

020

 

注文の仕方だって変わってしまうぞ。

「眞鍋さん、そんな人じゃないでしょう」って

男性ゲストのJOYさん、それをゆうたらあきまへん。 

 

021
  

変な客がいるなと思われることもあるだろうけど、

反応が返ってきたらきたで「モテたぞ」と

女性ホルモンが活性化するのだ。

誘ってやがるぜ、ふっふっふ・・・とか

自意識過剰な奴に逆妄想されても困るので

やり過ぎ厳禁か。

 

さて、自分のベストアングルは皆把握しているでしょう

と犬山紙子さん。

そういや昔、女優のKさんに「左から撮るな」と

注意されたことあったな。

 

009

 

でも紙子はんのベストアングルはコレだそうで、左から。

人それぞれですなぁ。

だが、そんなことより

ブスに見えるアングルを把握しておくことこそ肝要也

と犬山理論。

 

「これがそうだっ!」と自らのブスアングルを公開したが

「これ、アングルの問題なの?」

「変顔してる訳じゃない!」

と、ひと論争。

とてもじゃないが掲載できないね。

 

027  

 

さて、美マッチョ眞鍋さんは自宅にいる時も

その気になったら即トレーニング。

故にそれが可能な服装でなければならないのだ、ウムッ!

君たちはジェラード・ピケとか

モコモコしてるの着てるかもしれないが、

そんなもんで戦えるかってことで

 

032

 

「私はミズノです」ときっぱり眞鍋さん。

さすがだぜ。

 

「ニットの下には色々仕込める」とか言ってたけど

何のことかはまた次週。 

 

| | コメント (0)

2015年2月13日 (金)

ジョークなのか何なのか、眞鍋さんも混乱はとバスツアー

 

さてお馴染み「ヒルナンデス」の100円バスツアー。

先週は眞鍋かをりさん、年齢当て装置によって

26歳と診断されたらしいが、なんと見逃してしまった。

滅多にないことなので残念至極。

 

024

 

気を取り直して今週は代々木方面、

参宮橋は以前住んでたことがあると眞鍋さん。

ピンポンしたらクリームパンの旨い店があると出た。

ちょっと地味。

でも、南原清隆さんがクリームパン好きということで

DJ KOOさんとひと騒ぎ。

 

「端までクリームが詰まってるのが嬉しい」とは眞鍋さん。

「たまに裏切られることがある」

もう一軒はパティシエにクリームの製法を教わったとな。

うちの近所にパティシエが作ってるクリームパンがあるが、

クリームが溢れ出て手がべとべとになるのであまり買わない。

関係ないけど。

 

034

 

味噌おでんといえば名古屋でしょって感じだが、

やはり東京では珍しいらしい。 

でも、眞鍋さんは「佐藤健さんと小栗旬さんを足したような」

イケメン店長に注目だがや。

 

だが、おでんの具の何を食うかは一人一個。

かぶっちゃやーよだが眞鍋さん、

蒟蒻でDJ KOOさんとバッティング。

それではじゃんけんで、となったのだが・・・

 

039

 

「最初はグー」のつもりだったのに

まさかの「最初から」ってどやねん。 

「そんなに蒟蒻食べたかったんですか」

 

でも厚揚げは食べられたし

「厚揚げで良かった」

「これでご飯食べたい」

なんて言ってたからま、いっか。

 

053

 

テーマパークみたいなイタリアンレストランで

シャンパンも飲めたしね。 

 

眞鍋さんも「なにコレ!?」連発の

「めっちゃオシャレ」空間だったので

 

051

 

「女子はこれっすよ」の落ちますジェスチャー。

 

だがしかし、油断ならないのがDJ KOOさん。

あいうえお作文で締めといってるのに

あいうえお作文になっていない。 

「やり直しましょう」と取り上げた眞鍋さんだったけど

グダグダ過ぎて手が付けられず。

まぁそれもいっかの幕だった。

 

| | コメント (0)

2015年2月12日 (木)

ちゃうちゃうベトナムちゃう?と眞鍋さんのセカホン

 

フランスでミシュランで三つ星取った

最初の外国料理店はベトナム料理店

てなことを何かで読んだ時、

イタリアンはどうした。中華は?トルコ料理は?

