« たまには米も食う肉食眞鍋さんの「ナゼ?しこ」 | トップページ | オッサンになってもムラッ気は治らなそうな金船初戦 »

2015年1月25日 (日)

心配な人質事件

 

後藤さんがイスラム国に捕われたことは

昨年10月末には分かっていた。

これは間違いないようだ。

後藤さんはNHKと契約していたという情報もあるが

どうなのか

 

事実だったとしても公表されない可能性もある。

天皇陛下のお言葉でさえ

原発に触れた部分などは省略してしまうNHKだ。

イスラム国の声明でも

安倍総理を名指しした部分は改ざんして流している。

 

「勝手に危険な所に行ってお国に迷惑をかける行為をどう思うか」

なんてアンケートを取っている新聞社があるらしい。

日本の大手マスコミは

お国に迷惑をかけまいとする殊勝な心掛けで

危険な地域には取材に行かない。

でも、それでは報道ができないので

海外通信社やフリージャーナリストに頼る。

そんな腰抜けに批判する資格はなかろう。

 

誰も行かないからこそ行こうとする人がいる。

自分で行く気概も根性もないなら

せめて全力で支援すべきであろう。

 

それにしても事態が発覚してから政府は何をしていたのか。

なぜこの時期にイスラエルに行ったのかという疑問は

海外紙も共通して指摘しているところ。

現地報道で「人道支援」という言葉を使ったのは一紙だけで

他は武器売込みの商談外交という論調だったらしい。

「国民の命を守る」という危機管理上

あまりにも安直にすぎないか。

 

政府の危機管理に不安を抱くのは国民として当たり前。

批判は当然であろう。

 

ところで身代金に応じたら金目当ての誘拐が増える

という論調があるようだが、孫崎亨さんによると

人質が解放された仏独伊ではその後人質は取られていないとか

どちらが正しいのか。

読売新聞はきちんと取材して書いたのか、

アメリカの言い分をおうむ返ししただけなのか。

後者としたらもはや報道機関とはいえないね。

 

|

« たまには米も食う肉食眞鍋さんの「ナゼ?しこ」 | トップページ | オッサンになってもムラッ気は治らなそうな金船初戦 »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たまには米も食う肉食眞鍋さんの「ナゼ?しこ」 | トップページ | オッサンになってもムラッ気は治らなそうな金船初戦 »