« 人を笑顔に変える眞鍋さんのOFF | トップページ | 終わらない人質事件 »

2015年1月28日 (水)

浮かれたいけどやはり人質事件が気になるゴールデンラジオ

 

「40kgの体重差って、私とチワワくらい」

何をおっしゃっているのか眞鍋かをりさん。

眞鍋さんとチワワでは10倍以上違う。

 

何のことかといえば無差別級オンリー大相撲の話。

いかに無差別級とはいえ、体重10倍では

眞鍋さんとオルフェーヴルが闘うようなもんだ。

それはともかく、

カド番豪栄道関の逆転勝ち越しに

「大竹まこと ゴールデンラジオ」も歓喜の渦(?)

 

O20150127

 

 

てことで眞鍋さんは・・・ひうちなだ踊り?

 

だが浮かれてはいられないイラク人質事件。

身代金から捕虜(囚人)交換に移り

勝手に設定してきた制限時間まであとわずか。

難色を示しているのがアメリカ。

アメリカだって交換したことあるのに

あれは純然たる捕虜と捕虜の交換だったから別

とまた手前勝手な。

 

イスラエルで総理を出迎えたマケインってオッサン、

イスラム国の育ての親みたいなことやってたとか。

タリバンもフセイン政権もアメリカが育てた

といえば育てたようなもんだけど。

 

一方、現場取材をフリージャーナリストに頼る

日本の腰抜けメディアには

総理の外遊が事件の引き金になったというのは「的外れ」

なんていう、的外れどころか的を見もしない

屁理屈言ってるポンコツも出てきた。

 

誰がどう見たってそうだろう。

「イスラム国と戦う国々」と何度も相手を名指ししてるし。

まともな相手ではないのだから

慎重かつ緻密な対策を取らねばなるまいに。

 

事件は後藤さんが捕われて三カ月、

湯川さんの件からなら半年前に起っている。

ネットに映像と脅迫メッセージが流れて

初めて発覚したのではない。

「非常時だから」というなら半年前から非常時だ。

 

「非常時」に解散総選挙なんてやるか?

外務官僚だけで決断できることではないし、

選挙中は交渉もできない。

政府が「非常時」と思っていないのに

「非常時だから政府批判するな」はおかしい。

 

総理や官邸が人質救出に全力で取り組むのは、

それが自分たちの失策となり

支持を失うのを恐れたからだとしても、

議会制民主主義の国なのだから当然。

頑張ってもらわねばならない。

だが、人質救出より

政権批判抑え込みを優先したのでは本末転倒だ。

 

人質立てこもり事件が発生した時

「犯人のバカヤロー」「警察ガンバレ」と

声を合わせて唱和するか?

「犯人を刺激するし邪魔だから」と

警察に追っ払われると思うのだが。

こっそり激励したり

間抜けなことしないように

しっかり監視する必要はあるだろうけど。

 

まぁ「自己責任」で済むならそもそも警察は要らない。

勿論、自衛隊も不要だし、各自で武装するしかないけどね。

当然、総理を応援する必要もない。

オッサンの自己責任なのだから。

 

 

*:今入ったニュースによると、

 後藤さんが生還するかもしれない。

 まだ早いが、涙が止まらない。

 

|

« 人を笑顔に変える眞鍋さんのOFF | トップページ | 終わらない人質事件 »

眞鍋かをり・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

政治経済Ⅱ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人を笑顔に変える眞鍋さんのOFF | トップページ | 終わらない人質事件 »