なんて思ったもんだけど、

今ではベトナム料理のレベルの高さは

すっかり定着してしまった感がある、ウムッ。

 

てなことでベトナムSPだった

セカホン=世界行ってみたらこんなトコでも

ハノイとホーチミンの旨いフォー、南北対決を実施。

 

006

 

審査員はスタジオ出演者ということで 

「オイスターソースの風味がいい」と眞鍋かをりさん、

南代表のあんかけフォーを絶賛。

揚げているので「ソースが沁み込んでおいしい」

 

取り敢えずどれもこれも具だくさん。

北代表の牛肉フォーも牛肉は勿論、

浅葱やらで緑に埋め尽くされるほど。

七味かけて食いたいと思ったら、

現地でも酢と唐辛子をかけて食うらしい。

 

010

 

グエン・ヴァン・チョイ小学校のハイテク設備にも驚くが、

保護者の寄付だそうな。

抵抗運動の英雄の名を冠してるくらいだから

エライさんの子弟が行ってるのか? 

でもまぁ東南アジア諸国の平均的生活水準は

今や日本の貧困層よりずっと上なのだから

舐めてはイカンだろう。

 

しかし、大阪弁まで日本語学科で教えてるとはね。

「あれ、チャウチャウちゃう?」

「チャウチャウちゃうんちゃう?」

「チャウチャウちゃうって」

それギャグだっせ、ベトナム人民の皆さん。

 

013

 

だが、金額ベースで見れば賃金が安い分物価も安い。

オーダーメイドのアオザイも安い。 

アオザイを着たら「いい女風になりますよね」と眞鍋さん。

次回、ベトナムに渡航の折は是非、作ってきていただきたい。

絶対、似合うしね。

 

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

鍛えるのはいいけど結ばれたかない眞鍋さんのダレトク!?

 

017

 

エッ!何をしてるのかされているのか眞鍋かをりさん。

なんでまた気持ちの悪い人の背中にいるのか!?

て感じの「ダレトク!?」だが、眞鍋さんには

アンガ・田中さんを鍛える為のロケと伝えられていたらしい。

 

それがどうも建前ではなくホントだったらしい

というのは眞鍋さんのトークから感じられる。 

気持ち悪いとか言われているけど、

頭の中でシミュレーションしてみたら

「なくはないかな」

 

009

 

とか何とか言いながら励ましつつ

でも、マッチョな人が好きなので、

せっかく背が高いんだからもっと鍛えなはれ

と話を「鍛える」にもってゆく。 

眞鍋さん的にはフツーだろうけど、こなれた話術。

 

ほんでは日本一長い歩道橋を背負って渡りたい

と気持ちの悪い人。

なんでやねんとは言わない眞鍋さん、

さよかと背中に飛び乗ったという次第。

 

飛び乗りは以前、他の番組でもやってたけど

相変わらず身が軽い。

とはいえ寒そうなロケ当日はちょい長のタイトスカート。

それを何のためらいもなく無造作にたくし上げる眞鍋さん。

でも「脚が開かない!」

 

021

 

でも実は、おんぶして渡り切ったら二人は結ばれる

って何ゆーとんねんな話に何ゆーとんねんの眞鍋さん

「知らんがな」

じゃなくて「そんなの知らない」残念ですが。 

 

「鍛える」って話だったので

気持ち悪い人の背中から落ちそうになって、

最後の方は眞鍋さんの顔が見えない状態になったところを

よいしょとよじ登って耐え、ガンバレと激励したけど

 

025

 

それではオチとして弱いので、おんぶされてる時は

「顔が見えない状態だったから」 

とひと笑い。

 

タレントとしての腕と人柄の良さと

どちらも垣間見えたひと時でしたとさ。

 

| | コメント (0)

2015年2月10日 (火)

実は太りやすい体質だったらしい眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

「えぇなんてんだ、ワコール?」

「ワコールは下着屋さんです」

冷静な眞鍋かをりさん。京都の会社どすなぁ。

「あ、ローソン!」って大竹まこと翁、

間違えるかその二つ。

 

O20150210

 

