« 間もよくコント風にヒルナンバスツアー | トップページ | 驚異の正解率も賞金○万円!眞鍋さんと川ちゃんの「掟」 »

2014年12月28日 (日)

女帝はやはり女帝だったジェンティルドンナのラストラン

 

見事である。

あまりにも見事な女帝のラストラン。

諸国の王の上に君臨する王の中の王を皇帝と呼ぶ。

ジェンティルドンナは女帝が女帝であることを

これでもかと思い知らせてみせた。

 

005

 

そんな今日の有馬記念。

有馬といえばタフネス金船ということで

ゴールドシップ推し多数。 

 

でも、湿気を含んだ馬場で暴れるほどかかりながら

最後に爆発した前走のエピファネイアをどう見るか。

置き去りにしたのが瞬発力に自信のある馬ばかりだったから

あの場限りの馬鹿力だったのか地力なのか。

後者としたらどれほどスタミナがあるのか、

金船どころではないのだが。

 

015

 

しかし、杉崎美香りん姐さんはもちろん、迷わず女帝!

初めて買ったシンザン記念の時と同じ3千円也。

 

「彼女がメキメキ強くなっていくのを見るたびに

ワクワクしてきた」

女帝の過去映像も流れたが、

それを見るだけでこみ上げてくるものが・・・

同感です、姐さん。

 

008

 

しかし、女帝は中山初見参。

パドックでは例によって

「やったるどウリャッ!」って感じだったが

これまた例によって

馬場に出てひとっ走りしたらこの落ち着き。 

以前よりコントロールが上手くなったようで、

この時点で3着以内に入るかもと思ったのだが・・・

 

女帝の底力はそんなもんじゃなかった。

エピファネイアを少し距離を置いてマークしつつ、

奴が先頭に出るとすかさずスパート、

前走のお返しとばかりにパッシングすると

我勝てり、である。

 

金船も追ってきたが、大外からの不意打ちではないし、

競り合って先頭の女帝をパッシングした奴はいない。

オルフェーヴルでもできなかった。

 

013

 

「素晴らしかった~」

大興奮の美香りん姐さん

「立ち上がって抱きつきたくなりましたよ」

同感です、姐さん、

 

ディープインパクトらに並ぶGⅠ最多勝の7勝目。

日本産牝馬としてどれほどの金字塔を打ち立ててきたのか、

調べないと分からないほどだが

女帝は女帝のまま、

その輝きをひときわ大きく放って競馬人生を閉じたのである。

ありがとう。

 

|

« 間もよくコント風にヒルナンバスツアー | トップページ | 驚異の正解率も賞金○万円!眞鍋さんと川ちゃんの「掟」 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 間もよくコント風にヒルナンバスツアー | トップページ | 驚異の正解率も賞金○万円!眞鍋さんと川ちゃんの「掟」 »