« ブログ設定変更眞鍋さんと東京凸凹話 | トップページ | ありゃまと祝・美香りん姐さん御結婚 »

2015年1月 7日 (水)

蝉が鳴き、梅が咲いて目が覚めたか眞鍋さんのゴールデンラジオ

 

正月休みに昼寝し過ぎて

体内時計が狂ってしまったらしい眞鍋かをりさん。

「蝉が鳴いていたぞ」

「けんちん汁を知らない婆さんがいた」

などと大竹まこと翁が仕掛けていたが

さて、目が覚めたかどうか。

 

よく分からないが「大竹まことゴールデンラジオ」で

仕事始めときたもんだ。

ちなみに、愛媛県では梅が咲いたらしい、これホント。

 

O20150106

 

 

見ろよ~青い空~白い雲~♪なんぞと言われて

空を眺めているらしい眞鍋さん。  

いや~植木等さんは偉大である。

カンカン帽子にちぢみのシャツ、腹巻にステテコで雪駄履き

団扇でパタパタと扇ぎながら何の脈絡もなく現れる。

「変なおじさん」や吉本新喜劇のハゲ爺などに

連綿と受け継がれていることをみても

その偉大さが知れようというものである。

 

だがしかし、円安で消費増税以上の物価高騰、

ますます消費が冷え込む中で給料上げろったって

売れるぞ儲かるぞって見込みもないのそれができるのは

海外市場で稼いでるか東電みたいな独占企業だけだろう。

子育て給付金止めるとか、相変わらずの逆張りで

あれこれ削減廃止しようとしてるみたいだし。

そのうち何とかなるだろう・・・って、ならんならん。

 

ならば弱きを助け強きをくじく、助け合いこそ日本の心

と教えるのかと思ったら、そうでもなさそうな

「江戸しぐさ」の教科書採用にボルネオ帰りの深澤真紀さん

文献にも残っとらん偽歴史だと喝破。

「傘傾げ」たって、江戸時代の傘は贅沢品なんだから

そんなもん江戸庶民は持ってねーよ等々。

ネットでは既に知れ渡ってるけど。

 

子連れの母親とかホームレスとか

自分より弱そう、金持ってなさそうと見るや

居丈高に攻撃する情けない人たちこそ教育したら?

「奇麗ごと」だか何だか知らないが、

悪意より善意を優先するのが道徳ってもんだ。

 

|

« ブログ設定変更眞鍋さんと東京凸凹話 | トップページ | ありゃまと祝・美香りん姐さん御結婚 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログ設定変更眞鍋さんと東京凸凹話 | トップページ | ありゃまと祝・美香りん姐さん御結婚 »