で、眞鍋さんの今回のポーズは何なのか。

もしやこれが寒さ対策100デニールのタイツだアピールか。

「女神ビジュアル」のお蔭で何とかデニールの意味は覚えてるぞ。

最近お笑い系にベクトルが伸びている眞鍋さんだ。

 

さいとうたかおって名前が出てきたのでゴルゴ13かと思ったら

なんだアベノミクスの話か。 

派遣法改正はデフレ圧力。

他方でインフレ政策するから

将来がますます不安になるのは当たり前。

グローバル化と国民経済の矛盾は、

この路線でいけばますます大きくなる。

自民党内の反対派はどうするのかなぁ。

 

湯浅誠さんの言ってた所沢市の話はよく知らんのだが

ワシがエアコンつかっとらんのだから

学校にもつけんでいいみたいな、

まぁそれだけじゃないんだろうけど、最近、こういうの多いね。

個人的責任と社会的責任の区別がつかない。

社会的責任を個人に転嫁したり、

逆に地位を得ると個人=社会になったり。

 

そんな中、新婚の犬山紙子さんは

断固として夫婦共同責任を断行・・・してるのか?

ひも時代の大竹翁は犬山さんの夫君よりもっとマメだったらしいが

そんなことより、デブ予防に肥満遺伝子検査を受けたそうな。

眞鍋さんも受けたらしい。

 

眞鍋さんは脂肪と糖質が燃焼しにくい体質で

犬山さんは脂肪燃焼だけに問題あり。

でも眞鍋さんの方が痩せているのは何故だ。

「ストイックになれるかどうかだけの話だろう」

大竹翁のズバリ一言。

 

炭水化物は大丈夫だからといって

ラーメンライスとかパスタにパンとか

バクバク食わないことだね。

 

| | コメント (0)

色々怒られました食の安全「マネー」

 

014

 

 

「酢豚に入ってるパイナップルは僕にとっては異物」

という国際弁護士に「それは好み」(眞鍋かをりさん)

「うどんの中に一本だけ蕎麦入っとったらどやねん」

黒田はんも反撃の「たかじんNOマネー」は

食の安全許せんランキング。

 

異物混入騒動といえばぺ・ヤングだが

「ぺ・ヤング知らん」と黒田はん。

「こっちではUFOや」

「僕もUFO派です」(ホリエモン)

「UFOは湯切りしても野菜が出ない」

「UFOは進化したんですよ」

何の話やねん。

 

004

 

許せんポイントわずか1の眞鍋さん

「私、汚い食べ物平気なんですよ」 

「ゴキブリ入っとったら?」(黒田はん)

「取りますよ」

「取れよ」

「でもクレーム言わないかもしれない」

 

そこに深澤真紀さんも

「私、昆虫食べるんであまり気にならない」

なんて言うもんだから

ゲストの消費者問題研究所・垣田達哉代表がちょっと待て

「昆虫食とゴキブリは違う」

「メーカーも知らない間に混入してるんだから言うべき」

怒られちまったぜ。

 

プラスティック片なんかは知らずに飲み込んだら

子供に限らず大人でも大変だしね。

 

018

 

ネットに異物混入の画像アップするのは問題ないのか

と眞鍋さんだが、

あれはマスコミの仕事を肩代わりしてると垣田氏。 

スポンサー批判はやりにくいらしい。

けど消費者が出したとワンクッション置けば報道できるとか。

 

その眞鍋さんが一転して満点ポイントを上げたのが生肉規制。

勿論「食べたい」から。

生肉食べない大桃美代子さんは「蒟蒻でいいのでは」

しかし、すかさず「いらねーよ」の大ブーイング。

 

023

 

しかしである。

先生によると肉の場合は大腸菌が表面につくだけ

なので外側さえ焼けばレアでも大丈夫なのだが、

レバーは内部に菌が侵入してしまうので

それではダメなのだとか。 

また怒られちまったぜ。

 

中国食品の安全性について、

実は中国は違反率が低い。量が多いので目立つだけ、

と深澤さんがデータを出したのだが

アメリカ産などは穀物輸入が多いので

カビなどではねれられて率が高くなる。

だが中国産はカビのあるものをちょっとだけ混入するとか

あらゆることをやってくるので比較にならんと先生。

これまた撃沈しちまった。

 

043

 

大桃さん、魚沼で「桃米」なんてのを作ってるらしいが

県が定めた品種じゃないので

魚沼産と表示できないと御立腹。 

果物なのか穀物なのか分からん名前だから

ってことではないらしい。

 

そこは実業家のホリエモン、

肝臓に効く甘草入りサプリを販売中だが、

効能は謳わず、肝臓と甘草をかけて

「カンゾウサプリ」と銘打ってるそうな。

いろいろやってますなぁ・・・

 

| | コメント (0)

2015年2月 9日 (月)

謙虚に学ぶことも大事~シリア人質事件に関する備忘録

 

後藤健二さんはシリア入りする直前、10月11日に

スポンサーを探していると話していたらしい。

シリア入りを友人に伝えたのは同月22日だ。

通訳兼ガイドのアラディン・アラズィール氏と

シリアとの国境に近いトルコのキリスで会ったのは24日。

この時、27日に戻ると語ったという。

 

ISILの本拠地であるラッカに行く

というだけでも大事と思うのだが、

それが二泊三日とは、

まるで「ちょっと大阪まで商談に」みたいな

スケジュールが決まってる旅行のようである。

新幹線がある訳ではないからラッカ滞在は短期間。

なので余計そう感じる。

 

このことと「湯川さん救出の為だった」

というシリア入りの目的を合わせると

容易にストーリーが出来上がる。

だが、救出の為という説はどこから出てきたのだろう?

当方が知らないだけかもしれないが、出所が分からないので

これ前提のストーリーには今は乗れない。

 

22日まで日本にいたとすると

二泊三日のスケジュールを組んだのは誰なのか。

スポンサーは誰なのか。

少なくともISILと何らかのルートを切り開いた(と思った)

のでなければラッカ入りの決断はなかったはずだ。

解決されない疑問は残るが、二泊三日も

「生きて帰ります」という言葉も実現しなかった。

騙されたことは間違いないとみていいだろう。

 

 

では湯川さんと後藤さんを救出する術はなかったのか?

身代金を払わずに二人を見殺しにする

身代金を払ってでも救出する

この二者択一しかなかったのか?

これについていくつかの意見が表明されている。

 

一つはトルコに対策本部を置くべきだったとするもの。

トルコが支援する反アサド過激派の一部がISILに合流しており

対クルド対策においても両者は奇妙な半共闘関係にある。

トルコが交渉にかかわっていたことは交渉の最終段階、

トルコとの国境での人質交換

という話が出てきた際に明らかになった。

トルコ外相も人質の所在地をトルコ政府は把握しており、

日本政府に情報提供していたと語っている。

 

だがこれは、ISILのネット動画が

公開されて以後のことではないかと思う。

その理由は7日の「報道特集」(TBS)で公開された

日本政府からISILへの音声メッセージ。

ISILは信ぴょう性を疑っていたようだが

外務省は否定しなかったという。

本物とすると二カ月に及ぶ交渉を踏まえたもの

とは思えないし、

この段階でトルコが仲介に入っていたなら

日本語のメッセージなど送る必要もなかったのではないか。

 

ジャーナリストの西谷文和さんによると、1月20日以降、

自由シリア軍幹部が人質奪還に動いていたという。

http://www.nowiraq.com/blog/

トルコを仲介役とし

自由シリア軍が抱える捕虜との交換なら

成功したのではないかとの指摘だ。

 

日本大使館にも進言したという西谷氏は憤っているが

政府答弁にもあったように

どの手段を選択するかの判断は難しい。

「交渉役を申し出たが返事がなかった」

というヨルダン人弁護士も然りである。

スペイン人ジャーナリストの救出に成功した実績があり、

そのジャーナリストが人道支援に熱心だったことを訴えて

成功したとしている。

 

いずれもやってみないと分からない。

だが結果論として

ヨルダン人パイロットは1月3日に殺害されており

ヨルダンルートでの救出は無理筋だった。

後藤さんの最後の取材行も政府の救出活動も

結果として失敗だったのである。

謙虚に学ぶべきであろう。

 

 

ISILに対して有志連合の支援を受けたイラク軍が

攻勢をかけるという。

武力で制圧することはそれほど困難とは思わない。

だが、テロがなくなるか否かという点はまた別だ。

シーア派イラク軍の報復が新たなテロを生まないか、

国際社会の監視と人道支援が必要となろう。

 

また、ISILの宣伝戦にどう立ち向かうかを考えると

イスラム教徒の協力は不可欠と思っていたが

一つの資料が見つかったので参考までに

http://blog.goo.ne.jp/from_syria/e/4c17a629c66f7255aa4481dcee917b74

ダマスカス留学生有志によるものだ。

 

| | コメント (2)

2015年2月 8日 (日)

ひょっとして本物か?女帝後継馬候補のきさらぎ賞

 

004

 

「姐さん、目ぇ丸うしてる場合ちゃいまっせ」

「何ゆうとん。目丸くしてる場合やんかいさ、見てへんかった?」

「いや、ずっと隣にいてましたけど」

「ほな、あんたも目ぇ丸うしなはれ、きさらぎ賞」

 

てな感じ・・・では例によってなかったけど

「競馬BEAT」杉崎美香りん姐さんも目を丸くした

今日のきさらぎ賞。 

なんたってほとんど20年近くなかった牝馬の出走

勝てば51年ぶりのルージュバック。

こいつが凄い!

2歳新馬で上がり32.8sec.をたたき出した超速だ。

 

やっぱ女帝=ジェンティルドンナの去ったターフは寂しい。

無敵神話を築く本命は、パワーは怪物なのだが

ボサッとしてて隙の多いハープスターより

こっちじゃないかって期待がある。

人気集中で馬券的には面白くないが、なのに

レースが近づくとさらに人気が集まったのは

その期待値ではないか。

 

レースは8頭立て。言い訳の利かない力勝負だ。

ポルトドートウィユの武豊騎手、じりじりとポジションを上げ、

最終コーナーでここだとルージュバックに並んだのだが

来ましたねとルージュ鞍上、戸崎騎手がGOサインを出せば

並走すること約8秒で

ルージュバックのエンジンがターボ過給域に到達。

ちょっと古いターボの感触を覚えている人なら

おぉコレだよって感じのパワー炸裂で一気に引き離した。

 

まぁほとんど鞭を入れずにあれだから

さすがの武さんでもお手上げの加速力。

ひょっとして本物?

 

010

 

「さぁ、気を取り直したところで来週も大変やねぇ」

「そうですわ姐さん、ここでやってしまいますか」

「見たいような見たくないような」

いや、見たいでしょうってことで

京都記念では復帰のキズナとハープスターの対決だ。

 

キズナは病休明けの試運転ってとこだろうが

竪琴星には女帝の後継者争いもかかってるぞ。

といっても、気にしてないだろうなぁ・・・・

ボサッとしてるし。

 

| | コメント (0)

2015年2月 7日 (土)

良い子のみんなに眞鍋さんのお話

 

さぁガキども・・・じゃなくて良い子のみんな、元気かな?

今月は眞鍋かをりさんが皆にお話してくれるぜ。

 

002

 

てことでABCの「がんばれ!元気ッズ」

5分間の短い番組だけど、今月は毎週、

眞鍋さんが子供たちにお話してくれる。

最初のテーマはこちら。

 

003

 

なんたって眞鍋さんはよく食べてよく寝る子だったんだ。

それなのに太ってないだろう? 

ではなく

夜遅くまで起きてる子供をよく見かける眞鍋さん。

眞鍋さんは夜は10時半には寝ていたから

眠くないのかなって心配になるそうな。

 

010

 

でも、芸能界に入ると忙しくて、睡眠不足になって

一人暮らしだったからろくなもの食べてなくて

心身のバランスを崩したんだ。 

確か、自律神経失調症になったんだったね。

 

規則正しい生活をするようになって

健康の有難味を実感したから

今や美マッチョミドルサーティーだ。

 

007

 

良い子のみんなも見習おう。

オッサンも見習って腹へこますように。 

 

| | コメント (0)

2015年2月 6日 (金)

今さら多忙なここ数日

 

さて、世間にとってはどうでもいいことながら、忙しい。

年度末の駆け込みという訳でも若干あるのだが、

自宅の改造やら新事務所との契約やら。

PCに向かっている時も常に近くに人がいて、

それが新人だったり、

新人じゃないけどこんなの初めてだったり

事細かく指示を出したり質問に答えたりしなければならない。

 

今も重要な引き継ぎミスがあるんじゃないかと

チェックしたら予想通りで直ちに対策。

かと思ったら

「キャバクラでバイトすることにしました」

「エーッ!」

なんてよう分からん告白が混じり~ののカオスである。

 

衣装はあるがサイズが合わないこともある。

最初の一着は自分で買いや、ってことらしい。

うぅむ・・・・風俗AVエロ本と無縁の人生だったので

ほうほうと頷くしかないが、頷いてばかりもいられない。

当方の担当は26歳と20歳(キャバクラ関係なし)。

社会人としても半人前ではなはだ心もとないが

当方が生きている間にしっかり成長して欲しい。

 

眞鍋かをりさんの話題は片手間には書けないのでしばし休載。

明日もやること山積みなのでさて、どうなるか。

なるようにしかならないので

まぁ落ち着いていくことにしよう。

 

| | コメント (0)

2015年2月 4日 (水)

恵方巻は得意か眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

さぁ昨日は節分ということで、節分といえば恵方巻

「知ったこっちゃない」といきなり大竹まこと翁。

何をおっしゃるよろしいやおまへんかということで

 

B85oudycuaebxxe

 

 

眞鍋かをりさん、西南西を向いてガブリ。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」のスタジオで。

FBに別の画像も載ってるけど、

あれはやり過ぎだっせ眞鍋さん。

 

大阪は関東より海苔の消費量が少ないというので

大阪の海苔問屋が思いついたらしいが 

ワシはそうたやすく乗せられないぞと思ったら

オオッ!何時の間にやら西南西を向いている。

しかも手にはネギトロと卵焼き主体の

ちょっといい感じの太巻きが・・・

げに恐ろしきは恵方巻也。

 

さて、クレジットカードなんて信用ならん。

ネットショッピングもしたことない。

「なんの為に足があると思ってるんだ」

と怪気炎の大竹翁と笑福亭笑瓶さん。

 

酔って知らぬ間に注文し、届いてからビックリする

ネットショップ派眞鍋さんだが

自動車の給油口開口レバーの位置が分からず、

一回しかスタンドに入ったことがない。

駐車できないので係りの人がいる店にしか行かない。

 

えぇ…人それぞれ得手不得手というのがあるもんです。

少々、極端なように思えるのは

気のせいか。

 

 

さてシリア人質事件、交渉過程の検証ということだが、

政府は交渉してないのだから交渉過程もない。

ヨルダン政府とどんな話があったかなんて

相手のあること、勝手には明かせないし、

以後の交渉主体はヨルダン政府なので詳細知る由もなし。

 

そうなったいきさつも含めて

政府の対応については検証が必要だが

新しいことが次々起こっている。

 

ヨルダン軍パイロットの「処刑」映像が公開され、

ヨルダンは報復として死刑囚を処刑した。

ヨルダン国営放送によると(ヨルダン軍の発表ともいう)

パイロットの殺害は1月3日のこと。

ヨルダン政府は早くにこの情報を掴んでいたとの観測もある。

 

官房長官と外務大臣によると日本は昨年9月(12月?)に、

非軍事部門で有志連合に加わっていた。

 

政府は誘拐犯がISILだと1月20日まで把握していなかった

というのだが、ヨルダンに対策本部を置いたのはずっと前。

ヨルダンが水面下でISILと捕虜交換交渉をしているのを知った為

と言われていたのだが・・・

 

いずれも、もう少し待って情報を整理しよう。

 

日本のモスクの皆さんが集まって

「イスラム国」と言わずISILと呼ぶよう要請されているので

当ブログもそれに従うことにする。

偽カリフ僭称狂団と言いたいところだが。

 

| | コメント (8)

2015年2月 2日 (月)

悪魔教より理性の眼

 

呪詛に満ちたISの声明は

おそよ宗教者のそれとは思えない醜悪極まるものだが

犠牲となった後藤健二さんの御母堂は

「憎悪の連鎖にしてはならない」とおっしゃっている。

御母堂の発言と直接関係はないが

「怒りで返すと負の連鎖になる?」と

眞鍋かをりさんがTwitterで疑問を投げかけているので

少し考えてみた。

 

他人事とは思えないのは最近の日本でも

生保叩きやホームレスいじめ、「自己責任」論など

人の心の奥底にある悪意を呼び覚まし、

焚き付けるかのような動きが盛んに見られること。

善意と良心、慈しみと助け合いが大切なことは

誰だって分かっているはずなのに、

それを嘲りと憎悪に変えようとする。

 

理性ではなく、憎悪を煽ることで人の心を動かし

利用しようとする何者かがいる、と考えざるを得ない。

その言葉の暴力を直接的暴力に置き換え、

極大化したものがISだ。

ということは、

こちらが同じように悪意の炎をたぎらせていては

その正体はつかめない。

 

テロリスト識別装置のようなものがあり、

遠くからでもたちどころにその正体を見破り、

何か超精密誘導兵器のようなもので倒せる

というのなら良いが、

そんなもの、100年経っても開発できそうにない。

開発したらしたで、

スイッチを入れた瞬間、開発者が倒される

なんて寓話的結末が待っているかもしれない。

 

悪意の炎を消し去り、

理性の力で自分と他者を見つめ直すことだ。

挑発に乗ってはいけない。

といっても

「国内を分断することがISの狙いだ」とか言って

政府批判をするな挙国一致だということではない。

自称「イスラム国」と違い

民主主義国では意見の違いは当たり前。

相互批判で足元がふらつくような足腰の弱いことでは

民主主義国とは言えない。

 

悪意の教義を捨て去り、理性の眼を開こう。

 

| | コメント (2)

2015年2月 1日 (日)

悲報に思うこと

 

目を閉じて、じっと我慢。

怒ったら、怒鳴ったら、終わり。

それは祈りに近い。

憎むは人の業ならず。

裁きは神の領域

そう教えてくれたのはアラブの兄弟たちだった。

            後藤健二さんのツイートより

 

謝って済むことではないが、

無力で申し訳なかった。

慙愧の念に堪えない。

 

ISの非道は言うまでもない。

だが、それでは負けず劣らず非道な

アサド政権を支持できるのか。

怒りを抑え、我が国としていかに向き合うべきか

慎重に考えなくてはならない。

 

後藤さんは従来、

自由シリア軍の通行証を持って取材していた。

ISの支配地に入るならISのそれが必要なことも

当然知っていたはず。

「生きて帰ってきます」とは

その補償が得られる目途がついた、

あるいは既に入手したという意味のはずだが

どこでどのような齟齬が生まれたのか。

伝えられたように「騙された」のか?

目的はなんだったのか、湯川さん救出の為だったのか?

一介のジャーナリストにできることとも思えないが、

何かバックがあったのか?

残された疑問は解明されねばなるまい。

 

「後藤さんは勇気をもって

シリアの人々の苦境を世界に知らせようとしてきた」

オバマ大統領は声明で後藤さんの勇気を称えた。

 

B8t45hocyaane79

 

危険な仕事に就く人々は他にもいる。

高所作業員や漁師、消防、警察、自衛官・・・ 

それらの人々がいてこの社会は成り立っている。

危険に飛び込む人々がいて初めて

我々は紛争地のリアルを知ることができるのだ。

「自己責任」というなら「罪を償わせる」必要もなかろう。

 

ただ、安倍総理の朝の発言、

「罪を償わせる」に続いて「人道支援の拡充」を謳い、

「テロと戦う国際社会で責任を果たす」

で締める文脈はどうか。

罪を償わせる為の人道支援とは意味不明だし、

あれでは人道支援に携わる人々が

真っ先にテロの対象とされてしまう。

 

「戦う」に軸足を一歩も二歩も踏み出しておいての

「人道支援」では中東演説の二の舞三の舞。

在外邦人の命を守る意思がホントにあるのか

真意を疑わざるを得ない。

危険な目に遭っても「自己責任」?

それとも自衛隊を出す?

 

終わりなきテロとの戦いに乗り出すのか

平和国家としての貢献の在り方を再構築するのか

冷静に考えてみよう。

 

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »